ロンドン交通博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg  ロンドン交通博物館
London Transport Museum
施設情報
正式名称 London Transport Museum
専門分野 鉄道
管理運営 ロンドン交通局
延床面積 (不明)
開館 1980年
所在地 WC2E 7BB
イギリスの旗イギリス,ロンドン,コヴェントガーデン (Covent Garden Piazza, London WC2E 7BB)
位置 北緯51度30分42秒 西経0度7分17秒 / 北緯51.51167度 西経0.12139度 / 51.51167; -0.12139
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ロンドン交通博物館 (London Transport Museum) は、イギリスロンドンにある交通博物館である。鉄道車両やバス、交通に関する資料などが収集・展示されている。

概要[編集]

ロンドン交通博物館はアクトンに車庫を保有しており、市内中心部にある博物館本館では展示できない道路運送車両、鉄道車両、街路表示、広告などが収蔵されている。アクトン車庫は年数回一般公開されるほか、保存車両がメトロポリタン線で運転されることもある。2007年秋にリニューアル・オープンされ、ガラス張りの先進的なデザインとなった他、電子タッチパネルによる展示物の説明など、入場者に配慮をした工夫がなされた。

ロンドン交通博物館またはLT Museumコヴェントガーデンロンドンを土台にした、ブリテンの首都における輸送遺産を保全し、説明することを目的とする。博物館の展示物の大半は2000年に設立されたロンドン交通局コレクションに起源し、博物館の送金は、市内の交通機関のすべての側面をカバーするために拡大してきた。

博物館はロンドン市内に2つの拠点を持つ。コヴェントガーデンの主な拠点はその親機関の名前を使用し、時には「コヴェントガーデン」のサフィックス、そして公的に毎日開館し、最近の2年間の改修の後にリニューアルオープンした。別の拠点はアクトンにあり、「ロンドン交通博物館車庫」として知られ、主に年間を通じて定期的に訪問者の日に開いている保管拠点である。

博物館はロンドン・トランスポートがカバーする範囲を超えたために簡潔に「ロンドンの交通博物館」と改名され、それはコべヴェントガーデン拠点の再開と一致する2007年に前の名前に戻った。

ロンドン交通博物館は英国法の下で登録慈善行為として認証されている。[1]

コヴェントガーデンの博物館[編集]

ロンドン交通博物館の内装

博物館の主な施設はヴィクトリア朝建築の鉄とガラスの建物で、もともとはコヴェントガーデンの野菜、果物そして花の市場として建てられた。それは、William Rogersによって、1971年に専用の花市場として設計され[2]Russell Street、Tavistock Street、Wellington Streetと以前の市場区画の東隣に位置する。市場は1971年に引っ越し、建物は1980年にロンドン交通博物館が最初に借り受けた。それはen:Claphamの英国交通博物館の一部を形成していた前に、1973年から、それまでの収蔵物はen:Syon Parkに所在していた。[3]

公共交通機関のすべての形態を管理する交通局の大きな付託を包含するように、ディスプレイコレクションの展開を可能にするため、エイブリー・アソシエイツの建築家en:Bryan Averyによって設計された[4]主要2200万ポンドの改修につき、博物館は2005年9月4日に閉鎖された。強化された教育施設も必要とされた。博物館は2007年11月22日に再オープンした。[5][6]

コヴェントガーデン屋根付き回廊から博物館への入口は、広場の多くの観光スポットの中にある。博物館にはコヴェント・ガーデン駅チャリング・クロス駅から歩いていける距離にある。[7]

アクトンの車庫[編集]

博物館車庫内にあるロンドン地下鉄の様々な車両

博物館車庫は西ロンドンのアクトンにあり、1999年10月にオープンした。車庫はコヴェントガーデンにあるメインの博物館に展示されていない美術館のコレクションの大部分を保持し、ここは博物館の学芸員や修復家のための拠点であり、主設備内に収容するには大きすぎる所蔵品の展示のために使用される。[8]

車庫は6000平方メートルの安全な保管場所を提供し、環境的に制御された条件の家屋と、すべてのタイプの37万点以上のアイテム、技術に使用される多くのオリジナル作品のポスター、標章、模型、写真、設計図とユニフォームが美術館のコレクションに含まれる。建物は道路アクセスとロンドン地下鉄への鉄道接続ネットワークの間にあり、数々のバス路面電車トロリーバス鉄道車両と他の車両がかなり保管・展示されている。[8]

車庫は通常は公開されていないが、しかし、訪問者を受け入れるために、チケット発売所、ミュージアムショップと他の訪問者設備が完備されている。公開は特別なイベントであり、通常は年に2,3回、テーマを定めた週末に公開される。車庫はen:Acton Town tube stationから楽に歩いていける距離にある。[8]

コレクション[編集]

en:City & South London Railway locomotive number 13

収蔵品の最初のパートは20世紀の初めにまとめてen:London General Omnibus Company (LGOC)によりサービスから引退したバスの保存車から始まる。LGOCの後はen:London Electric Railway (LER)コレクションは、鉄道車両を含むように拡張した。LERは1930年代にロンドン乗客輸送板の一部となった後にそれが拡大し続け、組織は、交通局、ロンドンの現在のトランスポートオーソリティまでの様々な後継機関を通過した。

コレクションには、何軒かの住宅があった。これは、en:Claphamハイストリート(現在はスーパーマーケット)での使われなくなった路面電車車庫で1963年から1972年まで英国交通博物館の一部として収容され、のちにen:Brentforden:Syon Parkで1973年から1977年まで、1980年にコヴェントガーデンに移設されるまで展示された。[9]他の出品物のほとんどはen:Yorken:National Railway Museumの形成のために1975年に移動された。

コヴェントガーデンの建物には、19世紀から20世紀にかけてのバス、路面電車、トロリーバスそして鉄道車両だけでなく、工芸品、旅客サービスや開発のトランスポートネットワークが都市とその住民に与えてきたことの影響の運営・マーケティングに関する展示が多数展示されている。

アクトン車庫で開催される大規模展示には、ロンドン地下鉄の完全な1938年の車両と最初のサブ表面と最初の深いレベルのラインからだけでなく、早い機関車がある。

ミュージアムショップ[編集]

ミュージアムショップはコヴェントガーデンとオンラインで、幅広い領域の再生産ポスター、模型、ギフトそして記念品を販売している。[10]販売からの利益は美術館の活動を支援している。2012年から、博物館提供のメトロポリタン線列車ラゲッジラックを販売している。

ギャラリー[編集]

沿革[編集]

  • 1980年 開館。
  • 2007年 内部・外部ともに大規模なリニューアル工事が行われた

利用案内[編集]

入館料金[編集]

大人
10£
学生
16歳以下(要身分証明)
無料

クレジットカード払いは可能。しかし、日本語ガイドには対応していない。

開館時間及び休館日[編集]

開館時間
金曜日以外 10:00 - 18:00(最終入館17:15)
金曜 11:00 - 21:00(最終入館20:15)
休館日
なし

アクセス[編集]

バス
  • ロンドンバスの路線はルートRV1コヴェント・ガーデンバス停、4番、11番、15番、23番、26番、76番、172番、243番、341番オールドウィッチバス停が最寄りのバス停である。
電車

関連項目[編集]

Other transport museums with items from London Transport:

Other transport and industrial museums in London:

Other major transport museums in the UK:

脚注[編集]

  1. ^ LONDON TRANSPORT MUSEUM LIMITED, Registered Charity no. 1123122 - Charity Commission
  2. ^ F. H. W. Sheppard (General Editor) (1970年). “Covent Garden Market”. Survey of London: volume 36: Covent Garden. Institute of Historical Research. 2013年10月10日閲覧。
  3. ^ Brief history of the Museum”. London Transport Museum. 2007年12月10日閲覧。
  4. ^ Avery Associates Architects project details
  5. ^ London Transport Museum Project Information Archive.org copy from 19 November 2006
  6. ^ Museum re-opens 22 November”. London Transport Museum. 2007年1月29日閲覧。
  7. ^ Find us - London Transport Museum. Retrieved on May 30, 2008.
  8. ^ a b c Acton Depot”. London Transport Museum. 2007年12月10日閲覧。
  9. ^ J.H. Price, "Museum News", Modern Tramway and Light Rail Transit, April 1980.
  10. ^ London Transport Museum Online Shop”. London Transport Museum. 2012年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]