ウィリアム・サローヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・サローヤン
(William Saroyan)
William Saroyan.jpg
誕生 1908年8月31日
フレズノ
死没 1981年5月18日
フレズノ
職業 作家、劇作家、
国籍 アメリカ合衆国の旗
活動期間 1934年 - 1980年
代表作 『わが名はアラム』
主な受賞歴 ピューリッツァー賞(戯曲部門)(本人は辞退)
処女作 『空中ブランコに乗った若者』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ウィリアム・サローヤン(William Saroyan、1908年8月31日 - 1981年5月18日)はアメリカの小説家・劇作家。アメリカの庶民を明るく書いた。サロイヤンとも表記する。

生涯[編集]

トルコ東部から1905年にアメリカへ移住したアルメニア人の末子として、カリフォルニア州フレズノに生まれた。一歳半のとき父を喪い、4人の兄姉とオークランドの孤児院に入り、5年後、女工の母に引き取られた。学業半ばの12歳のときから、電報配達や新聞売り子などで稼いだ。作家を志し、1930年ころから、雑誌や新聞に書いた。

1934年(26歳)、ストーリー誌(Story)に載せた『空中ブランコに乗った若者』によって知られ、以降、庶民の哀歓を、平易な文体で、明るくほろ苦く綴り続けた。映画の台本も書いた。

1938年30歳のときの『わが心高原に』と、翌年の『君が人生の時』がブロードウェイであたり、1940年、後者に演劇部門のピューリッツァー賞が与えられたが、辞退した。同年出版の『我が名はアラム』は各国語に翻訳され、日本でも、真珠湾攻撃直前の1941年11月に、清水俊二の訳書が六興出版から刊行された。

1943年(35歳)、シナリオを小説にした『ヒューマン・コメディ』を2月に出版し、翌月映画が公開され、1944年、それによりアカデミー最優秀脚本賞を受けた。これは『町の人気者』の題名で、1947年日本に公開された。

1943年、まだ19歳だった女優のキャロル・マーカス(Carol Marcus)と結婚し、2児を得たが、彼の性格と生活態度が原因で、1949年離婚し、1951年復縁し、そして翌年離婚した。サローヤンはまさに作家の絶頂期にあったが、キャロルによると無類のギャンブル好きで、暴力も激しかった。子供たちは、母親が父親に投げられ首を絞められるところを見ていた[1]。離婚後、子らはキャロルと暮らし、彼は、カリフォルニアの家やパリアパートで独り暮らしした。

夏休みの子らをヨーロッパに連れることもあったが、しだいに疎隔した。庶民の哀歓を明るく綴り続けた作家は、必ずしも温かい夫、優しい父親でなかった。

息子のアラム(Aram Saroyan)(1943 - )は作家に、娘のリュシー(Lucy Saroyan)(1946 - 2003)は女優に、成長した。妻だったキャロルは、1959年ウォルター・マッソーと再婚した。

1981年、前立腺ガンで、フレズノに没し、遺骨はカリフォルニアとアルメニアとに埋葬された。

おもな著作[編集]

日本訳がある作品は太字に書く。その行末の数字は「おもな翻訳書」の項の、行頭の数字に対応する。

小説[編集]

  • 1933年:『七万人のアッシリア人』(Seventy Thousand Assyrians) 1
  • 1934年:『空中ブランコに乗った若者』(The Daring Young Man on the Flying Trapeze) 2
  • 1936年:『吸って吐いて』(Inhale and Exhale)
  • 1936年:『三掛ける三』(Three Times Three)
  • 1937年:『リトル・チルドレン』(Little Children) 3
  • 1939年:『平和、それは素晴らしい』(Peace, It's Wonderful)
  • 1940年:『わが名はアラム』(My Name Is Aram) 4、5
  • 1941年:『冬を越したハチドリ』(The Hummingbird That Lived Through Winter) 2
  • 1943年:『ヒューマン・コメディ』(The Human Comedy) 6、7
  • 1944年:『ディア・ベイビー』(Dear Baby) 2
  • 1946年:『ウエズリー・ジャクソンの冒険』(The Adventures of Wesley Jackson)
  • 1950年:『アッシリア人たち』(Assyrians)
  • 1951年:『ロック・ワグラム』(Rock Wagram) 8
  • 1951年:『トレーシーの虎』(Tracy's Tiger)
  • 1953年:『どこかで笑ってる』(The Laughing Matter) 9
  • 1956年:『ママ・アイラブユー』(Mama I Love You) 10
  • 1956年:『サローヤン短編集』(The Whole Voyard) 11
  • 1957年:『パパ・ユーアークレイジー』(Papa You're Crazy) 12
  • 1962年:『ガストン』(Gaston)
  • 1964年:『世界の午後の一日』(One Day in the Afternoon of the World) 13、14
  • 1968年:『昔は永遠を持っていると信じていたが、今は確かでない』(I Used to Believe I Had Forever, Now I'm Most So Sure)
  • 1968年:『高地魂をもった男』(The Man With The Heart in the Highlands) 15

戯曲[編集]

  • 1938年:『わが心高原に』(My Heart's in the Highlands) 16、17、18
  • 1939年:『君が人生の時』(The Time of Your Life) 16
  • 1940年:『懐かしき愛の歌』(Love's old Sweet Song)
  • 1941年:『おーい助けてくれ』(Hello Out There) 16、18
  • 1942年:『夕空晴れて』(Coming Through the Rye) 16
  • 1947年:『腹を立てて帰らないで』(Don't Go Away Mad)
  • 1958年:『洞窟の住人』(The Cave Dwellers)

自伝・回想録[編集]

  • 1952年:『ビヴァリー・ヒルズの自転車乗り』(The Bicycle Rider in Beverly Hills)
  • 1961年:『ご存じ、来る人去る人』(Here Comes There Goes You Know Who)
  • 1963年:『死ぬのではなく』(Not Dying)
  • 1978年:『思いがけない出会い』(Chance Meetings)

作詞[編集]

おもな翻訳書[編集]

行頭の番号は、「おもな著作」の項の、行末の数字に対応する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Obituary Carol Matthau, The Guadian, 11 August 2003

出典[編集]

英語版ウィキペディアほかのウェブ情報と、

  • 「清水俊二訳、「わが名はアラム」、晶文社 文学のおくりもの28(1980)」巻末の、清水俊二:『ウィリアム・サロイヤンについて』
  • 「古沢安二郎訳、「サローヤン短編集」、新潮文庫(1958)」巻末の、『あとがき』
  • アラム・サロイヤン:『和解 父サロイヤンとのたたかい』、諸岡敏行訳、晶文社(1985) ISBN 9784794922601
  • 江上卓ほか編:新潮世界文学辞典(1990) ISBN 9784107302090
  • 篠田一士ほか編:集英社世界文学事典(2002) ISBN 9784081430079

外部リンク[編集]