フィジーの映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィジーでは2004年に初めてフィーチャー映画が製作された。ヴィルゾニ・ヘレニコ英語版監督による『The Land Has Eyes』は、ロツマ島英語版を舞台とし、ロツマ人英語版女優Sapeta Taitoニュージーランドの女優のレナ・オーウェン英語版が出演した[1][2]

2004年にはまたアメリカ映画の『Reel Paradise』が製作された。この映画はアメリカ人のジョン・ピアソン英語版を描いており、フィジーの映画館では無料で鑑賞可能であった[3][4]。2007年のミラ・キュニスピーター・ストーメア出演のアメリカ映画『ミラ・クニス 監禁島英語版』はフィジーを舞台とした作品であるが、製作はフィジーでは行われなかった。フィジーの映画は『The Land Has Eyes』1本しか製作されておらず、フィジー・オーディオ・ビジュアル委員会は、外国の映画製作者を誘致し、フィジーを舞台とした映画を作らせることを目指している。2008年7月、委員会はフィジーを南太平洋のハリウッドこと「Bulawood」にすることを目指していることを表明した[5]

フィジーにはインド系の人々が多く在住しており、ボリウッド映画がインド系フィジー人及び先住フィジー人のあいだで人気である。一部の作品ではフィジー語吹き替えも行われている[6]

参考文献[編集]

  1. ^ Films from Fiji on IMDB
  2. ^ The Land Has Eyes, official website
  3. ^ Reel Paradise, official website
  4. ^ Review of Reel Paradise in the New York Times
  5. ^ "Fiji to be the South Pacific Hollywood", Fiji Broadcasting Corporation, July 25, 2008. "Bula" is a Fijian greeting.
  6. ^ LAL, Brij, Islands of Turmoil, ISBN 0-7315-3751-3, p.ix