ハーバート・ロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Herbert Lom
ハーバート・ロム
本名 Herbert Charles Angelo Kuchačevič ze Schluderpacheru
生年月日 1917年9月11日
没年月日 2012年9月27日(満95歳没)
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1937年 - 2004年
主な作品
戦争と平和
ピンク・パンサーシリーズ

ハーバート・ロム(Herbert Lom、1917年9月11日 - 2012年9月27日)はチェコスロヴァキアプラハ生まれの俳優。本名Herbert Charles Angelo Kuchačevič ze Schluderpacheru。

1930年代後半から1990年代前半まで、イギリス中心に多くの映画に出演し、個性派俳優として活躍した。『ピンク・パンサー』シリーズのドレフュス主任警部役で知られる。

経歴[編集]

1937年、チェコ映画でデビュー。1939年にイギリスに移住し、個性派俳優としてイギリスはじめヨーロッパ各国、アメリカの映画に出演する。1956年の映画『戦争と平和』ではナポレオンを演じた。1962年の『オペラの怪人』では主役の怪人ファントムを、1970年の『ドラキュラ/吸血のデアボリカ』ではヴァン・ヘルシングを演ずるなど、ホラー映画の分野でも活躍した。

1964年、『ピンク・パンサー』シリーズ第2作となるアメリカ映画『暗闇でドッキリ』にピーター・セラーズ演ずるクルーゾー警部の上司ドレフュス役で出演する。クルーゾーの言動に悩まされ精神に異常をきたす役柄を演じ、以降のシリーズ作品すべてにレギュラー出演した。第4作『ピンク・パンサー3』でのドレフュスは世界征服を企む大組織のボスを演じた。シリーズはセラーズの死後も継続し、ロムも最終作『ピンク・パンサーの息子』(1993年)まで計7度出演した。同作を最後に映画出演は途絶え、テレビへの出演記録が僅かに残っていた。

2012年9月27日に死去[1]。95歳没。

主な出演作品[編集]

日本語吹き替え声優[編集]

  • 内海賢二:『戦争と平和』(テレビ朝日版) - ナポレオン・ボナパルト :『暗闇でドッキリ』(テレビ東京版) :『ピンク・パンサー2』(ソフト版) :『ピンク・パンサー3』

  :『ピンク・パンサー4』 - ドレフュス主任警部:『ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝』(テレビ朝日版) - ボックナー大佐

  • 金尾哲夫:『戦争と平和』(ソフト版) - ナポレオン・ボナパルト
  • 北村弘一:『スパルタカス』(テレビ版) - ティグラネス
  • 内田直哉:『スパルタカス』(ソフト版) - ティグラネス 
  • 今西正男:『エル・シド』 - ベン・ユサフ
  • 寺島幹夫:『SF巨大生物の島』 - ネモ船長
  • 西田昭市:『暗闇でドッキリ』(テレビ朝日版) - ドレフュス本部長
  • 山内雅人:『ピンク・パンサー2』(テレビ版) - ドレフュス主任警部
  • 宮田光:『ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ』 - ドレフュス主任警部
  • 内田稔:『デッドゾーン』 - ウィーザック
  • 佐々木梅治:『ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝』(テレビ東京版) - ボックナー大佐
  • 石田太郎:『デス・リバー/失なわれた帝国』 - リカルド・ディアズ署長
  • 村松康雄:『ミス・マープル 牧師館の殺人』 - デュフォス教授

脚注[編集]

  1. ^ ピンクパンサーの署長、H・ロム氏死去 日刊スポーツ 2012年9月27日閲覧

外部リンク[編集]