アン・ヴォーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アン・ヴォーグ
(2009年)
(2009年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド
ジャンル R&B
Soul
活動期間 1989年 (1989)-現在
レーベル Atlantic Records
East West Records
Discretion Ent
33rd Street
Rufftown Entertainment Group, Inc.
共同作業者 フォスター&マッケルロイ
メンバー
シンディ・ヘロン・ブラッグス
テリー・エリス
ローナ・ベネット
旧メンバー
マキシーン・ジョーンズ
ドーン・ロビンソン
アマンダ・コール

ダイアナ・ロスアレサ・フランクリンなど

アン・ヴォーグ(En Vogue)は、アメリカ合衆国R&Bソウルの女性ヴォーカル・グループ。1989年にカリフォルニア州オークランドにて結成。

概要[編集]

メンバーはプロデューサーチーム「フォスター&マッケルロイ」(Foster & McElroy)によるオーディションにて集められた。優れた歌唱力と洗練されたルックスは高く評価され、1990年のデビュー以降、数々のシングルがグラミー賞にノミネートされている。

結成直後はグループ名を4U(フォーユー)としていたが、この名前が既に他グループによって登録されていたことからアン・ヴォーグとなった。グループ名はファッション雑誌『VOGUE』からつけられた。洗練されたサウンドとルックスを意味している。

アン・ヴォーグは、曲によってリードボーカルが変わる。これは、メンバー全員がリードをとれるほどの高い歌唱力を持っているからである。

90年代を代表するガールズグループとして、後に出るSWVTLCJadeデスティニーズ・チャイルドに大きな影響を与えた。

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • マキシーン・ジョーンズ1965年1月16日 - )
    在籍:1989年-2001年、2004年‐2012年
    コーラスはアルト担当。愛称はマックス。幼い娘との時間を大切にしたいという理由から2002年-2003年の間、一時的にグループを脱退している。2012年7月再度脱退。
  • ドーン・ロビンソン1968年11月28日 - )
    在籍:1989年-1997年、2005年、2008年-2011年
    コーラスはソプラノ担当。1997年に脱退後はLucy Pearlのボーカルとして参加。Lucy Pearl解散後はソロで活動。
    2005年のBETアワードでは9年振りに一夜限りのアン・ヴォーグ再結成。ソルト・ン・ペパWhatta Manを共演。
    その後もドーンはソロ活動を続けるが、翌年にアン・ヴォーグ結成20周年を迎える2008年に正式に復帰。このまま順調に活動が続くと思われたが、2011年12月再度脱退。
  • アマンダ・コール(**年*月*日 - )
    在籍:2001年-2003年。
    コーラスはアルト担当。マキシーン休養中のメンバーとして参加。現在はミュージカル歌手として活動をしている。

在籍期間[編集]

メンバー 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
テリー・エリス
(1989–現在)
シンディ・ヘロン
(1989–現在)
マキシーン・ジョーンズ
(1989–2001, 2004–2012)
ドーン・ロビンソン
(1989–1997, 2005, 2008–2011)
ローナ・ベネット
(2003–2008, 2012-現在)
アマンダ・コール
(2001–2003)

グループ分裂[編集]

2009年。実に12に年振りにオリジナルメンバーで再結成を果たしたアン・ヴォーグだが 再結成中に発表されたアルバムはなく、ライブやテレビ出演が活動メインとなっていた。 2011年になると、再度メンバーの不仲説が浮上し、同年12月にドーンが脱退。 翌2012年にはマキシーンが脱退し、オリジナルメンバーでの活動は約3年と非常に短いものとなった。

また、グループ脱退の際、マキシーンとドーンは金銭や契約の他、人徳に関わる内容について、 シンディとテリーを激しく非難。私たちこそが本当のアン・ヴォーグだとし、グループ名を名乗る姿勢を見せた。

2012年10月。メディアインタビューの中で、ドーンとマキシーンが新たにレーベルと契約しグループ名を"Heirs" to the Throneとるす旨を発表。 グループ名には『王者後継者』という意味があり、真のDiva(歌姫)が自分たちであることを主張した。

来日[編集]

  • 2006年3月、東京のコットン・クラブにて公演。(テリー・マキシーン・ローナ)
  • 2007年2月、東京と大阪のビルボード・ライブ(Billboard Live)にて公演。(シンディ・テリー・マキシーン・ローナ)
  • 2009年6月、東京と大阪のビルボード・ライブ(Billboard Live)にて公演。結成20周年ワールドツアー。(シンディ・テリー・マキシーン・ドーン)

近況[編集]

  • 2010年、アン・ヴォーグのメンバー、シンディ・テリー・マキシーンは、RUFFTOWN ENTERTAINMENTとマネージメントを結んだ。しかしドーンは、契約内容が意志と反していることを理由に契約を拒否。これにより2011年9月にリリースを予定されていた新曲「I'll Cry Later」にはドーン以外の3人が参加することとなった。また、シングルはラジオステーションで流れたものの、正式にCDリリースされることはなかった。
  • ドーンは自身のツイッターにて、2011年12月を最後にアン・ヴォーグから脱退すると発表。
  • 2012年6月。ローナは自身のオフィシャルサイト及びYoutubeにて、En Vogueへ復帰する旨を発表。
  • 2012年7月。マキシーンがアン・ヴォーグ脱退を表明。また、先に脱退をしたドーンと共に新生アン・ヴォーグを結成する旨を発表した。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

EP[編集]

外部リンク[編集]