Template:Infobox London station

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Infobox London station
位置
駅情報
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

このテンプレートは英語版の Template:Infobox London station を翻訳したものです。

日本語での表示にあわせて体裁を若干変更してあります。下記各項の解説中、英語版には無しと書かれている項目以外は、英語版の各駅のデータをそのまま持ってくれば表示できるようになっています。英語版には無しの項目は入力しなくても問題ありません。英語版では Template:London Stations を呼んでこのテンプレートにリダイレクトになっているものもありますのでご注意ください。

フォーマット[編集]

{{Infobox London station
| name          = 
| engname       = 
| line          = 
| titlecolour   = 
| image         = 
| caption       = 
| manager       = 
| zone          = 
| latitude      = 
| longitude     = 
| map_type      = 
| locale        = 
| borough       = 
| structure     = 
| platforms     = 
| access        = 
| owner         = 
| start         = 
| years         = 
| events        = 
| railexits0405 = 
| railcode      = 
| remarks       = 
}}

引数[編集]

引数 指定内容 説明
name 駅名 ここに何も記載しない場合は記事名が駅名として表示されます。
engname 英文駅名 英語版には無し。記載しなくても問題ありません。
line 線名 英語版には無し。路線名を表示し、ラインカラーをtemplate:LUL colorから呼び出すためのパラメータです。記載しない場合灰色になります。複数の路線が乗り入れている場合はサークル線<br/>ディストリクト線のように改行記号でつないでください。複数路線の場合は自動的に日本語版template:駅情報の使い方に倣って灰色になります。
titlecolour タイトル文字色 英語版には無し。タイトルの駅名の文字色がデフォルトでは白なので見にくい場合にここに何か文字を入れると文字色を黒に出来ます。記載しない場合は白字になります。
image 画像ファイル名 "|"のあとにピクセル数、Templateのデフォルト幅が300pxなので、それ以上大きなものを入れるとTemplate自体の幅が広がってしまいます。
caption 画像説明
manager 運営 その路線の運行者。
zone ゾーン その駅のゾーン番号。トラベルカード・ゾーン#は現在未翻訳なので単純に数字だけ入れてもかまいません。
latitude 緯度 後述する位置表示のために指定するその駅の10進法表記による緯度と経度。
longitude 経度
map_type 地図 「Location map United Kingdom」に続く使用する位置表示テンプレート名。{{Location map United Kingdom Central London}}を使用する場合は「Central London」と指定。指定無しの場合{{Location map United Kingdom Greater London}}を使用。
locale 所在地 その駅の所在地。
borough 行政区 その駅が属する行政区(特別区)。
structure 駅構造 英語版には無し。日本版に「駅情報」倣った駅構造の項を追加しています。
platforms ホーム数 英語版ではホームの数しか書いてありませんが、「2面2線」などと数字以外を記入することも出来ます。
access 利用可能 車椅子での利用が可能な駅の場合に入力。
owner 所有者 *optional*駅の所有者が運行者と異なる場合のみ記入してください。
start 開業年 *optional*下記の「出来事」とは同時に使えません。
years 出来事 *optional*、すべてをひとつのセルに表す場合。上記「開業年」とは同時に使えません。
events 出来事1 *optional*各項を別のセルにのせる場合に記入します。以下、9項目まで記載できます。
railexits0405 年間乗降員数 *optional*各年ごとの乗降員数、railexitsとは同時に使えません。公式統計の出典が脚注に表示されます。
railcode 駅コード *optional* 駅のコード番号。
remarks= 備考 *optional 英語版には無し。追記したい内容があればここに記載してください。

使用例[編集]

バーキング駅
Barking Station
Barkinglongview.jpg
バーキング駅
バーキング駅の位置
バーキング駅
グレーター・ロンドン内におけるバーキング駅の位置
位置
所在地 バーキング
行政区 ウェストミンスター特別区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
所有者 ネットワーク・レール
路線 ロンドン・オーバーグラウンド
駅構造 地下駅掘割駅
駅コード BKG
ホーム数 9
利用可能 バリアフリー・アクセス
ゾーン 2
NR 年間乗降員数
2004/5年度 4.687百万人[1]
歴史
1854年 (1854) 開業
1854年 (1854)
1902
1905
1908
Opened by LT&SR
District Line started
District withdrawn
District Line restarted
その他
外部リンク 時刻表駅の構造
駅の施設バス路線・停留所
備考 空港コードLHR
座標: 北緯51度32分21秒 東経0度04分54秒 / 北緯51.5393度 東経0.0817度 / 51.5393; 0.0817

バーキング駅での使用例。

{{Infobox London station
| name          = バーキング駅
| engname       = Barking Station
| line          = ロンドン・オーバーグラウンド
| titlecolour   = yes
| image         = [[Image:barkinglongview.jpg|300px]]
| caption       = バーキング駅
| manager       = [[ロンドン地下鉄]]
| zone          = [[トラベルカード・ゾーン 2|2]]
| latitude      = 51.5393
| longitude     = 0.0817
| map_type      = 
| locale        = [[バーキング]]
| borough       = [[ウェストミンスター|ウェストミンスター特別区]]
| structure     = [[地下駅]]・[[掘割駅]]
| platforms     = 9
| access        = yes
| owner         = [[ネットワーク・レール]]
| start         = {{Start date|1854}}
| years         = {{Start date|1854}}<br>1902<br>1905<br>1908
| events        = Opened by LT&SR<br>District Line started<br>District withdrawn<br>District Line restarted
| railexits0405 = 4.687
| railcode      = BKG
| remarks       = 空港コードLHR
}}

脚注[編集]

  1. ^ Annual passenger usage based on sales of tickets in stated financial year(s) which end or originate at Infobox London station from Office of Rail Regulation statistics

出典[編集]