マーシャ・ハント (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーシャ・ハント
Marsha Hunt
Marsha Hunt
1940年代
本名 Marcia Virginia Hunt
生年月日 1917年10月17日(96歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
活動期間 1935年 - 2008年
配偶者 ジェリー・ホッパー (1938年 - 1943年)[1]
ロバート・プリスネル (1946年 - 1969年)[1]
主な作品
塵に咲く花
町の人気者
ジョニーは戦場へ行った

マーシャ・ヴァージニア・ハントMarcia Virginia Hunt1917年10月17日 - )は、アメリカ合衆国女優

経歴[編集]

イリノイ州シカゴ生れ。ハイスクール時代からセオドア・アーヴィングの演劇学校に通う。歌手・モデルとして活動した後、1934年にパラマウント映画と契約し、翌年18歳で『The Virginia Judge』でデビュー。以後、小柄で愛らしい容姿で親しまれ、上品さの中に芯の強さを感じさせるキャラクターを数多く演じた[1]。1944年には、映画関係者による"Stars of Tomorrow"の第7位にランクインした[2]

また、彼女は1930年代から40年代にかけて、自由主義的な性格の強い数多くの嘆願書に名を連ねた他、「言論自由の会」 (en:Committee for the First Amendment) のメンバーの一人でもあった。

だが、それらの経歴が理由となり、1950年6月に出版された「レッド・チャンネル」にハリウッド・ブラックリストの一人として、夫で脚本家のロバート・プリスネルとともに名前が掲載される。以後、女優としての活動は制限され、1956年までの出演作品は僅か3本にとどまる。

1957年頃から本格的に活動を再開し、映画・テレビドラマ・舞台などを中心に、息の長い活動を続けた。1971年には、やはりハリウッド・ブラックリストの一人であったダルトン・トランボが原作・監督をつとめた映画『ジョニーは戦場へ行った』で、主演のティモシー・ボトムズの母親役を演じた。

この間もリベラリストとしての立場を崩さず、公民権運動国連の活動・環境保護運動慈善事業などにも積極的に関わり続けた[1]。また、ホームレスや精神疾患患者への救済活動を続けている医療施設に長年多額の寄付を続けている他、同施設の諮問委員も務めている。

1993年、著書「The Way We Wore: Styles of the 1930s and '40s and Our World Since」を出版。

2008年、短編映画『The Grand Inquisitor』で、連続殺人事件の容疑者とされた男の未亡人役を演じた。

2013年、自身が作詞作曲を手がけた、同性同士の恋愛と結婚をテーマにした曲「Here's to all who Love」を発表。この作品は、歌手で俳優のビル・A・ジョーンズによっていち早くネット上で紹介され、現在製作中のハントの生涯を扱ったドキュメンタリー映画では、ジョーンズによるヴァージョンが披露される予定であるという[3]

人物[編集]

ハントはメソジストである[4]

フィルモグラフィー[編集]

『荒原の激闘』(1937年)。ジョン・ウェイン
日本語題
原題
役名 備考
1935 The Virginia Judge Mary Lee Calvert
1936 アリゾナ突撃隊
The Arizona Raiders
ハリエット・リンゼイ
青春ホテル
College Holiday
シルヴィア
ハリウッド大通り
Hollywood Boulevard
パトリシア・ブレイクフォード
沙漠の黄金
Desert Gold
ジュディ
1937 兵学校の花形
Annapolis Salute
ジュリア
荒原の激闘
Born to the West
ジュディ
街は春風
Easy Living
コートを着た少女 uncredited
1939 These Glamour Girls Betty Ainsbridge
Star Reporter Barbara Burnette
1940 Irene Miss Eleanor Worth
大編隊
Flight Command
クレア
高慢と偏見
Pride and Prejudice
メアリー
1941 美しき生涯
Cheers for Miss Bishop
ホープ・トンプソン
I'll Wait for You Pauline Miller
塵に咲く花
Blossoms in the Dust
シャーロット
Unholy Partners Gail Fenton
1942 Kid Glove Killer Jane Mitchell
The Affairs of Martha Martha Lindstrom
パナマ・ハッティ
Panama Hattie
レイラ・トゥリー
花の合唱(コーラス)
Seven Sweethearts
レジー
1943 Cry "Havoc" Flo Norris
迷へる天使
Lost Angel
カティー・マロリー
町の人気者
The Human Comedy
ダイアナ・スティード
1944 パイロットの花嫁
Bride by Mistake
シルヴィア
サウザンズ・チアー
Thousands Cheer
マーシャ・ハント
None Shall Escape Marja Pacierkowski
1945 愛の決断
The Valley of Decision
コンスタンス
百万人の音楽
Music for Millions
ロザリンド
1946 A Letter for Evie Evie O'Connor
1947 カーネギー・ホール
Carnegie Hall
ノラ・ライアン
スマッシュ・アップ
Smash-Up, the Story of a Woman
マーシャ・グレイ
1948 脱獄の掟
Raw Deal
アン・マーティン
1949 Mary Ryan, Detective Mary Ryan
Take One False Step Martha Wier
1952 The Happy Time Susan Bonnard
1954 Diplomatic Passport Judy Anderson
1955 A Word to the Wives Alice
1956 No Place to Hide Anne Dobson
1957 Back from the Dead Kate Hazelton
B52爆撃隊
Bombers B-52
エディス・ブレナン
1959 ゆきすぎた遊び
Blue Denim
ジェシー・バートリー
1960 掠奪者
The Plunderers
ケイト・ミラー
1969 鏡と悪魔
Fear No Evil
ヴァー二ー夫人 TV movie
1971 ジョニーは戦場へ行った
Johnny Got His Gun
ジョニーの母
1981 恐怖!襲われたスチュワーデス寮
Terror Among Us
マージ TV movie
2006 Chloe's Prayer Elizabeth Lyons
2008 The Grand Inquisitor Hazel Reedy short film

脚注[編集]

  • McGilligan, Patrick and Paul Buhle (1997). Tender Comrades: A Backstory of the Hollywood Blacklist (Glenn Lovell Q&A with Hunt). St. Martin's Press. ISBN 0-312-17046-7. 
  1. ^ a b c d クィンラン、352 - 353頁
  2. ^ “SAGA OF THE HIGH SEAS.”. The Mercury (Hobart) (Hobart, Tas.: National Library of Australia): p. 9. (1944年11月11日). http://nla.gov.au/nla.news-article26044148 2012年4月24日閲覧。 
  3. ^ http://www.huffingtonpost.com/2014/01/10/heres-to-all-who-love_n_4576395.html?utm_hp_ref=mostpopular
  4. ^ http://www.fumSoft machine)ceunice.org/About.html

参考文献[編集]

  • デイヴィッド・クィンラン 『クィンラン版 世界映画俳優大事典』(柴田京子訳、2002年12月、講談社

外部リンク[編集]