パラダイン夫人の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラダイン夫人の恋
The Paradine Case
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 デヴィッド・O・セルズニック
ジェームズ・ブリディ
原作 ロバート・S・ヒチェンス
製作 デヴィッド・O・セルズニック
出演者 グレゴリー・ペック
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 リー・ガームス
公開 アメリカ合衆国の旗 1947年12月31日
日本の旗 1953年2月19日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,258,000
テンプレートを表示

パラダイン夫人の恋(The Paradine Case)は、1947年の米国映画。

概要[編集]

「白い恐怖」「汚名」に続く、ヒッチコック監督、アメリカ時代の作品(セルズニック製作、1947年)。撮影はリー・ガームス、音楽はフランツ・ワックスマン。主演は「白い恐怖」のグレゴリー・ペックと、「第三の男」のアリダ・ヴァリ(本作品が米映画初出演)で、チャールズ・ロートン、チャールズ・コバーンらが助演している。

あらすじ[編集]

近代のロンドン。目の不自由なパラダイン大佐が殺害され、夫人が提訴される事件が起こる。裁判を担当することになった弁護士アンソニーは、やがて夫人の美しく妖しい魅力にとりつかれ、彼女の無実を証明しようと躍起になるのであった。しかし疑いの目が大佐の世話人ラトゥールに向いたことからアンソニーは事件の意外な真実に気づいてゆく・・・

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

  • パブリックドメインDVD版(発売元:ミック・エンターテイメント)

外部リンク[編集]