ロンドン交通局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドン交通局
イギリス国内の業務範囲
略称 TfL
設立年 2000年7月3日 (1999年グレーター・ロンドン庁法)
種類 公営
地位 グレーター・ロンドン域内での執行機関
目的 交通行政
本部 ウインザー・ハウス, ロンドン市ウエストミンスター特別区ヴィクトリアストリート
貢献地域・分野 グレーター・ロンドン
会長 ロンドン市長
ボリス・ジョンソン
主要機関 ロンドン地下鉄
ロンドンバス
ロンドン・レール
ロンドン・ストリート
ロンドン・オーバーグラウンド
関連組織 グレーター・ロンドン庁 (GLA)
ウェブサイト www.tfl.gov.uk
テンプレートを表示

ロンドン交通局英語: Transport for London、略称TfL)はイギリスグレーター・ロンドンの公共交通の大半を担う行政機関である。交通政策の実行と公共交通システムの運営を業務とする[1]

運営[編集]

ロンドン交通局は大ロンドン市長に任命された役員会により運営[1] され、市長は役員会の議長も兼ねる。ロンドン交通局長は交通局各部局を指揮、役員会への報告を行う。

歴史[編集]

ロンドン交通局は1999年グレーター・ロンドン庁法 (en:Greater London Authority Act 1999) に基づき設立されたグレーター・ロンドン庁 (en:Greater London Authority) の一機関である[2]。前身であるロンドン地域交通局2000年に引き継いで設立されたが、ロンドン地下鉄の運営は官民共同会社英語: Public-private partnership、PPP)との維持に関する契約が締結された2003年まで延期された。タクシーの管理は以前は警察の所管だった。ロンドン交通局とその前身機関の業務書類はロンドン交通関係文書局が保管するが、初期の書類の一部はロンドン文書保管局にある。

組織[編集]

ロンドン交通局は三つの機関に分かれ、それぞれ異なる交通機関を所掌する。

各主要ユニットは固有の異なるカラーリング、各ユニットの略号などを横棒部に記載したロンドン交通局のラウンデルロゴを持つ。青の文字なしロゴはロンドン交通局全体を示している。各部局の色彩は宣伝広報物や交通局ウェブサイトに広く用いられる。

料金[編集]

ロンドン交通局傘下のほとんどの交通機関が固有の単一料金・徴収システムを持つ。バスとトラムの切符、地下鉄とDLRの切符はそれぞれ共通である。

トラベルカード[編集]

交通機関固有の料金システムに加え、ゾーン毎に1日から1年の各種有効期間や、利用可能時間無制限、オフピーク専用の時間制限をもつトラベルカードがある。これらトラベルカードはDLR、バス、鉄道、路面電車、地下鉄で利用でき、テムズ川の船舶には割引を受けることができるものもある。

オイスターカード[編集]

オイスター・カードは2003年に導入されたICカードであり、プリペイド式 (pay as you go) で利用ごとに運賃を差し引かれる方式のほか、トラベルカードや各種定期券類の機能をもつものがあり、利用時は黄色いカードリーダーにカードを近づける。カードリーダーは紙の切符と併用のゲート付自動改札機に取りつけられているほか、ゲートのない単独のリーダーもある。2010年からプリペイド式オイスター・カードはロンドン市内のナショナル・レールでも利用可能になった。プリペイド式オイスター・カードを利用する場合、1日の最大料金は利用区間の1日乗車券と同額になる。

ジャーニー・プランナー[編集]

ロンドン交通局は「ジャーニー・プランナー (Journey Planner) [4]」と呼ばれるウェブ上の乗り換え案内サービスを提供しており、公共交通機関、自転車を利用した場合の移動計画が検索できる。

アルコール禁止[編集]

乗車中のアルコールが禁止される前日に地下鉄車内で飲酒して騒ぐ人々

2008年6月1日、地下鉄、オーバーグラウンド、バス、路面電車、DLRおよび駅構内での飲、開封された酒類の携帯が禁止された[5][6]。ロンドン市長と交通局はこの禁止令は安全と快適を乗客に提供するため、としている。 禁止前日には「地下鉄での最後のひと騒ぎ (Last Round on the Underground)」と称する催しが複数行われた。アルコール禁止令が条例化されるまでの間はアルコール禁止のための強制手段は没収または廃棄しかなかった[5]

2006年オナー・リスト[編集]

2005年7月7日ロンドン同時爆破事件のあと、地上交通局長、地下鉄局長を含む多くの交通局関係者が生存者救出、遺体搬出、復旧作業、通勤客の帰宅支援などを称えられ、2006年オナー・リスト (2006 New Year honours list) に記載された。

その他、同リストに記載されたのは以下の局員。

  • David Boyce、駅助役
  • John Boyle、運転士
  • Peter Sanders、駅長
  • Alan Dell、バス地域マネージャー
  • John Gardner、非常事態対応

ロンドン交通博物館[編集]

ロンドン交通局はコヴェント・ガーデンにあり、ロンドンの交通に関する文化遺産を保存、展示するロンドン交通博物館を所有、運営している。ロンドン交通博物館はアクトンに車庫を保有しており、市内中心部にある博物館本館では展示できない道路運送車両、鉄道車両、街路表示、広告などが収蔵されている。アクトン車庫は年数回一般公開されるほか、保存車両がメトロポリタン線で運転されることもある。


脚注[編集]

  1. ^ a b Fact sheet: Transport for London (PDF)”. Transport for London (2008年5月). 2008年9月6日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ Legislative framework”. Transport for London. 2008年9月6日閲覧。
  3. ^ Freight”. Transport for London. 2008年9月6日閲覧。
  4. ^ Journey Planner”. Transport for London. 2008年9月6日閲覧。
  5. ^ a b Alcohol ban comes into force on the Tube, trams and buses from this Sunday, 1 June”. Transport for London (2008年6月30日). 2008年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月6日閲覧。
  6. ^ Johnson bans drink on transport”. BBC News (2008年5月7日). 2008年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]