クアッガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クアッガ
Quagga photo.jpg
London, Regent's Park ZOO, 1870
生きたクアッガの数少ない写真の一つ
保全状況評価
EXTINCT

(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg

分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 奇蹄目 Perissodactyla
: ウマ科 Equidae
: ウマ属 Equus
: サバンナシマウマ E. quagga
亜種 : クアッガ E. q. quagga
学名
Equus quagga quagga
(Boddaert, 1785)
英名
Quagga
生きたクアッガの写真

クアッガ Equus quagga quagga は、ウマ目(奇蹄目)ウマ科ウマ属サバンナシマウマの一亜種である。南部アフリカ草原地帯に生息していたが、すでに絶滅した。クアッハとも表記される。

クアッガ、またはクアッハという名前の由来は、「クーアッハクーアッハ」というその鳴き声を写したものである。1785年のある記録では、クアッガの鳴き声は「ロバとはかなり違っており、マスティフの滅茶苦茶な吠え声に似ていた」という。

形態[編集]

体高135cm程度。外見上特徴的なのは、身体の後ろ半分に縞がなく茶色一色であることである。とその付け根は白。歯の形や耳が小さく、ウマと共通の特徴を有しており、ウマとシマウマのどちらに近縁なのかわかっていなかった[1]。その後、DNAの解析により、サバンナシマウマが一番の近縁であることが判明した[1]

生態[編集]

数十頭で群れを作って生活していた。なお、同じ地域にバーチェルサバンナシマウマが生息していたが、混じり合わずに別々の群れを作っていたという。なお、一体何の利点があって身体の後ろ半分に縞がないという進化の仕方をしたのかについては資料に記載がない。

絶滅の原因[編集]

人間による乱獲と開発に伴う生息地の減少とされる。は食糧に、皮はなどに加工されるために大量に殺された[1](つまりバーチェルサバンナシマウマと同じ事情である)。野生の最後のクアッガは1861年に射殺された。ヨーロッパ各地の動物園に運ばれていたものがその後も生きていたが、飼育下で絶滅回避を図るには数が少なすぎた。この時、雄雌両方のクアッガがいたが雄のクアッガが暴れたことで薬殺処分されてしまったことで絶滅が決定的となった。アムステルダム動物園で飼育されていた最後の一頭[1]である雌のクアッガが死んだのは1883年8月12日のことである。

復活の試み[編集]

1984年になってクアッガの剥製から採取した肉片によってクアッガの遺伝子配列が分析され、クアッガに近縁なシマウマを集めて交配することでクアッガを復活させようという「クアッガブリーディングプロジェクト」が1986年に発起される。事務局は南アフリカ共和国ケープタウンに置かれ、カルー国立公園やエランズバーグの農場などにて繁殖がおこなわれており、2005年には良く似た縞模様の個体が誕生している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 更科 功著、『化石の分子生物学―生命進化の謎を解く』、講談社現代新書講談社、2012年、ISBN978-4-06-288166-1

外部リンク[編集]

  • Hack, M.A., East, R. & Rubenstein, D.I. 2002. Equus quagga. In: IUCN 2007. 2007 IUCN Red List of Threatened Species. Downloaded on 18 December 2007.