コンジェスチョン・チャージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンジェスチョン・チャージ英語: Congestion charge混雑課金)とは、渋滞緩和目的の道路課金(ロードプライシング)のことである。渋滞税とも訳される。本稿はロンドン市内で実施されているシステムについて述べる。

導入の経緯[編集]

ロンドン市内では渋滞が日常茶飯事となっており、その酷さはロンドン市内の自動車の平均速度が、ビクトリア朝時代の馬車の速度と変わらないほどである。そこで2003年2月17日ロンドン市長ケン・リヴィングストン (Ken Livingstone) がロンドン市内の渋滞緩和と公共交通機関の利用促進のために導入した。

仕組み[編集]

渋滞税課税圏の境界を示す看板

特定の時間帯にロンドン中心部の特定のエリア内に車を乗り入れる際に課金されるシステム(夜間の時間帯と祝日は課金なし)で、標識や路面表示に右図のマークがある課金エリア内に車で乗り入れる際には、事前に(あるいは当日までに)市内の指定商店で決められた金額[1]を支払うことが義務づけられている。観光等の一時滞在でレンタカーを使用している際や、エリア内の居住者が車を使用する際にも課金が必要。[2]

ただし、自動二輪車ハイブリッドカー電気自動車といった環境に優しい車、緊急車両、バスやタクシー等の公共交通機関は免除される。

支払いは指定商店以外にも街に設置された専用機、インターネット経由、携帯電話ショートメッセージサービス郵便、自動車電話でセンターに接続しての支払いや、自動引き落としも可能。一週間~一年分といった一括払いも出来る。支払うと車の番号がデータベースに入り、ゾーン内にある監視カメラがナンバープレートの番号を認識してデータベースとチェックする。当日24時までに払わないと2ポンド上乗せされ、その翌日24時までに支払わなかった場合、60~187ポンドの罰金になり(ただし、支払いのタイミングによる加減あり)、罰金を上乗せした請求書が該当者に送付される。課金権限は自治体=ロンドン・シティにある。

現状[編集]

2003年2月に導入されてから、渋滞緩和の効果は「大」とする見方が多いようである。ロンドン交通局自身の発表では、渋滞が30%解消され、交通量が15%減少したという。しかしコンジェスチョン・チャージによる収入は、公共交通システムの改善のために利用されることになっているが、故障などでたびたび止まるロンドン地下鉄が改善されたという話はあまり聞こえてこず、さらには地下鉄も毎年のように値上げされていることから、莫大な収入は果たして有効に活用されているのか、といった疑問が出されている。

世界への影響[編集]

都市の交通渋滞を解消するために、都心への自動車乗り入れ制限を行う政策を導入しようという動きは以前から数多くあり、特にいくつかの国ではナンバープレートの末尾数字をもとに都心への乗り入れ可能な日を設定する政策がとられた。一方、こうした一律の命令ではなく、税や課金の導入によって自動車での都心乗り入れコストを上げることで、都心乗り入れを経済的に不利にして交通数を減らそうという「混雑税(ロードプライシング)」導入の案は多くの都市経済学者や交通経済学者によって提案されており、1998年の時点でオスロベルゲントロンハイム、特にシンガポールで取り入れられていた。

ロンドンのような大都市によるコンジェスチョン・チャージ導入と、その効果は、エディンバラなどイギリスの他都市でも導入の動きが出てきているなど、イギリス国内外に波及しつつある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 導入当初は一日あたり5ポンド2005年7月4日以降は一日あたり8ポンドになり、更に2011年1月4日はエリアが縮小したものの、1日10ポンドに値上がりした。
  2. ^ ただしエリア内居住者は9割引

関連項目[編集]

外部リンク[編集]