ルーサー・ヴァンドロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーサー・ヴァンドロス
Luther Vandross
ルーサー・ヴァンドロス(左)。ダイアナ・ロス(右)と(2000年)
ルーサー・ヴァンドロス(左)。ダイアナ・ロス(右)と(2000年)
基本情報
出生名 Luther Ronzoni Vandross
別名 The Boss
出生 1951年4月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨークマンハッタン
死没 2005年7月1日(満54歳没)
ジャンル R&B
職業 シンガーソングライター
活動期間 1968年 - 2005年
レーベル Cotillion
Epic
Virgin
J
共同作業者 マーヴィン・ゲイ
スティーヴィー・ワンダー
チェンジ
シック
リチャード・マークス
マライア・キャリー ほか
公式サイト LUTHERVANDROSS.com

ルーサー・ヴァンドロスLuther Vandross1951年4月20日 - 2005年7月1日)は、アメリカ合衆国R&B歌手である。バックアップボーカルでの活動が評判となり、ゲストとしてチェンジ等のアルバムの一部でメインボーカルを担当し、1976年にソロデビューにたどり着いた。1980年代のいわゆるブラコン(ブラック・コンテンポラリー)の第一人者のひとりであり、歌手としてだけではなく、サウンドクリエイターとしても知られる。

2003年脳卒中に倒れ、その後、復帰したものの2005年に亡くなった。54歳だった。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第54位[1]

経歴[編集]

1951年 - 1979年 : 若年期から下積み時代[編集]

ルーサー・ヴァンドロスこと本名Luther Ronzoni Vandross は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンで、4人兄弟の2人目の子供として生まれた[2][3]

マンハッタンのローワー・イースト・サイドにあるアルフレッド・E・スミス知事ハウス[4]で幼少期を過ごし、3歳からピアノの演奏を始めた。13歳のとき、家族とブロンクス区へ引っ越した。ルーサー・ヴァンドロスの姉であるパトリシア・ヴァンドロスは、ボーカル・グループのクレスツに所属していた 1958年には、楽曲ビルボード・ホット100で 2位となるヒット曲「16 Candles」をだしている。ヴァンドロスが 8歳のとき、父親が病死した。[5]ヴァンドロスは、高校生グループ Shades of Jade のメンバーとして一度ハーレムアポロ・シアターでも演奏した。ヴァンドロスは、シアター・ワークショップにも所属して、シングル「Only Love Can Make a Better World」と「Listen My Brother」を発表し、1969年11月のセサミストリートに出演した。

ヴァンドロスが次のヒットにクレジットされるのは、1972年のロバータ・フラックのアルバムである。また、パティ・ラベル・ファンクラブの創設者でもある。デロアス・ホールの 1973年のアルバムで、ヴァンドロスは自身が書いた曲「Who's Gonna Make It Easier for Me」を歌っている。他に、楽曲「In This Lonely Hour」も提供している。デヴィッド・ボウイと共作した楽曲「ファスシネイション」(Fascination) は、1974年9月に発表されたボウイのアルバム『ヤング・アメリカン』に収録され、ヴァンドロスもバック・ボーカルとして参加している。ヴァンドロスが書いた曲「Everybody Rejoice」は、1975年のブロードウェイ・ミュージカル『ウィズ』と、その映画で聞くことができる。

ヴァンドロスは、ダイアナ・ロスロバータ・フラックゲイリー・グリッターカーリー・サイモンチャカ・カーントッド・ラングレンユートピアドナ・サマーベット・ミドラーシックバーブラ・ストライサンドデヴィッド・ボウイらのバック・ボーカルを務めた。

70年代後半、ヴァンドロスは 5人組グループであるルーサーのメンバーとして、Cotillion Records[6]と契約し、比較的成功したシングル「It's Good for the Soul」、「Funky Music (Is a Part of Me)」、「The Second Time Around」と、アルバム『Luther』(1976年)、『This Close to You』(1977年)を発表したが、アルバムはセールス・チャートに入るほどは売れなかった。Cotillion Records がグループとの契約を切った後、ヴァンドロスはアルバムの版権を買い戻した。

ヴァンドロスは 1970年代後半から 1980年代前半までに、立て続けにヒット・シングルに貢献し、1970年代後半には人気セッション・シンガーとしての地位を築いた。

Greg Diamond's Bionic Boogie というディスコ・バンドの曲「Hot Butterfly」で、ルーサーはリード・ボーカルを歌った。ルーサーは、Soiree というバンドでも「You Are the Sunshine of My Life」のリード・ボーカルを歌い、ジャクソン・ブラウンシャロン・レッドのアルバムでバック・ボーカルを務めた。ルーサーがリード・ボーカルを歌った Mascara LP というグループの曲「See You in L.A.」は、1979年に発表された。

1980年 - 2003年 : 成功期[編集]

長い下積み時代が続くルーサー・ヴァンドロスは、フランス系イタリア人プロデューサーのジャック・フレッド・ペトラスが生んだポップ・ダンス・アクトのチェンジに、歌手として迎えられた。1980年のヒット「A Lover's Holiday」と「The Glow of Love」、「Searching」でヴァンドロスはボーカルを務めた。ヴァンドロスは「The Glow of Love」を気に入っていて、後の 2001年に Vibe Magazine から受けたインタビューでは「私がこれまで人生において歌った中で、もっとも美しい曲」と語っている。ヴァンドロスは、チェンジの 1981年のアルバム『Miracles』も当初は参加予定だったが、金銭面でペトラスと折り合いがつかず、参加しなかった。ヴァンドロスのその判断は同年のエピック・レコードとの契約につながったが、『Miracles』やペトラスの新しいダンス・アクト The B. B. & Q. band にもバック・ボーカルとしては参加した。その忙しい同じ年、ソロとしてはデビュー・アルバムとなる『Never Too Much』を発表した。ヴァンドロス自身が書いた曲「Never Too Much」は、R&B チャートで 1位を記録した[7]。またバート・バカラックハル・デヴィッド作のバラード「A House Is Not a Home」(オリジナルはディオンヌ・ワーウィック)もヒットした。この頃より、ベーシストのマーカス・ミラーと共同制作するようになり、ミラーはヴァンドロスの数多くの作品でプロデュースを務めた。『Never Too Much』は、ヴァンドロスの高校時代のクラスメイトであるナット・アダレイ・ジュニアがアレンジを行った[8]

1980年代にヴァンドロスは成功した R&B アルバムを発表し続けながら、1982年の Charme というグループへゲスト・ボーカルとして参加するなどの、セッション・ミュージシャンとしての仕事を続けた。ヴァンドロスの初期のアルバムのほとんどは、ポップ・チャートよりも、R&B チャートで大きなヒットとなった。ヴァンドロスは 1980年代に 2曲のビルボード R&B チャートでのナンバー 1 ヒットを発表していて、1986年の「Stop to Love」と、グレゴリー・ハインズとのデュエットの「There's Nothing Better Than Love」である[9]。ヴァンドロスは、アレサ・フランクリンのゴールド・ディスクであるアルバム『Jump to It』のプロデューサーを務めた。そして、次作となる 1983年の『Get It Right』のプロデューサーも務めたが、期待はずれに終わった。1983年は、ディオンヌ・ワーウィックのアルバム『How Many Times Can We Say Goodbye』のプロデュースも務め、デュエットで参加したタイトル曲はホット 100で 27位(R&B チャートで 7位、アダルト・コンテンポラリで 4位)を記録した[10][7]

1985年、ルーサー・ヴァンドロスはテレビ番組『スター・サーチ』で、出場者のジミー・サルベミーニ(Jimmy Salvemini)の才能に目をつけた。ヴァンドロスは、サルベミーニのアルバムを制作した。アルバムが完成した直後である 1986年1月12日、ヴァンドロスの運転する車に、ジミー・サルベミーニと兄のラリーが乗っている状態で衝突事故が発生した。事故により、ラリー・サルベミーニは亡くなり、ヴァンドロスとジミー・サルベミーニは生き残った。サルベミーニ家はヴァンドロスに対して訴訟を起こし、結果的に 70万ドルをヴァンドロスがサルベミーニ家へ支払うことで示談となった。サルベミーニのアルバム『Roll With It』は、翌年発売された。

1989年のコンピレーション・アルバム『The Best of Luther Vandross... The Best of Love』に収録されたバラード「Here and Now」は、ビルボード・ポップ・チャートで初めてのトップ 10 ヒットとなり、最高 6位まで上昇した[7]。そして、第33回グラミー賞で最優秀男性 R&B 歌唱賞を受賞し、初めてのグラミー賞受賞となった[7]

1990年代に発表したアルバム達は、立て続けに成功した。まず、1991年に発表したアルバム『Power of Love』は、ポップ・チャートでトップ 10 ヒットを 2曲生み出し、「Power of Love/Love Power」が第34回グラミー賞で最優秀男性 R&B 楽曲賞を受賞した[7]。1992年の映画『モー・マネー』で使われたジャネット・ジャクソンとのデュエット曲「The Best Things in Life Are Free」は、ポップ・チャートでトップ 10 ヒットとなった[7]

1993年にはロバート・タウンゼンドの映画『スーパーヒーロー・メテオマン』で、殺し屋の役を演じた。11月に発売されたフランク・シナトラのアルバム「Duets」で「The Lady Is a Tramp」をデュエットした。

1994年に発表したマライア・キャリーとのデュエット曲「エンドレス・ラブ」(ライオネル・リッチーダイアナ・ロスのカバー)では、またトップ 10 ヒットとなった[7]。なお、ヴァンドロスは 1981年から 1994年までの間、毎年 R&B チャートでトップ 10 ヒットを記録している。1997年には、3回目のグラミー賞獲得となる第39回グラミー賞の最優秀男性 R&B 歌唱賞を「Your Secret Love」で受賞した[7]

2回目のグレイテスト・ヒッツ・アルバムを 1997年に発表した後、エピック・レコードからヴァージン・レコードへ移り『I Know』を発表した。しかしセールス面では失敗に終わった(彼のオリジナルアルバムとしては唯一プラチナディスク(全米セールス100万枚以上)を逃し、またBillboard R&Bチャートでトップ3を逃したのも唯一である)。この1枚のみでヴァージンとの契約を解消。クライヴ・デイヴィスのレーベルである J Records と契約し、2001年に『Luther Vandross』を発表した。

また、マイケル・ジャクソンとも親交が深く、2001年9月10日に行われた「マイケルジャクソン30周年記念コンサート」に出演し、アッシャー98°と共に「Man In The Mirror」を披露した。しかし、その翌日、アメリカ同時多発テロ事件が起き、それに衝撃を受けたマイケルはチャリティーソングとして「What More Can I Give」を企画し、マライア・キャリーセリーヌ・ディオンジャスティン・ティンバーレイクグロリア・エステファンといった大物アーティストと共に参加した。

2003年に、ヴァンドロスはアルバム『Dance With My Father』を発表した。そのタイトル曲は、亡き父との幼い頃にダンスした思い出がテーマになっているもので、共作者のリチャード・マークスとともに、第46回グラミー賞最優秀楽曲賞を受賞した[7]。また、この曲は同時に 4回目となる最優秀男性 R&B 歌唱賞を受賞した。アルバムは、Billboard 200(総合アルバムチャート)で初めてとなる 1位を記録した[7]。グラミー賞で初の最優秀R&Bアルバム賞に輝き、またビヨンセとのデュエット「The Closer I Get to You」(ダニー・ハサウェイ&ロバータ・フラックのカバー)も最優秀R&Bデュオ/グループ賞を受賞した。アルバムからの 2nd シングル「Think About You」は、2004年のアーバン・アダルト・コンテンポラリ・ソングで 1位に輝いた。

2003年 - 2005年 : 病気と死[編集]

ヴァンドロスは糖尿病高血圧を患っていて、それらは遺伝で引き継がれたものだった。

2003年4月16日、ヴァンドロスはマンハッタンの自宅で、脳卒中にて倒れた。倒れたときは、アルバム『Dance With My Father』にボーカルを録音し終えたばかりだった。アルバムの制作は、1989年から交流が続いているポップ・スターのリチャード・マークスが手伝った。『Dance With My Father』は、ヴァンドロスにとって最初で最後の初登場 1位記録作品となった[7]。このアルバムは、アメリカ合衆国だけで 300万枚売れ、タイトル曲は 2004年にグラミー賞の最優秀楽曲賞を獲得した[7]

2004年のグラミー賞では、ヴァンドロスはビデオテープで最優秀楽曲賞の受賞コメントを話した。「僕がさよならを言うときでも、永遠ではないでしょう。なぜなら僕は愛の力 (Power of Love) を信じているから。」テレビ番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』での例外を除くと、ヴァンドロスは二度と人前に現れることはなくなった。

ヴァンドロスは、2005年7月1日にニュージャージー州エジソンで、54歳で亡くなった。死因は心筋梗塞だった。

葬儀はニューヨーク市にて 2005年7月8日に行われた。葬儀には、親友のスティービー・ワンダーをはじめ、アレサ・フランクリンディオンヌ・ワーウィックパティ・ラベルアッシャーアリシア・キーズシシー・ヒューストン(ホイットニー・ヒューストンの母)等、大物アーティストが参列した。2日後、ニュージャージー州のジョージ・ワシントン共同墓地に埋葬された。

代表曲[編集]

  • "Glow of Love" (Change 名義)
  • "Never Too Much"
  • "A House Is Not a Home"
  • "Give Me The Reason"
  • "Any love"
  • "Endless Love"(マライア・キャリーとのデュエット)
  • "Dance with My Father"

ディスコグラフィ[編集]

  • ネヴァー・トゥー・マッチ - Never Too Much (1981年)
  • フォーエバー・ラブ - Forever, For Always, For Love (1982年)
  • ビジー・ボディ - Busy Body (1983年)
  • マンハッタン・ナイト・ラブ - The Night I Fell in Love (1985年)
  • ギブ・ミー・ザ・リーズン - Give Me the Reason (1986年)
  • エニー・ラブ - Any Love (1988年)
  • パワー・オブ・ラブ - Power of Love (1991年)
  • 愛はミラクル - Never Let Me Go (1993年)
  • ソングス - Songs (1994年) - カバーアルバム
  • ラヴ・クリスマス - This Is Christmas (1995年)
  • 愛の秘密 - Your Secret Love (1996年)
  • アイ・ノー - I Know (1998年)
  • ルーサー・ヴァンドロス - Luther Vandross (2001年)
  • ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー - Dance With My Father (2003年)
  • ライヴ・アット・ラジオ・シティー・ミュージック・ホール - Live 2003 at Radio City Music Hall (2003年)

ベストアルバム[編集]

  • ベスト・オブ・ルーサー・バンドロス - The Best of Luther Vandross... The Best of Love (1989年)
  • ザ・ベスト2 - One Night with You: The Best of Love, Volume 2 (1997年)
  • オールウェイズ&フォーエバー~ザ・クラシックス - Always & Forever: The Classics (1998年)
  • スーパー・ヒッツ - Super Hits (2000年)
  • エッセンシャル・ルーサー・ヴァンドロス - The Essential Luther Vandross (2003年)
  • ルーサー・ヴァンドロス ベスト・コレクション - Artist Collection: Luther Vandross (2004年)
  • パーフェクト・ベスト - The Ultimate Luther Vandross (2006年)
  • エッセンシャル・ミックス - Essential Mixes (2010年)

受賞歴[編集]

グラミー賞
部門 作品名 ジャンル 結果
1982 最優秀新人賞 共通 ノミネート
最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Never Too Much R&B ノミネート
1983 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Forever, For Always, For Love R&B ノミネート
1986 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 The Night I Fell in Love R&B ノミネート
1987 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Give Me the Reason R&B ノミネート
最優秀 R&B 楽曲賞 Give Me the Reason
(shared with Nat Adderley, Jr.)
R&B ノミネート
1989 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Any Love R&B ノミネート
最優秀 R&B 楽曲賞 Any Love
(shared with Marcus Miller)
R&B ノミネート
1990 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 She Won't Talk to Me R&B ノミネート
1991 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Here and Now R&B 受賞
1992 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Power of Love R&B 受賞
最優秀 R&B 楽曲賞 Power of Love/Love Power
(shared with Marcus Miller & Teddy Vann)
R&B 受賞
最優秀 R&B 歌唱賞 - デュオ/グループ Doctor's Orders
(shared with Aretha Franklin)
R&B ノミネート
1993 最優秀 R&B 歌唱賞 - デュオ/グループ The Best Things in Life Are Free
(shared with Janet Jackson)
R&B ノミネート
1994 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 How Deep Is Your Love R&B ノミネート
1995 最優秀ポップ歌唱賞 - 男性 Love the One You're With ポップス ノミネート
最優秀ポップ・コラボレーション歌唱賞 Endless Love
(shared with Mariah Carey)
ポップス ノミネート
最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Always and Forever R&B ノミネート
最優秀 R&B アルバム賞 Songs R&B ノミネート
1997 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Your Secret Love R&B 受賞
最優秀 R&B 楽曲賞 Your Secret Love
(shared with Reed Vertelney)
R&B ノミネート
1998 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 When You Call On Me / Baby That's When I Come Runnin' R&B ノミネート
1999 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 I Know R&B ノミネート
1999 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 I Know R&B ノミネート
2003 最優秀トラディショナル R&B 歌唱賞 - 男性 Any Day Now R&B ノミネート
2004 最優秀楽曲賞 Dance with My Father
(shared with Richard Marx)
共通 受賞
最優秀 R&B アルバム賞 Dance with My Father R&B 受賞
最優秀 R&B 歌唱賞 - デュオ/グループ The Closer I Get to You
(shared with Beyonce)
R&B 受賞
最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Dance with My Father R&B 受賞
最優秀 R&B 賞 Dance with My Father
(shared with Richard Marx)
R&B ノミネート
2007 最優秀 R&B 歌唱賞 - 男性 Got You Home R&B ノミネート

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Luther Vandross”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ Seymour 2004, p. 16
  3. ^ Seymour 2004, p. 15
  4. ^ 20世紀前半のニューヨーク州知事であるアル・スミスの生誕地近くにある公営住宅
  5. ^ http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/2975731.stm
  6. ^ かつて存在したアトランティック・レコードの子会社
  7. ^ a b c d e f g h i j k l Luther Vandross > AllMusic”. Awards. 2012年6月30日閲覧。
  8. ^ Stewart, Zan (2009年9月10日). “Born to swing: Nat Adderley Jr. returns to his roots”. The Star-Ledger. 2009年9月10日閲覧。
  9. ^ .Artist Chart History
  10. ^ Artist Chart History


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]