疑惑の影 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
疑惑の影
Shadow of a Doubt
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 ソーントン・ワイルダー
アルマ・レヴィル
サリー・ベンソン
原作 ゴードン・マクドネル
製作 ジャック・H・スカーボール
出演者 テレサ・ライト
ジョゼフ・コットン
マクドナルド・ケリー
パトリシア・コリンジ
音楽 ディミトリ・ティオムキン
チャールズ・プレヴィン
撮影 ジョセフ・ヴァレンタイン
編集 ミルトン・カルース
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1943年1月12日
日本の旗 1946年12月17日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

疑惑の影』(ぎわくのかげ、英語: Shadow of a Doubt)は、1943年アメリカ映画

原作:ゴードン・マクドネル、主演:テレサ・ライトジョゼフ・コットン 、監督:アルフレッド・ヒッチコック。1958年にハリー・ケラー(Harry Keller)監督作品『Step Down to Terror』としてリメイクされた。

ストーリー[編集]

カルフォルニアの静かな田舎町サンタ・ローザの駅に、謎の男チャーリー・オークリーが降り立った。未亡人連続殺人事件の容疑者として警察に追われる身のチャーリーは、体調を崩し、妹の嫁ぎ先であるニュートン家を頼って来たのだ。

ニュートン家の長女で、叔父と同じ名前を持つ娘チャーリーは、田舎暮らしを退屈に思い、羽振りのいい実業家の叔父に憧れていた。そんな姪っ子に、高価な指輪をプレゼントする叔父のチャーリー。だが、その指輪には、見知らぬ他人のイニシャルが彫り込まれていた。

ニュートン家を、政府の調査員と称する二人の男が訪れた。この二人は、実は東部から派遣された刑事だった。刑事の一人である青年ジャック・グラハムは、美しい姪のチャーリーに好意を持ち、叔父にかけられた容疑を話して協力を求めた。

家族には何も語らず、一人で叔父と対峙する姪のチャーリー。叔父は容疑を否認し、騒ぎ立てれば家族の名誉も損なわれると姪を脅した。叔父は本当に無実なのか? 疑問を深める姪っ子に、町を出ると話す叔父のチャーリー。見送りのために列車に乗り込んだ姪のチャーリーは、叔父と最後の対決をすることになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
BD版
チャーリー・ニュートン テレサ・ライト 小島幸子
チャールズ・オークリー ジョゼフ・コットン 堀内賢雄
ジャック・グラハム マクドナルド・ケリー 阪口周平
エマ・ニュートン パトリシア・コリンジ 野村須磨子
ジョセフ・ニュートン ヘンリー・トラヴァース 田原アルノ
ソーンダース ウォーレス・フォード 新田英人
ハーブ ヒューム・クローニン 長谷川俊介


主な受賞歴[編集]

第16回アカデミー賞原案賞ゴードン・マクドネル)ノミネート

外部リンク[編集]