ボリウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドの映画 > ボリウッド

ボリウッド(英:Bollywood、ヒンディー語:बॉलीवुड、ウルドゥー語:بالیوڈ)はインドムンバイ映画産業全般につけられた俗称。ムンバイの旧称「ボンベイ」の頭文字「ボ」と、アメリカ映画産業の中心地「ハリウッド」を合わせてつけられた。[1][2]

ボリウッド及びその他の地域の映画産業(タミル語マラーティー語ベンガル語テルグ語マラヤーラム語カンナダ語)等と合わせるとインドの映画産業(作品数、入場者数で)は全体で世界最大の規模を誇る。インド映画はインドのみならず、他の南アジア諸国、中近東アフリカの一部、東南アジアの一部、世界中の海外在住のインド人社会などでも人気の文化となっている。特に、イギリスカナダオーストラリアアメリカなどインド出身の移民が多い国々で人気がある。

ボリウッドはよく「ヒンディー語映画」産業といわれることが多いが、ヒンディー語とウルドゥー語の総称としての「ヒンドゥスターニー語映画」という方がより正確かもしれない。但しこれらの言語は日常生活でも混交している場合も多く、議論の分かれるところである。

また、劇中の台詞挿入歌などでの英語も増えてきている。字幕や多言語サウンドトラックなども使い、2、3カ国語の登場する映画もいくつか作られている。

ボリウッド映画の多くは、この町にある広大な敷地の撮影所「フィルム・シティー(Film City)」で制作されている。

脚注[編集]

  1. ^ 密着 ボリウッドスターの日々”. NHK. 2013年7月13日閲覧。
  2. ^ EX編集部 (2013年7月8日). “インド映画100周年 隆盛極め世界を狙うボリウッド”. SankeiBiz. http://www.sankeibiz.jp/express/print/130708/exd1307081211005-c.htm 2013年7月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]