ロバート・コンクエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左端がコンクエスト。2005年11月9日、ホワイトハウスにおいて大統領自由勲章の栄誉を受ける。

ロバート・コンクエスト(Robert Conquest, 1917年7月15日 ‐ )は、イギリス歴史学者。専門はソ連史。また詩人・作家としても活躍。同時にイギリス政府当局の反共工作活動に従事していた経験もある。

人物・来歴[編集]

ウスターシャー生まれ。ウィンチェスター・カレッジ、グルノーブル大学でそれぞれ学士、修士課程を修了。1937年からオックスフォード大学モードリン・カレッジに移るが、同地でイギリス共産党に入党した。同校からソ連史で博士号の学位を取得する。

第二次世界大戦開戦後、陸軍に入隊し、1944年から1948年まで連絡将校としてブルガリアに滞在。同地で台頭する共産主義に幻滅したとされる。なお二度目の妻となるタチアーナ(Tatiana)とは同地で出会い、イギリスへの亡命を手助けする。ロンドンへ帰国後、最初の妻と分かれたのち彼女と結婚。しかしタチアーナが統合失調症を罹患したのちに離婚した。

帰国後、外務省情報調査部(Information Research Department)に勤務。この組織はイギリスにおける共産主義の浸透阻止と、反共主義の普及浸透を目的としており、その具体的な活動内容は反共的なジャーナリスト、労働組合、その他組織の育成だったとされる("Death of the department that never was" in The Guardian, January 27, 1978)。

1956年にこの組織を退職した後、フリーランスの歴史家として著述活動に入る。ソ連史研究者としては『スターリンの恐怖政治』に代表される、1930年代にスターリンが展開した「大粛清」の研究で知られた。またこの大粛清の時期に600万以上の餓死者を発生させたウクライナ大飢饉が、ソ連体制に反抗的なウクライナ人に対するスターリンの抑圧政策の一環であったとする『悲しみの収穫・ウクライナ大飢饉』を1985年に著し、大きな反響を呼んだ。ソ連解体後、同書のテーゼは「スターリンはウクライナ人のジェノサイドを行なおうとした」などより単純化された形でウクライナに浸透し、ロシア・ウクライナ間の歴史認識論争に影響を与えることとなった。

1981年からスタンフォード大学フーバー研究所上級研究員。

2005年、米国大統領ジョージ・W・ブッシュにより、米国における文民向けの最高の勲章である大統領自由勲章を授与された。

著書[編集]

単著[編集]

  • Poems, (Macmillan, 1955).
  • New Lines: An Anthology, (Macmillan, 1956).
  • Common Sense about Russia, (Gollancz, 1960).
  • The Soviet Deportation of Nationalities, (Macmillan, 1960).
  • Courage of Genius: the Pasternak Affair, A Documentary Report on its Literary and Political Significance, (Collins and Harvill Press, 1961).
  • Power and Policy in the U.S.S.R: the Study of Soviet Dynastics, (Macmillan, 1961).
  • Marxism To-day, (Ampersand, 1964).
  • Russia after Khrushchev, (Pall Mall Press, 1965).
井上勇訳『フルシチョフ以後のソ連(上・下)』(時事通信社[時事新書], 1967年)
  • The Great Terror: Stalin's Purge of the Thirties, (Macmillan, 1968, revised ed., 1971).
片山さとし訳『スターリンの恐怖政治(上・下)』(三一書房, 1976年)
  • Arias from a Love Opera: and Other Poems (Macmillan, 1969).
  • V. I. Lenin, (Viking Press, 1972).
  • Kolyma: the Arctic Death Camps, (Macmillan, 1978).
  • Present Danger: Towards a Foreign Policy, (Blackwell, 1979).
  • The Abomination of Moab, (Temple Smith, 1979).
  • Inside Stalin's Secret Police: NKVD Politics, 1936-39, (Macmillan, 1985).
  • The Harvest of Sorrow: Soviet Collectivization and the Terror-famine, (Oxford University Press, 1986).
白石治朗訳『悲しみの収穫・ウクライナ大飢饉――スターリンの農業集団化と飢饉テロ』(恵雅堂出版, 2007年)
  • Stalin and the Kirov Murder, (Oxford University Press, 1989).
新庄哲夫訳『誰がキーロフを殺したのか』(時事通信社, 1992年)
  • Tyrants and Typewriters: Communiques from the Struggle for Truth, (Lexington Books, 1989).
  • The Great Terror: A Reassessment, (Oxford University Press, 1990).
  • Stalin: Breaker of Nations, (Weidenfeld and Nicolson, 1991).
佐野真訳『スターリン――ユーラシアの亡霊』(時事通信社, 1994年)
  • Reflections on a Ravaged Century, (John Murray, 1999).

共著[編集]

  • The Egyptologists: A Novel, with Kingsley Amis, (Jonathan Cape, 1965).
  • Defending America, with T. Draper, G. Grossman et al., (Basic Books, 1975).*What to Do When the Russians Come: A Survivor's Guide, with Jon Manchip White, (Stein and Day, 1984).

編著[編集]

  • New Lines-II: An Anthology, (Macmillan, 1963).
  • Industrial Workers in the U.S.S.R, (Praeger, 1967).
  • The Politics of Ideas in the U.S.S.R., (Praeger, 1967).
  • Soviet Nationalities Policy in Practice, (Bodley Head, 1967).
  • Agricultural Workers in the U.S.S.R, (Bodley Head, 1968).
  • Justice and the Legal System in the U.S.S.R., (Praeger, 1968).
  • Religion in the U.S.S.R., (Bodley Head, 1968).
  • The Soviet Police System, (Bodley Head, 1968).
  • The Soviet Political System, (Bodley Head, 1968).
  • The Russian Tradition, (McGraw-Hill, 1974).
  • The Robert Sheckley Omnibus, (Penguin, 1975).
  • The Last Empire: Nationality and the Soviet Future, (Hoover Institution Press, 1986).

共編著[編集]

  • New Poems, 1953: A P.E.N. Anthology, co-edited with Michael Hamburger and Howard Sergeant, (Joseph, 1953).
  • Spectrum, co-edited with Kingsley Amis, (Victor Gollancz, 1966).
  • Political and Ideological Confrontations in Twentieth-century Europe: Essays in Honor of Milorad M. Drachkovitch, co-edited with Dusan Djordjevich, (Macmillan, 1996).