ベン・ヘクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・ヘクト
Ben Hecht
Ben Hecht
1949年撮影の宣材写真
生年月日 1894年2月28日
没年月日 1964年4月18日(満70歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
職業 脚本家、劇作家、小説家
ジャンル 映画、舞台
活動期間 1926年 - 1964年
配偶者 メアリー・アームストロング(1916年 - 1926年)※離婚
ローズ・ケイラー(1926年 - 1964年)※死別
著名な家族 エドウィナ・アームストロング(娘、女優)
ジェニー・ヘクト(娘、女優)
主な作品
フロント・ページ』(1928年)

ベン・ヘクトBen Hecht1894年2月28日 - 1964年4月18日)は、アメリカ合衆国の脚本家、劇作家、小説家、映画プロデューサー。

ハリウッドブロードウェイを代表する最も偉大な脚本家の1人として知られ、数々の名作を残している。アカデミー賞では6回のノミネートで2回の受賞を果たしている(詳細は後述)。

劇作家としての代表作には、チャールズ・マッカーサー (Charles MacArthurとの共作である『フロント・ページ』(1928年)がある。これは『犯罪都市』(1931年)『ヒズ・ガール・フライデー』(1940年)『フロント・ページ』(1974年)『スイッチング・チャンネル』(1988年)といった4度の映画化だけでなく、テレビドラマとしても何度も映像化されている他、1982年には『Windy City』としてミュージカル化もされている。

略歴[編集]

ロシア系ユダヤ人の移民の子としてニューヨークに生まれ、その後、家族でウィスコンシン州ラシーンに移り、そこで高校までを過ごす。

1910年に高校を卒業すると、親戚を頼ってシカゴに移り、ジャーナリストとしてのキャリアをスタートさせる。最初はシカゴ・ジャーナルで記者として働き、後にシカゴ・デイリー・ニュース (Chicago Daily Newsで働くようになる。この記者としての経験が、後の戯曲『フロント・ページ』の創作に活かされ、また活き活きとした文体と筆の速さを培った。またこの時期に、記者仲間で後に様々な作品でパートナーとなるチャールズ・マッカーサーと出会う。

記者としての仕事のかたわら、舞台劇の脚本を書くようになり、その後、チャールズ・マッカーサーと共にニューヨークに渡って劇作家として活動するようになる。ニューヨークで活動中の1926年に友人の脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツから受け取った電報がきっかけとなり、ハリウッドに移って映画の脚本を書くようになる。

シオニストとして知られ、ヨーロッパにおけるユダヤ人の窮状を伝える記事や戯曲を執筆している。また、イギリス統治下にあったパレスチナにおけるユダヤ人の反英運動(破壊工作など)を積極的に支援したことから、彼の作品はイギリスボイコットを受けた。このボイコットを避けるため、1940年代後半から1950年代前半にかけて、多くの映画脚本をクレジットなし(匿名など)で執筆している。

1964年4月18日ニューヨーク市マンハッタンの自宅で心筋梗塞により死去。

エピソード[編集]

マーガレット・ミッチェルの世界的ベストセラー小説『風と共に去りぬ』の映画化に際し、プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックから1万ドルで脚色を任されるが、クレジットはされなかった。同作で脚本家としてクレジットされたシドニー・ハワードアカデミー脚色賞を受賞したのに対し、チャールズ・マッカーサーと共同で脚色を担当した『嵐が丘』はノミネートにとどまった。

私生活[編集]

最初の妻メアリー・アームストロングとの間に生まれた娘エドウィナ・アームストロング(1916年 - )は後に女優になった。メアリーとの離婚後に再婚したローズ・ケイラーとの間に生まれた娘ジェニー・ヘクト(1943年 - 1971年)も女優になったが、薬物の過剰摂取のため、1971年に27歳の若さで亡くなった。

アカデミー賞[編集]

部門 候補作 結果
第1回0(1927年/28年) 原案賞 暗黒街 受賞
第7回0(1934年) 脚色賞 奇傑パンチョ ノミネート
第8回0(1935年) 原案賞 生きているモレア 受賞
第12回(1939年) 脚色賞 嵐が丘 ノミネート
第13回(1940年) 脚本賞 紐育の天使 ノミネート
第19回(1946年) 脚本賞 汚名 ノミネート

主な脚本・脚色担当作品[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]