ロンドン動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドン動物園(1835年)

ロンドン動物園London Zoo)、はロンドンの中心部ウェストミンスターに存在する世界で最初の科学動物園である。1828年に開設された当初は科学的研究のために動物を収集しておくことが目的であったが1847年に一般公開された。現在では650以上の様々な動物が集められている。

本動物園はロンドン動物学協会により経営されており、その敷地はロンドンリージェンツ・パーク の北端付近を占めている。リージェント運河が動物園内を貫流している。ロンドン動物学協会はベッドフォードシャー州により敷地面積の広いホィップスネイド野生動物園も所有しており、ゾウサイのような大型動物はそちらで飼育されている。

施設[編集]

ペンギンの給餌

初期の段階からロンドン動物園は建築物の設計を一流の建築家に依頼することを誇りにしてきた。次にあげる建築物が特に有名である。:

著名な建造物[編集]

ペンギンプール[編集]

1930年代に作られたペンギンプールは、初期の鉄筋コンクリート建築として高い評価を受けた。ペンギンは新しい展示施設に移されているが、プールは保存されている。

有名な動物[編集]

映画に登場するロンドン動物園[編集]

多くの映画及びテレビ番組がロンドン動物園で撮影された。有名なものとして『ハリー・ポッターと賢者の石』が挙げられる。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]