高慢と偏見 (1940年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高慢と偏見
Pride and Prejudice
グリア・ガースンの紹介カット(予告編より)
監督 ロバート・Z・レナード
脚本 オルダス・ハクスリー
ジェーン・マーフィン
原作 ジェーン・オースティン
ヘレン・ジェローム(劇化)
製作 ハント・ストロンバーグ
出演者 グリア・ガースン
ローレンス・オリヴィエ
音楽 ハーバート・ストサート
撮影 カール・フロイント
編集 ロバート・カーン
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年7月26日
日本の旗 2006年12月14日 DVD (劇場未公開)
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約1,437,000ドル
興行収入 1,001,000ドル(北米配収)
848,000ドル(海外配収)
テンプレートを表示

高慢と偏見』(こうまんとへんけん、原題: 英語: Pride and Prejudice)は、1940年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

ジェーン・オースティン同名小説を原作として舞台化された脚本を基にオルダス・ハクスリーが脚色に参加、ロバート・Z・レナードが監督、イギリス出身のグリア・ガースンローレンス・オリヴィエが主演した。ガースンは当初主演予定だったノーマ・シアラーに代わって出演している。同小説の最初の映画化で、のちにテレビシリーズや2005年のイギリスの映画プライドと偏見』としてリメイクされている[1]

日本では劇場未公開であったが、2006年(平成18年)12月14日、同題でのパブリックドメインDVDが発売された。

キャスト[編集]

  • エリザベス・ベネット:グリア・ガースン
  • フィッツウィリアム・ダーシー:ローレンス・オリヴィエ
  • ベネット夫人(エリザベスの母):メアリー・ボーランド
  • キャサリン・デ・バーグ:エドナ・メイ・オリヴァー
  • ジェーン(エリザベスの姉・ベネット姉妹の長女):モーリン・オサリヴァン
  • リディア(エリザベスの妹・五女):アン・ラザフォード
  • キャロライン・ビングリー:フリーダ・イネスコート
  • ベネット(エリザベスの父):エドマンド・グウェン
  • シャーロット:カレン・モーリー
  • キティ(ベネット姉妹の四女):ヘザー・エンジェル
  • メアリー(ベネット姉妹の三女):マーシャ・ハント
  • チャールズ・ビングリー:ブルース・レスター

スタッフ[編集]

  • 監督:ロバート・Z・レナード
  • 製作:ハント・ストロンバーグ
  • 脚本:オルダス・ハクスリー、ジェーン・マーフィン
  • 音楽:ハーバート・ストサート
  • 撮影:カール・フロイント
  • 編集:ロバート・カーン
  • 美術:セドリック・ギボンズ
  • 装置:エドウィン・B・ウィリス
  • 衣裳:エイドリアン、ジャイル・スティール
  • 録音:ダグラス・シアラー

アカデミー賞受賞[編集]

  • 美術賞:セドリック・ギボンズ、ポール・グロッセ

[編集]

外部リンク[編集]