ショーン・タン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・タン
Shaun Tan
Tan, Shaun (WFA).jpg
2007年の世界幻想文学大賞にて
誕生 1974年
オーストラリア フリーマントル
職業 イラストレーター絵本作家映像作家
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
ジャンル ファンタジー児童文学
代表作 The Lost Thing(1999年)・The Red Tree(2001年)・The Arrival(2006年)
主な受賞歴  多数
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ショーン・タンShaun Tan1974年 - )は、オーストラリアイラストレイター絵本作家映像作家。『レッドツリー』『アライバル』など大人向けの絵本作品で知られる。

西オーストラリア州フリーマントルに出生。マウント・ローリーのスタジオにて数年間フリーランサーとして活動したのち、2007年よりビクトリア州メルボルンを拠点に活動。マレーシアから西オーストラリアに移住した父の経歴が作風に影響を与えている。2008年、文章をいっさい入れずに描かれた作品(グラフィック・ノベル)『アライバル』にてアングレーム国際コミック・フェスティバル最優秀作品賞受賞。そのほか世界幻想文学大賞アーティスト部門、ヒューゴー賞プロ・アーティスト部門、ディトマー賞最優秀芸術部門、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞など多数の受賞がある。

主な作品[編集]

  • The Lost Thing1999年  日本語版『ロスト・シング』 岸本佐知子訳、河出書房新社、2012年。 - 2010年に短編アニメーションとして映像化。アカデミー短編アニメ賞受賞
  • The Red Tree2001年 日本語版『レッドツリー』 早見優訳、今人舎、2011年。
  • The Arrival2006年 日本語版『アライバル』河出書房新社、2011年。 - グラフィック・ノベル。あとがきの翻訳は小林美幸
  • Tales from Outer Suburbia2008年 日本語版『遠い町から来た話』 岸本佐知子訳、河出書房新社、2011年。 - 短編集
    • 「水牛」
    • 「エリック」
    • 「壊れたおもちゃ」
    • 「遠くに降る雨」
    • 「底を流れるもの」
    • 「お祖父さんのお話」
    • 「他にはない国」
    • 「棒人間たち」
    • 「名前のない祝日」
    • 「記憶喪失装置」
    • 「備えあれば」
    • 「葬送」
    • 「ペットを手作りしてみよう」
    • 「ぼくらの探検旅行」
    • 「カメ救出作戦の夜」
  • Eric2010年 日本語版『エリック』 岸本佐知子訳、河出書房新社、2012年。
  • Bird King and Other Sketches2011年 日本語版『鳥の王さま ---ショーン・タンのスケッチブック』 岸本佐知子訳、河出書房新社、2012年。

出典・参考文献[編集]

  • ショーン・タン 『アライバル』 河出書房新社、2011年(あとがき)

外部リンク[編集]