ジェニファー・イーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェニファー・イーリー
Jennifer Ehle
生年月日 1969年12月29日(44歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム
配偶者 Michael Ryan (2001-)
家族 ローズマリー・ハリス(母)
主な作品
高慢と偏見
オスカー・ワイルド
太陽の雫
抱擁

ジェニファー・イーリーJennifer Ehle, 1969年12月29日 - )は、アメリカ出身の英国女優。父親は作家のジョン・イーリー(John Ehle)、母親はイギリスの女優ローズマリー・ハリス

来歴[編集]

舞台女優として活躍を始め、91年にはピーター・ホール演出によるモリエール作『タルチュフ』で評判となり[1]、有望新人に贈られるイアン・チャールソン賞を受賞。1995年、高視聴率を記録したBBCのテレビ・ミニシリーズ『高慢と偏見』に主人公エリザベス・ベネットを演じて、世界的にも知られるようになった。その後、映画界でも活躍を始め、『オスカー・ワイルド』では妻役を演じて英国アカデミー賞の助演女優賞にノミネート。『太陽の雫』ではカナダのジニー賞の助演賞候補となり、ゴールデン・サテライト賞を母と共に受賞した。

一方、舞台での活躍も続け、1999年にはロンドンのドンマー・ウェアハウストム・ストッパード作『リアル・シング』 The Real Thing で絶賛され、翌年ブロードウェイでも上演されてトニー賞を受賞(このとき同じ部門に母もノミネート)。2001年NYランダバウト・シアターで限定公演したノエル・カワード作『生活の設計』でアラン・カミングドミニク・ウェストと共演。2005年にはオールド・ヴィクの舞台『フィラデルフィア物語』でケヴィン・スペイシーと共演。2006年には上演時間6時間に及ぶトム・ストッパード作による3部構成の歴史大作『コースト・オブ・ユートピアThe Coast of Utopia で再びトニー賞演劇部門助演女優賞を受賞した。

彼女の姓"Ehle"は、日本では誤って「エール」と表記されたが、発音は"EE-lee"(イーリー)である[2]

私生活[編集]

『高慢と偏見』撮影時にコリン・ファースと交際していたことがある[3]。2001年に結婚し現在は子供が二人いる。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1994 バック・ビート
Backbeat
シンシア・パウエル
1997 Paradise Road ローズマリー オーストラリア映画
オスカー・ワイルド
Wilde
コンスタンス・ロイド・ワイルド
1998 Bedrooms and Hallways サリー 日本未公開
1999 太陽の雫
Sunshine
ヴァレリー
This Year's Love ソフィー
2002 抱擁
Possession
クリスタベル
2008 プライド&グローリー
Pride and Glory
アビー
Before the Rains ローラ 日本未公開
2010 英国王のスピーチ
The King's Speech
マートル・ローグ
2011 スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜
The Ides of March
シンディ・モリス
コンテイジョン
Contagion
アリー・ヘックストール医師
アジャストメント
The Adjustment Bureau
バーテンダー カメオ出演
2012 ゼロ・ダーク・サーティ
Zero Dark Thirty
2014 ロボコップ
RoboCop
リズ・クライン

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1995 高慢と偏見
Pride and Prejudice
エリザベス・ベネット 計6話のミニシリーズ
2011-2012 A Gifted Man アンア・ポール 計16話出演
2013 偽りの太陽 〜Low Winter Sun
Low Winter Sun
スーザン 第1シーズン第9話「Ann Arbor」

舞台[編集]

制作年 題名 劇団 会場
1959 Pink Thunderbird エディンバラ・フェスティバル
Laundry and Bourbon エディンバラ・フェスティバル
1991 タルチュフ
Tartuffe
Elmire ピーター・ホール・カンパニー
1992 ブレイキング・ザ・コード
Breaking the Code
パット・グリーン Triumph Productions Tour
1995-96 リチャード三世
Richard III
レディ・アン ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー
Painter of Dishonour Serafina ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー
The Relapse アマンダ ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー
1999 リアル・シング
The Real Thing
アニー ドンマー・ウェアハウス
Summerfolk Varvara Mikhailovna ロイヤル・ナショナル・シアター
2000 リアル・シング
The Real Thing
アニー Albery Theatre and Barrymore Theater
2001 生活の設計
Design for Livin
ギルダ Roundabout Theatre Company American Airlines Theater
2005 フィラデルフィア物語
The Philadelphia Story
トレイシー・ロード オールド・ヴィック・シアター
2006 マクベス
Macbeth
マクベス夫人 Shakespeare in the Park デラコルテ・シアター
2006 コースト・オブ・ユートピア
Voyage
Liubov Bakunin ヴィヴィアン・バーモント劇場
コースト・オブ・ユートピア
Shipwrecked
Natalie Herzen ヴィヴィアン・バーモント劇場
2007 コースト・オブ・ユートピア
Salvage
Malwida von Meysenbug ヴィヴィアン・バーモント劇場
2010 Mr. and Mrs. Fitch セカンド・ステージ・シアター

参照[編集]

外部リンク[編集]