ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(ブリジット・ジョーンズのにっき きれそうなわたしのじゅうにかげつ、Bridget Jones: The Edge of Reason)は、1999年出版のヘレン・フィールディングの小説。『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編。

2004年には映画化された。日本では2004年にヴィレッジブックスから出版(訳:亀井よし子)。

あらすじ[編集]

30代の独身ブリジット・ジョーンズは、弁護士のマーク・ダーシーとの交際が始まり、幸せな1年が訪れると思っていた。

登場人物[編集]