パティ・オースティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パティ・オースティン
Austin on the evening of her appearance at the Ram's Head in Annapolis, Maryland, where she sang an all-Gershwin show on October 29, 2007.}
Austin on the evening of her appearance at the Ram's Head in Annapolis, Maryland, where she sang an all-Gershwin show on October 29, 2007.
基本情報
出生 1950年8月10日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ハーレム
ジャンル R&B, ポップ, ジャズ
職業 シンガー・ソングライター
活動期間 1953 – 現在
レーベル CTI, クウェスト, GRP, コンコード・ジャズ, ランデヴー, シャナキー
公式サイト Patti Austin Official Website

パティ・オースティン(Patti Austin, 1950年8月10日 - )はアメリカニューヨーク州ハーレム出身のR&Bジャズ歌手。

バイオグラフィ[編集]

4歳にしてアポロ・シアターにてデビュー、5歳の時にRCAレコードと契約。クインシー・ジョーンズダイナ・ワシントンが洗礼時に代父母を務めた。

1960年代後期にプロのセッション・ミュージシャンになる。1976年にCTIレコードからLPEnd Of A Rainbowを出し、ソロデビュー。続いてHavana Candy (1977)、 Body Language (1980)と発表。マイケル・ジャクソンと"It's the Falling in Love"(Off the Wall収録)やジョージ・ベンソン("Moody's Mood for Love"や"Keep Your Dreams Alive")等とデュエットしている。

1980年代はクインシーのクエスト・レコードと契約。1990年にGRPレコードに移籍。1996年発表のJukebox Dreamsは日本のポニーキャニオンからの販売で、1998年発表のIn & Out Of Loveとほぼ同じ内容である。

2007年にコンテンポラリー・ジャズの新鋭レーベルランデヴー・エンタテインメントと契約、4月にAvant Gershwinをリリースした。2008年に同アルバムで初のグラミー賞を受賞した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
End Of A Rainbow 1976 CTI
Havana Candy 1977 CTI
Live At The Bottom Line 1979 CTI
Body Language 1980 CTI
Every Home Should Have One 1981 Quest
In My Life 1983 Quest
Patti Austin 1984 Quest
Gettin' Away With Murder 1985 Quest
The Real Me 1988 Quest
Love Is Gonna Getcha 1990 GRP
Carry On 1991 GRP
Live 1992 GRP
That Secret Place 1994 GRP
Jukebox Dreams 1996 Pony Canyon
In & Out Of Love 1998 Concord Jazz
Street Of Dreams 1999 Intersound
On The Way To Love 2001 Waner Bro.
For Ella 2002 Playboy Jazz
Avant Gershwin 2007 Rendezvous
Sound Advice 2011 Shanachie

その他[編集]

日本では1996年発売のアルバム『Jukebox Dreams』収録の「Kiss」が有名。テレビ東京出没!アド街ック天国』で使用されている。

外部リンク[編集]