パンと恋と夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンと恋と夢
Pane, amore e fantasia
監督 ルイジ・コメンチーニ
脚本 ルイジ・コメンチーニ
エットーレ・マリア・マルガドンナ
製作総指揮 マルチェロ・ジロージ
出演者 ヴィットリオ・デ・シーカ
ジーナ・ロロブリジーダ
音楽 アレッサンドロ・チコニーニ
撮影 アルトゥーロ・ガッレア
編集 マリオ・セランドレイ
製作会社 ティタヌス
配給 イタリアの旗 ティタヌス
日本の旗 イタリフィルム / NCC
公開 イタリアの旗 1953年12月22日
フランスの旗 1954年5月19日
日本の旗 1955年7月9日
上映時間 93分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
次作 パンと恋と嫉妬
テンプレートを表示

パンと恋と夢』(パンとこいとゆめ、イタリア語: Pane, amore e fantasia)は、1953年(昭和28年)製作・公開、ルイジ・コメンチーニ監督によるイタリアの映画である[1][2]イタリア式コメディの1作。

略歴・概要[編集]

本作は、1953年にティタヌスが製作、ラツィオ州ローマ県ローマ市内にある同社撮影所でセット撮影、同県カステル・サン・ピエトロ・ロマーノロケーション撮影を行って完成、同社が配給して同年12月22日、イタリア国内で公開された[1]

1954年(昭和29年)に同国内のヴェネツィアで開かれた第4回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞、同年のナストロ・ダルジェント賞では、ヴィットリオ・デ・シーカの相手役を演じたジーナ・ロロブリジーダナストロ・ダルジェント主演女優賞を受賞した[1]。同年、続篇『パンと恋と嫉妬』が製作され、同年12月6日にイタリア国内で公開された[3]

日本では、1955年(昭和30年)にイタリフィルムが輸入し、同年7月9日ニッポンシネマコーポレーション(NCC)との共同配給により公開された[2]。日本でのビデオグラムは、1989年(平成元年)12月16日、ハピネットがVHSセルビデオとして発売、2008年(平成20年)5月29日、ウエストブリッジがDVDとして発売した[4]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c Bread, Love and Dreams, Internet Movie Database (英語), 2010年8月12日閲覧。
  2. ^ a b パンと恋と夢、キネマ旬報映画データベース、2010年8月12日閲覧。
  3. ^ Frisky - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  4. ^ パンと恋と夢、allcinema ONLINE、2010年8月12日閲覧。
  5. ^ Marcello Girosi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  6. ^ Gastone Medin - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  7. ^ Gino Rissone - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  8. ^ Ugo Pericoli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  9. ^ Vittoria Crispo - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  10. ^ Attilio Torelli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  11. ^ Alfredo Rizzo - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  12. ^ Giulio Battiferri - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  13. ^ Mario Meniconi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。
  14. ^ Violetta Gragnani - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]