バーチェルサバンナシマウマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーチェルサバンナシマウマ
Zebras etoscha.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 奇蹄目 Perissodactyla
: ウマ科 Equidae
: ウマ属 Equus
: サバンナシマウマ E. quagga
亜種 : バーチェルサバンナシマウマ
E. q. burchellii
学名
Equus quagga burchellii
(Gray, 1824)
英名
Burchell's Zebra

バーチェルサバンナシマウマEquus burchelli burchelli)は、奇蹄目ウマ科に属するサバンナシマウマ亜種の一つ。

概要[編集]

かつてはナミビアから南アフリカ共和国にかけての草原地帯に生息していたが、現在ではナミビア北部のエトーシャ塩湖周辺やマラウイザンビアニイカ高原にのみ生息している。一度絶滅したとされた。名前の由来は、イギリス博物学者ウィリアム・バーチェルがこのシマウマを初めてヨーロッパに連れ帰ったことによる。

体長2.5m、肩高1.5m。にはがなく(後脚の踵には時に縞が現れる事がある)、体には同亜種のチャップマンシマウマ同様、黒縞と白縞の間に薄いかげ縞がある。他のサバンナシマウマの亜種と同じく肉食獣から身を守るため、ヌーダチョウとともに集団を作って生活している。

一度は絶滅したと言われた程大激減した原因は、を得るために乱獲された為である。1870年頃にはすでに南アフリカ周辺では野生の群れは見られなくなっており、大地主動物園に飼われたものだけが生き残っていた。それらの最後のものが死んだのが1910年ロンドン動物園でのことである。

これを最後にバーチェルサバンナシマウマは絶滅したとみられていたが、2004年にナミビア北部のエトーシャ塩湖周辺で再発見された。

関連項目[編集]