ジェーン・オースティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェーン・オースティンの姉のカサンドラによる肖像画を元にした彫刻

ジェーン・オースティンJane Austen1775年12月16日 - 1817年7月18日)は、イギリス小説家イングランド南部ハンプシャー・スティーブントン生れ。Austen を「オーステン」とカナ転写する書籍もある。

18世紀から19世紀イングランドにおける田舎の中流社会を舞台として、女性の私生活を結婚を中心として皮肉と愛情を込めて描き、その作品は近代イギリス長編小説の頂点とみなされている。また英語における自由間接話法(描出話法)の発達に大きく貢献したことでも知られる。主要作品は、『分別と多感』『高慢と偏見』『エマ』『マンスフィールド・パーク』『ノーサンガー僧院』『説得』の6作品。

生涯[編集]

スティーブントン時代[編集]

1775年12月16日に、ハンプシャースティーブントンの牧師館で生れた。牧師である父のジョージ・オースティン(1731 - 1805)は9歳で孤児となったが、伯父フランシス・オースティンに助けられ、オックスフォード大学に入った。妻カサンドラ(1739 - 1827)との間にはジェーンの他に6人の兄弟と、姉がおり、長兄のジェームズは父と同じくオックスフォードに入り詩などを発表していて、ジェーンに影響を与えた。次兄のジョージについてはあまり伝えられておらず(言語に障害があったらしい)、三兄エドワードは、裕福な家の養子に入り、四兄ヘンリーもオックスフォードに入っている。五兄のフランシスと弟のチャールズは、共に海軍に進み提督にまで昇進した。姉のカサンドラとは生涯を通して非常に親密な関係で、現存する手紙のほとんどはカサンドラに宛てられている。ジェーンを描いたものとして認められている肖像画は、ロンドンナショナル・ポートレート・ギャラリーに収められたカサンドラの手による彩色スケッチのみである。しかしながら等身大の彩色画がジェーンの一族によって所蔵されており、これは10代の頃のジェーンを描いた本物ではないかと考えられている。

1783年にカサンドラととも知り合いのもとへ預けられ、短期間ではあるがオックスフォードおよびサウサンプトンで教育を受けている。1785年から翌年にかけてはバークシャーレディングにあるレディング修道院女子寄宿学校で学んだ。当時一般の少女よりも充実した教育を受け、この間に多くの文学作品に触れ、英訳されたゲーテの『若きウェルテルの悩み』も読んだという。1789年には早くも小説の原型を書き始めるようになったが、友人や家族に読み聞かせて喜ぶためであった。ただし、小説は3冊のノートにまとめられたが、この中の2冊目にある「愛と友情」など、すでに特色のあるものも書かれている。

1795年、書簡体形式の「エリナとメアリアン」を、翌年には「第一印象」を書いた。「第一印象」は父に勧められて出版社に手紙まで送ったが、至らなかった。1797年11月、「エリナとメアリアン」を下敷きとして「分別と多感」を書き始める。さらに、のち『ノーサンガー僧院』となる「スーザン」にも取りかかり、1803年にはクロスドー社に売った。しかしなぜか出版されず、死後『説得』とともに出版された。

バース、サウサンプトン時代[編集]

オースティンの私生活にはほとんど変化がみられない。1801年にジョージはジェイムズに牧師職を譲り、一家は当時から著名な保養地であったバースへと移った。ジェーンはこのことを聞くと卒倒したというが、バースでの経験は後に小説を書く上で大きな利点となった。ここで一家が過ごした家屋は現存しており、その近くにはジェーン・オースティン・センターがある[1]。この時期に「ワトソン一家」を書いたが、放棄されてしまう。

1801年夏、家族でデボンシアを訪れた際、生涯唯一の恋をしたといわれる。相手はトーマス・ルフロイといい、晩年その旨を語っていたという。また1802年にはハリス・ビッグ=ウィザーという人物からプロポーズをされた。彼は裕福な若者であったが、「大きくて不器用な」性格をしており、彼女より6歳年下であった。未婚の女は一生父や兄弟に頼って生活しなければならなかった当時のイギリスの中流階級において、この申し込みはまたとない機会であった。ジェーンは一旦プロポーズを受け入れたが、翌日には決心を変え断りの返事をした。[2]

1805年1月21日に父が死去すると、オースティンと母と姉の3人はサウサンプトンのカッスル・スクエアのフランクの家で暮らすことになった。ここでしばらく平穏に暮らした。

チュートン時代[編集]

オースティンが晩年8年間を過ごした家屋。現在博物館として使用されている

1809年に妻を亡くしたエドワードの勧めでチュートンへと移る。エドワードの妻は裕福で、所有していたコテージにおいて生活するようになった。この家は現在オースティン記念館として一般に開放されている。[3]

1811年、「マンスフィールド・パーク」を起稿し、さらに『分別と多感』を匿名で出版。さらに1813年1月には「第一印象」をもとにした『高慢と偏見』を出版した。なお、作品はすべて匿名で発表され、親しいものにも明かさなかった。1814年5月には『マンスフィールド・パーク』を刊行するが、読者や文壇からジェーン・オースティンという名前が知られることはなかった。だが1815年10月、『エマ』の出版の直前に、偶然が重なってジェーンの愛読者であったのちのジョージ4世(当時は摂政王太子)にもてなされた。それで急遽『エマ』は献呈されることになった。

1816年になると体調を崩しがちになり、現在ではアジソン病に感染していたと考えられている。病状は一進一退を繰り返し、翌1817年には療養のためハンプシャー州ウィンチェスターへと移ったが、その2ヶ月後の7月18日に死去した。その亡骸はウィンチェスター大聖堂に葬られ、1818年に『ノーサンガー僧院』と『説得』が出版された。

評価[編集]

オースティンの長編6作品は、全て平凡な田舎の出来事を描いたものである。求めた題材の範囲は非常に狭く、6作とも登場人物は名家の娘と、牧師や軍人などの紳士で、この男女が紆余曲折を経てめでたく結婚して終わる。しかしオースティン自身、田舎に3、4の家庭があれば小説にもってこいの材料だ、と述べているが、そこでの人間階級を徹底的に描き尽くしており、人間性の不変さを示し、心理写実主義の先駆ともされている。

同時代や後年の作家にも高く評価されている。モームは、『世界の十大小説』で『高慢と偏見』を選び、「大した事件が起こらないのに、ページを繰らずにはいられない」と評し、するどい感性とユーモアのあふれる文体は比類がない。平凡な生活の中で、見出した真実味のある多彩な描写は非常に巧みであると、論じている。夏目漱石は『文学論』で、「Jane Austenは写実の泰斗なり。平凡にして活躍せる文字を草して技神に入る」と、絶賛している。一方で、シャーロット・ブロンテは情感に欠けると非難し、マーク・トウェインは動物的な嫌悪を感じるとし、D・H・ローレンスも批判的であった。

また時代色を出していないのも特色の一つである。オースティンが生れた翌年の1776年にアメリカ独立宣言がなされ、20代前半にはフランス革命が起こっている。だがオースティンの作品にはそういった出来事は完全に排除されている。意図的かどうかは不明だが、自らの経験にないことはけして手を触れなかった。文壇にも一切関わらず、同時代の作家とはまったく関係がなかった。残っている手紙は、ほとんどが姉のカサンドラ宛てで、作品もすべて匿名で発表されたため、読者もその名を知ることはなかった。

今日オースティン作品は、英文学古典の一つとして高く評価されている。初級の講義から各国の学会での高度な研究に至るまで多くの大学でオースティンの作品が取り上げられている。バースゲイ・ストリートには現在、ジェーン・オースティン・センターがあり、様々な資料を展示する他、研究・啓蒙活動が行われている。

君の心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くともその実は甘い」は彼女の言葉である。

オースティン家の紋章

2013年7月にイギリス中央銀行イングランド銀行は、2016年以降に流通する10ポンド札の肖像画にジェーン・オースティンを採用すると表明した。

著作[編集]

長編小説[編集]

短編小説[編集]

  • レディ・スーザン(Lady Susan
    • 惣谷美智子訳・解説 『レイディ・スーザン 書簡体小説の悪女をめぐって』 英宝社 1995年
  • ワトソン一家(The Watsons、未完)
  • サンディトン(Sanditon、未完)
    • 都留信夫監訳 『サンディトン ジェイン・オースティン作品集』 鷹書房弓プレス 1997年
      「イヴリン・キャサリンあるいは東屋 ・ある小説の構想 ・ワトソン家の人・サンディトン」を所収

習作[編集]

  • The Three Sisters
  • Love and Freindship
  • The History of England
  • Catharine, or the Bower
  • The Beautifull Cassandra
    • 都留信夫監訳 『美しきカサンドラ ジェイン・オースティン初期作品集』 鷹書房弓プレス 1996年

映画化[編集]

オースティンの作品はその親しみやすさからか、これまでに幾度も映画化・映像化がなされてきた。そのなかでも『高慢と偏見』は最も取り上げられることも多い作品であり、2005年現在では6本の映画が製作されている。最近では2005年に製作されたジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演の映画『プライドと偏見』がある。5つ存在するテレビ用シリーズの中では、BBCによって1995年に製作されたジェニファー・イーリーコリン・ファース主演のバージョンの評価が非常に高い。2001年の『ブリジット・ジョーンズの日記』にはこの小説にヒントを得た人物が登場している。

エマ』はこれまでに5回映画化されている。『分別と多感』は1995年にアン・リー監督で『いつか晴れた日に』として映画化され、エマ・トンプソンアカデミー脚色賞を受賞している。『説得』は2度のテレビシリーズ化、1度の映画化が行われた。『マンスフィールド・パーク』と『ノーサンガー僧院』についても映画化されている。1980年に製作された『マンハッタンのジェイン・オースティン』では彼女の唯一残された戯曲であるサー・チャールズ・グランディソンの映画化を目論んで争う2つの映画会社を題材にしている。[1]

注釈[編集]

  1. ^ 彼女のお気に入りのキャラクターであったアン・エリオットは「バースに対する敬遠」を語っている。
  2. ^ いずれにせよ彼を愛していなかったことは疑う余地がない。
  3. ^ シスコシステムズ社とアーバンデコイ社の創始者、サンドラ・レルナーが出資している。
  1. ^BBC News. 2004. Rare Austen manuscript unveiled

参考文献[編集]

訳書(各。版元品切も含む)
  • 新井潤美編訳 『ジェイン・オースティンの手紙』 (岩波文庫、2004年)
  • オースティン・リー、永島計次訳 『想い出のジェイン・オースティン』(近代文芸社、1992年) 甥の回顧録
    • 『ジェイン・オースティンの思い出』 (中野康司訳、みすず書房、2011年)
  • マギー・ブラック、ディアドレ・ル・フェイ、中尾真理訳 『ジェイン・オースティン料理読本』(晶文社、1998年)
  • クレア・トマリン、矢倉尚子訳 『ジェイン・オースティン伝』(白水社、1999年)
  • ディアドリー・ル・フェイ、川成洋監訳・太田美智子訳 『図説 ジェイン・オースティン』(ミュージアム図書、2000年)
  • ポール・ポプラウスキー編著、向井秀忠監訳 『ジェイン・オースティン事典』(鷹書房弓プレス、2003年)大著
  • 谷田恵司・向井秀忠・清水明編訳 『ジェイン・オースティンの世界』(鷹書房弓プレス、2003年) 警句集
  • ジョン・スペンス、中尾真理訳 『ビカミング・ジェイン・オースティン』(キネマ旬報社、2009年)
  • キャロル・シールズ 内田能嗣・惣谷美智子監訳 『ジェイン・オースティンの生涯 小説家の視座から』(世界思想社、2009年)
日本人研究者
  • 都留信夫編 『イギリス近代小説の誕生 十八世紀とジェイン・オースティン』 (ミネルヴァ書房、1995年)
  • 大島一彦 『ジェイン・オースティン 「世界一平凡な大作家」の肖像』 (中公新書、1997年)
  • 塩谷清人 『ジェイン・オースティン入門』 (北星堂書店、1997年)
  • 中尾真理 『ジェイン・オースティン 小説家の誕生』(英宝社、2004年)
  • 中尾真理 『ジェイン・オースティン 象牙の細工』(英宝社、2007年)
  • 内田能嗣・塩谷清人編 『ジェイン・オースティンを学ぶ人のために』(世界思想社、2007年)
  • 新井潤美 『自負と偏見のイギリス文化 J・オースティンの世界』(岩波新書、2008年)
  • 川口能久 『個人と社会の相克 ジェイン・オースティンの小説』 (南雲堂、2011年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

著作[編集]

著者情報[編集]

ISBN 978-4-902454-36-9 ※[京都:Eureka Press]で刊行、洋書復刻

関連[編集]