ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリジット・ジョーンズの日記
Bridget Jones's Diary
監督 シャロン・マグアイア
脚本 ヘレン・フィールディング
アンドリュー・デイヴィス
リチャード・カーティス
原作 ヘレン・フィールディング
製作 ティム・ビーヴァン
ジョナサン・カヴェンディッシュ
エリック・フェルナー
製作総指揮 ヘレン・フィールディング
出演者 レニー・ゼルウィガー
コリン・ファース
音楽 パトリック・ドイル
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 マーティン・ウォルシュ
製作会社 ミラマックス
ユニバーサル・ピクチャーズ
スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
イギリスの旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 イギリスの旗 2001年4月4日
日本の旗 2001年9月22日
上映時間 97分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $281,929,795[1]
次作 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
テンプレートを表示

ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones's Diary)は、2001年ロマンティック・コメディ映画。イギリスの女流作家ヘレン・フィールディング同名小説の映画化。

当初、アメリカ人のレネー・ゼルウィガーがブリジットを演じることに批判もあったが、ゼルウィガーは大幅に体重を増やしてブリジット役に取り組み、高い評価(アカデミー主演女優賞候補など)を得た。 喫煙、飲酒シーンが多いため日本公開時には中学生以下は鑑賞できないR-15指定で公開された。 またポスター、映画チラシでも「ブリジットのライフスタイルを真似ると、貴女の健康を損なう恐れがあります。」と観客への注意喚起がなされた。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 DVD版吹替
ブリジット・ジョーンズ レネー・ゼルウィガー 松本梨香
ダニエル・クリーバー ヒュー・グラント 森田順平
マーク・ダーシー コリン・ファース 井上倫宏
ブリジットの父親 ジム・ブロードベント 川久保潔
ブリジットの母親 ジェマ・ジョーンズ 斉藤昌
シャザー サリー・フィリップス 中澤やよい
ジュード シャーリー・ヘンダーソン 大谷育江
トム ジェームズ・キャリス 鉄野正豊
ナターシャ エンベス・デイヴィッツ 松岡洋子
フィッツ・ハーバート ポール・ブルック 篠原大作
ジュリアン パトリック・バーロー 稲葉実
マークの父親 ドナルド・ダグラス 佐々木敏
本人役 ジェフリー・アーチャー(カメオ出演)
本人役 サルマン・ラシュディ(カメオ出演)
  • DVD版吹替:後に発売されたBlu-rayには収録されていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b Bridget Jones's Diary (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2009年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]