ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
Bridget Jones: The Edge of Reason
監督 ビーバン・キドロン
脚本 ヘレン・フィールディング
アンドリュー・デイヴィス
リチャード・カーティス
アダム・ブルックス
原作 ヘレン・フィールディング
製作 ティム・ビーヴァン
ジョナサン・カヴェンディッシュ
エリック・フェルナー
製作総指揮 ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
出演者 レネー・ゼルウィガー
コリン・ファース
ヒュー・グラント
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 エイドリアン・ピドル
編集 グレッグ・ヘイデン
製作会社 ミラマックス
ユニバーサル・ピクチャーズ
スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
リトル・バード
配給 イギリスの旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 イギリスの旗 2004年11月16日
日本の旗 2005年3月19日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $262,520,724[1]
前作 ブリジット・ジョーンズの日記
テンプレートを表示

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(Bridget Jones: The Edge of Reason)は、2004年のイギリス/アメリカ映画。2001年公開の『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編。原作はヘレン・フィールディング同名小説

キャスト[編集]

役名 俳優 DVD版吹替
ブリジット・ジョーンズ レネー・ゼルウィガー 松本梨香
ダニエル・クリーバー ヒュー・グラント 森田順平
マーク・ダーシー コリン・ファース 木下浩之
ブリジットの父親 ジム・ブロードベント 川久保潔
ブリジットの母親 ジェマ・ジョーンズ 斉藤昌
レベッカ ジャシンダ・バレット
シャザー サリー・フィリップス
ジュード シャーリー・ヘンダーソン
トム: ジェームズ・キャリス
ロビン ジェシカ・スティーヴンソン
リチャード・フィンチ ニール・ピアソン
  • DVD版吹替:後に発売されたBlu-rayには収録されていない。

受賞・ノミネーション[編集]

第62回ゴールデングローブ賞

脚注[編集]

  1. ^ a b Bridget Jones: The Edge of Reason (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2009年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]