海外特派員 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海外特派員
Foreign Correspondent
ジョエル・マクリー
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 チャールズ・ベネット
ジョーン・ハリソン
製作 ウォルター・ウェンジャー
出演者 ジョエル・マクリー
ラレイン・デイ
ハーバート・マーシャル
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ルドルフ・マテ
編集 オットー・ラヴァーリング
ドロシー・スペンサー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗インターナショナル・プロモーション
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年8月16日
日本の旗 1976年9月11日[1]
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 150万ドル(当時)
テンプレートを表示

海外特派員』(Foreign Correspondent)は、1940年アメリカ映画アルフレッド・ヒッチコックのハリウッドにおける二作目の映画作品であり、第二次世界大戦前夜の欧州を舞台としたサスペンスである。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦の直前、アメリカの新聞記者ジョン(ジョニー)・ジョーンズは、特派員としてヨーロッパに派遣された。ロンドンで、和平の鍵を握るオランダの政治家ヴァン・メアへの取材を試みるジョニー。平和運動家で富豪のフィッシャーが、ヴァン・メアの歓迎パーティーを開き、その席でジョニーは、フィッシャーの娘キャロルと知り合った。

平和会議の取材のために、アムステルダムへ向かうジョニー。その会場でヴァン・メアが射殺された。犯人を追跡したジョニーは、郊外の風車に辿り着くが、そこには死んだはずのヴァン・メアが捕らわれていた。射殺されたのは替え玉で、全てはドイツのスパイ組織がヴァン・メアの持つ機密情報を得るために仕組んだ陰謀だったのだ。

スパイ組織の殺し屋の手を逃れ、キャシーと共にロンドンに戻るジョニー。だが、キャシーの父であるフィッシャーの屋敷には、風車で目撃した拉致犯の一人の姿があった。ドイツ人のフィッシャーは、祖国のためにスパイ組織に協力し、心ならずもヴァン・メア拉致事件を首謀していたのだ。

何も知らないキャロルに恋心を抱きながらも、フィッシャーとの駆け引きにキャロルを利用するジョニー。ヴァン・メアの救出には成功したが、ジョニーの行動に不審を抱いたキャロルは、父と共にアメリカに渡ることを決めていた。英・仏の対独宣戦により、ついに戦争が始まったのだ。

フィッシャー父娘と同じ飛行機でアメリカに向かうジョニー。ヴァン・メアの証言によって事件の全貌が明かされ、フィッシャーはアメリカの空港に着陸次第、逮捕されることになった。覚悟を決めて、娘のキャロルに真実を告げるフィッシャー。

ドイツ軍艦の攻撃で、ジョニーたちの飛行機は海面に不時着した。生存者たちに居場所を譲り、自ら海中に没するフィッシャー。ジョニーとキャロルはアメリカの戦艦に救助され、新聞社にスクープ記事を送ることに成功した。後にキャロルと共にロンドンに戻ったジョニーは、激しい空襲の最中にも、ラジオで熱心に戦況を伝え続けた[2]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • ジョン(ジョニー)・ジョーンズ: ジョエル・マクリー
  • キャロル・フィッシャー: ラレイン・デイ
  • スティーグン・フィッシャー: ハーバート・マーシャル
  • スコット・フォリオット: ジョージ・サンダース
  • ヴァン・メア: アルバート・バッサーマン
  • ステビンズ: ロバート・ベンチュリー
  • パワーズ編集長: ハリー・ダヴェンポート

脚注[編集]

  1. ^ 日本では劇場公開以前に度々テレビ放映された。
  2. ^ ラジオ局での主人公の熱弁は、この日スタジオを訪問していたジョン・フォード監督によって、偶発的に演技指導された。(紀伊国屋版DVD『海外特派員』解説書)

外部リンク[編集]