ウィリアム・A・ウェルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・A・ウェルマン
William A. Wellman
本名 William Augustus Wellman
生年月日 1896年2月29日
没年月日 1975年12月9日(満79歳没)
出生地 マサチューセッツ州ブルックライン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
ジャンル サイレント映画トーキー
配偶者 Helene Chadwick (1918–1923)
Margery Chapin (1925–1926)
Marjorie Crawford (1931–1933)
Dorothy Coonan (1934–1975)

ウィリアム・A・ウェルマンWilliam A. Wellman, 本名: William Augustus Wellman, 1896年2月29日 - 1975年12月9日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の映画監督である。

略歴[編集]

第一次世界大戦中にはフランス外人部隊に参加し、フランスでラファイエット空軍に属してエース・パイロットとして活躍した。プロ・ホッケー選手として活躍する姿をダグラス・フェアバンクスに注目されたことが映画界入りのきっかけとなった。1920年にゴールドウィン社に入社し、俳優や裏方仕事を経て1923年の『男の中の男』が初監督作品。

1927年に第一次世界大戦中に活躍するパイロットを描いた『つばさ』の監督に抜擢される。自身の経験を生かしたこの作品は第一回アカデミー作品賞を受賞した。『つばさ』のような航空映画だけでなく、『民衆の敵』をはじめとするギャング映画など、その活動範囲は多岐にわたる。

戦間期に多くの作品を作り、これらは当時の米国の世相を色濃く反映したものになっている。また、作品を通じてスター俳優・女優を育て上げ、戦前のハリウッド映画興隆に大きく貢献した。

完璧主義から製作会社のパラマウント映画や俳優たちと衝突を繰り返し、何度もクビになりかけたという。

1975年(昭和50年)12月9日、死去した。満79歳没。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を残す。

主な監督作品[編集]

  • つばさ Wings (1927)
  • 暗黒街の女 Ladies of the Mob (1928)
  • 民衆の敵 The Public Enemy (1931)
  • 都会の世紀末 The Star Witness (1931)
  • 真夜中の処女 Midnight Mary(1933)
  • 飢ゆるアメリカ Heroes for Sale (1933)
  • 野性の叫び The Call of the Wild (1935)
  • ロビン・フッドの復讐 Robin Hood of El Dorado (1936)
  • スタア誕生 A Star Is Born (1937)
  • ボー・ジェスト Beau Geste (1939)
  • 西部の王者 Buffalo Bill (1944)
  • G・I・ジョウ The Story of G.I Joe (1945)
  • 戦場 Battleground (1949)
  • ミズーリ横断 Across the Wide Missouri (1951)
  • 紅の翼 The High and the Mighty (1954)
  • 中共脱出 Blood Alley (1955)

外部リンク[編集]