リチャード・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・エリオット
基本情報
出生 1960年1月16日(54歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス スコットランド
ジャンル ファンク
スムーズジャズ
職業 サックス奏者
担当楽器 サックス
レーベル マンハッタン
ブルーノート
GRP
アルチザン(現アーティストリー)
公式サイト Official site

リチャード・エリオットRichard Elliot, 1960年1月16日 - )は、イギリススコットランドグラスゴー生まれのサックス・プレイヤー。アルチザン・ミュージック・グループ(現・アーティストリー・ミュージック)(ARTizen Music Group→Artistry Music)の設立者の一人。初期はファンク・バンドのタワー・オブ・パワーのメンバーとして名を挙げ、近年はスムーズジャズ/フュージョンで活躍。

縞模様のテナー・サックスがトレードマークとなっている。

バイオグラフィ[編集]

1960年、グラスゴーに生まれ、3歳の時にアメリカロサンゼルスに引っ越す。中学時代にサックスを学び始め、16歳にプロの道を歩み始めた。このきっかけとなったのは1976年はアメリカ建国200周年であり、その記念に全米より集められたメンバーでバンドを組みツアーをし、その際に来日公演もしている。その後キティホークイエロージャケッツに参加、1982年にタワー・オブ・パワー(T.O.P.)に加入し、1988年まで所属する。

T.O.P.に在籍中の1986年にマンハッタン・レコードManhattan Records)よりデビュー・アルバムを発表。1980年代にフロリダ州のメキシコ湾岸沿いに移り住む。1994年にブルー・ノートのコンテンポラリー部門に移籍、1997年発表の"Jumpin' Off"のみメトロ・ブルーからだが、ブルー・ノートと同じくキャピトル・レコード系列のレーベルである。2001年にはスムーズジャズの名門GRPレコードに移り、2枚のアルバムを残す。

2004年にトランペッターリック・ブラウンアルチザン・ミュージック・グループを共同設立。この自己レーベルより2005年にソロアルバムMetro Blueを発表、2007年にはブラウンとの共作RnRを発表。2008年10月にアルチザンはマック・アヴェニュー・レコードに買収される。[1]アーティストリー・ミュージックと改名する。2013年にはデイヴ・コーズジェラルド・アルブライトミンディ・エイベアらとの共作Summer Hornsを発表。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
Trolltown 1986 Manhattan
Initial Approach 1987 Manhattan
Power of Suggestion 1988 Manhattan
Take to the Skies 1989 Manhattan
What's Inside 1990 Manhattan
On The Town 1991 Manhattan
Soul Embrace 1993 Manhattan
After Dark 1994 Blue Note
City Speak 1996 Blue Note
Jumpin' Off 1997 Metro Blue
Chill Factor 1999 Blue Note
The Best of 2000 Blue Note
Ballads 2001 Blue Note
Crush 2001 GRP
Ricochet 2003 GRP
Metro Blue 2005 Artizen
RnR 2007 Artizen
Rock Steady 2009 Artisty
In the Zone 2011 Artisty

リファランス[編集]

  1. ^ Mack Avenue Records Acquires ARTizen Music Group

外部リンク[編集]