ジェニーの肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェニーの肖像』(ジェニーのしょうぞう、原題:Portrait of Jennie)は、1939年に発行されたロバート・ネイサンの小説。また、それを原作とする1948年アメリカ映画。『ジェニイの肖像』や『ジェニィの肖像』と表記されることもある。

ストーリー[編集]

ある日、貧しい画家イーベン・アダムスはニューヨークセントラル・パークで昔の人のような服装をした不思議な少女ジェニーと出会う。 彼女をモデルに描いた絵が認められ、アダムスは画家として芽が出かける。 再びジェニーに出会ったアダムスは彼女が美しい女性に成長していることに驚く。

邦訳[編集]

映画[編集]

ジェニーの肖像
Portrait of Jennie
監督 ウィリアム・ディターレ
脚本 レオナルド・ベルコヴィッチ(潤色)
ポール・オズボーン
ピーター・バーネイズ
ベン・ヘクト[1]
デヴィッド・O・セルズニック[1]
原作 ロバート・ネイサン
製作 デヴィッド・O・セルズニック
製作総指揮 セシル・バーカー[1]
出演者 ジェニファー・ジョーンズ
ジョゼフ・コットン
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ジョセフ・オーガスト
リー・ガームズ[1]
編集 ウィリアム・モーガン
製作会社 セルズニック映画
配給 アメリカ合衆国の旗 セルズニック映画
日本の旗 東宝洋画部
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年12月25日
日本の旗 1951年7月3日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,041,000(見積値)[2]
テンプレートを表示

キャスト[編集]

小説との違い[編集]

  • ジェニーの姿を見ることができるのがアダムスだけになっている。

DVD[編集]

  • 『ジェニーの肖像』 ビクターエンタテインメント/日本ビクター 映像ソフト事業部 2001年4月
  • 『ジェニーの肖像』 ジュネス企画 2005年6月


他に『SF・ファンタジー映画の世紀』(別冊宝島1596 2009年1月 ISBN 978-4796669061)の付録として収録された。

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 撮影賞(白黒) ジョセフ・オーガスト ノミネート
特殊効果賞 ポール・イーグラー
J・マクミラン・ジョンソン
ラッセル・シェアマン
クラレンス・スリファー
チャールズ・フリーマン
ジェームス・G・スチュワート
受賞
ヴェネツィア国際映画祭 男優賞 ジョゼフ・コットン 受賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c d クレジットなし。Portrait of Jennie (1948) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月27日閲覧。
  2. ^ Portrait of Jennie (1948) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]