イギリス国立鉄道博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 国立鉄道博物館
National Railway Museum
大ホールにあるターンテーブルの周囲を取り囲む機関車たち
施設情報
愛称 NRM
前身 イギリス鉄道博物館,ヨーク鉄道美術館
専門分野 鉄道
管理運営 イギリス
開館 1975年
所在地 YO26 4XJ
イギリスの旗イギリス,ヨーク (Leeman Road, York YO26 4XJ, England)
位置 北緯53度57分38秒 西経1度5分49秒 / 北緯53.96056度 西経1.09694度 / 53.96056; -1.09694
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

国立鉄道博物館(NRM, National Railway Museum)は、イギリスヨークにある鉄道博物館である。鉄道車両や鉄道関連資料などが収集されており、同種の博物館としては世界最大規模のものである。

概要[編集]

現在の国立鉄道博物館は、クラハムにあったイギリス鉄道博物館と、現在の場所とは別の場所にあったヨーク鉄道美術館の収蔵品を引き継ぎ、1975年に現在の場所に開業した。ヨーク鉄道駅に隣接する3つの車両庫を展示ホールとして活用し、100両を超える機関車と、約200両の客車貨車などの他に数十万もの鉄道関連アイテムが収蔵されている。 鉄道博物館の規模としては世界最大級で、常設展示には王室専用客車(ロイヤル・トレイン)などがあり、毎年75万人もの来場者がある。

博物館への入場は無料であるが、有料パンフレットも発売している。

2004年にはダラムシルドンに国立鉄道博物館の分館としてシルドン機関車博物館(Shildon Locomotion Museum)が開設された。

2012年12月19日さいたま市大宮区鉄道博物館と姉妹館として提携することが発表された。

ステーション・ホール[編集]

(Staison Hall) 示されている車両はほとんどがかつてイギリスの鉄道で使用されていたものである

グレート・ホール[編集]

(Great Hall) 日本西日本旅客鉄道(JR西日本)から2001年に寄贈された0系新幹線が展示されていており、車内では新幹線を紹介するビデオが放映されている。 その他にも時速126マイル(約200キロ)の世界記録を出した蒸気機関車マラード号や、イギリスで製造され中華民国に輸出され1981年中華人民共和国政府から寄贈された蒸気機関車KF7形が展示されている

ザ・ワークス[編集]

(The Works) 修繕庫と展示室からなる。またウェアーハウスという展示室。ここは、プレート、サボ、機器類といった小物類が展示されている。 ヨーク駅を発着する列車を眺められるバルコニーもある。

サウス・ヤード[編集]

(South Yard) アトラクションとしては、「roadtrain」というヨーク大聖堂から美術館までの徒歩20分の距離を走るミニチュアトレインがある。また、2006年には、「ヨークシャーホイール」と称する観覧車が開業したが、2008年に営業を終了した[1]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式ウェブサイト

関連項目[編集]

  • 日本鉄道友の会 - 0系新幹線の展示実現に貢献した、日本の鉄道を愛好する団体

外部リンク[編集]