ノラ・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノラ・ジョーンズ
Norah Jones
}
基本情報
出生名 Geethali Norah Jones Shankar
出生 1979年3月30日(35歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ジャズ
ソウル
カントリー
フォーク
ポップス
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ピアノ
活動期間 2001年代 - 現在
レーベル ブルーノート
公式サイト norahjones.com
ビリー・ホリデイ

ノラ・ジョーンズNorah Jones、本名:Geethali Norah Jones Shankar1979年3月30日 - )は、アメリカ合衆国ピアノ弾き語りジャズ歌手、ジャズ・ピアニスト女優。父はインドで最も有名な音楽家のひとりでビートルズにも影響を与えたシタール奏者ラヴィ・シャンカール、異母妹はイギリス人シタール奏者のアヌーシュカ・シャンカール。

ジャズのスタイルを取りながら、ソウルカントリーフォークポップスなど、アメリカのポピュラーミュージックの要素を採り入れたデビュー・アルバム『Come away with me』(邦題:『ノラ・ジョーンズ』)が全世界で1800万枚を売り上げ(累計で2300万枚を突破[1])、グラミー賞では主要4部門を含めノミネート部門すべてで受賞し、8冠を獲得。ビルボードのコンテンポラリー・ジャズ・アルバム・チャートで143週連続1位(2002年3月16日付〜2004年12月4日付)を記録するなどの記録を残した。2004年2月リリースのアルバム『フィールズ・ライク・ホーム』は、発売後5日目にミリオンセラーとなった。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第77位[2]

来歴[編集]

デビューまで[編集]

父ラヴィ・シャンカールと母スー・ジョーンズとの間にニューヨークで生まれた。3歳の時に両親は離婚、ニューヨークから2000キロ以上離れた母の故郷テキサス州ダラス近郊のグレープヴァインに移り住むことになった。生活を支えるために母スーは看護師として働き始め、兄弟もいないノラは家で一人となり、寂しさを母の持つ膨大な数のLPレコードで紛らわせた。彼女はそこから強い音楽的影響を受け、次第に地元テキサスで愛されたカントリー・ミュージックや当時流行のソウル・ミュージックのお気に入りの曲をピアノで弾き、歌うようになった[1]

5歳のとき教会の聖歌隊合唱団に所属。7歳の頃よりピアノのレッスンを始め、中学生の頃にはアルト・サックスを吹くこともあった。

  • 「ママが8枚組ビリー・ホリデイのアルバムを持っていて、アルバムの中から、好きで何度もなんども弾いた曲の入ったディスクを取り出したの。『ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド』("You go to my head")が大好きだった」

と語った言葉は有名となり、あちこちに引用されている。ビル・エヴァンスからも、この頃に影響を受けている。10代の頃にはモトリー・クルーガンズ・アンド・ローゼズウォレントポイズンM.C.ハマーニルヴァーナなどを愛聴するようになり、M.C.ハマーのコンサートが初めてのコンサート体験となった。[3][4]

15歳の頃、郊外のグレープヴァインからダラス中心街に移り住み、ダラスのブッカー・T・ワシントン高校でパフォーミングとヴィジュアル・アートを履修。16歳の誕生日に地元のコーヒーハウスで初のギグを行い、ビリー・ホリデイの持ち歌『アイル・ビー・シーイング・ユー(“I'll be seeing you”)』をエタ・ジェイムズのイメージで歌う。1996年、高校在学中にダウンビート学生音楽賞(Down Beat Student Music Awards)の「最優秀ジャズヴォーカリスト賞(Best Vocalist)」、「最優秀オリジナル作曲賞(Best Original Composition)」を獲得し、翌1997年にも同音楽賞で「最優秀ジャズヴォーカリスト賞」を受賞する。

高校卒業後、北テキサス大学ジャズ・ピアノを専攻。また、ラズロ(Laszlo)という名のバンドで、本人いうところの「ダークで、ジャジーなロック("dark, jazzy rock")」の曲を歌っていた。20歳の大学3年の夏、友人に誘われニューヨークのマンハッタンに旅行。

  • 音楽がわたしを引き留めたの。音楽業界はあまりにも巨大でとても刺激的。特に『ザ・リヴィング・ルーム』(The Living Room)みたいなところで凄いソングライターの曲を聴くのは楽しかったから、あらゆるものが私の能力を広げてくれるように思えて、帰る気にはなれなかったの」

と後に語ったように、1か月の予定で旅行に出たまま、大学へは戻らずウエイトレスの仕事をしながらマンハッタンで出会ったソングライターたちに刺激を受け、自分の曲を作り始める。1999年12月頃より1年ほどはファンク・フュージョンのバンド、ワックス・ポエティック(Wax Poetic)と共演する常連になった。まもなく、ソングライターのジェシー・ハリス(Jesse Harris)、ベースのリー・アレグザンダー(Lee Alexander)、ドラムスのドン・ライザー(Dan Rieser)とバンドを結成、ノラはヴォーカルとピアノを担当した。

デビュー[編集]

結成したバンドのデモを、2000年10月にブルーノートでレコーディング。これは、後にブルーノート・レーベルから『ファースト・セッションズ』(First Sessions)としてリリースされたが、現在は廃盤になっている。ブルーノート社長、ブルース・ランドヴァル(Bruce Lundvall)が、このデモ・テープを聴いてノラの素質を見抜き、2001年1月、ノラはブルーノートと契約することとなった。

ノラは、2001年5月からクレイグ・ストリート(Craig Street)によるプロデュースで、デビュー・アルバム『カム・アウェイ・ウイズ・ミー』("Come Away With Me" - 邦題: 『ノラ・ジョーンズ』)のレコーディングを開始。同年8月には、ロバータ・フラックアレサ・フランクリンダスティ・スプリングフィールドDusty Springfield)を手がけたアリフ・マーディン(Arif Mardin)によるプロデュースとなる。あまりにも高名なプロデューサーがついたので、最初ノラは口を利くのもはばかるほど怖い思いだったが、思いのほか気さくで、たくさんのアイデアを出してくれた、と語っている。しかし、まさか記録的ヒットになるとは、ノラ本人すら思いもよらぬことであった。

2002年2月26日、22歳でデビューアルバム "Come Away With Me" をブルーノートからリリース(日本では『ノラ・ジョーンズ』のタイトルで同年4月11日リリース)。3月28日にローリングストーン誌が取り上げ早くも5月にはトップチャートの兆候が現われる[5]。6月、全米ツアーを開始。

日本へも同年4月にはプロモーションでライヴコンサートを行っており、9月再来日の際には全国5都市のコンサートを成功させ、さらに欧州12都市でのコンサートを行った。11月にはヴァニティ・フェアVanity Fair)誌の表紙に著名なアーティストとともに掲載された。

グラミー賞受賞[編集]

グラミー賞へのノミネートは当然との見方はもとより、何部門でノミネートされるかが関心の的となりつつ、2003年1月7日に8部門でノミネート。1月25日、アジアオセアニアのツアーの最中、ビルボードのアルバム・チャートで首位に躍り出し、発売から1年も経たず、全米で270万枚のヒットとなった。

第45回グラミー賞(2003年2月24日、現地時間は2月23日)でノミネートされていた八部門中、

アルバム『Come Away With Me』に対し、
最優秀アルバム賞(Album of the Year
最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞(Best Pop Vocal Album
最優秀録音賞、ノン・クラシカル(Best Engineered Recording, Non-Classical
ノラ・ジョーンズ本人に対し、
最優秀新人賞(Best New Artist
曲目『Don't Know Why』に対し、
最優秀レコード賞(Record of the Year
最優秀楽曲賞(Song of the Year (songwriter)、作者:ジェシー・ハリス
最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞(Best Female Pop Vocal Performance
プロデューサーのアリフ・マーディンに対し、
最優秀プロデューサー賞(Producer of the Year

と、ノミネート全部門での受賞となり、この年のグラミー賞の話題をさらうことになった[1]、このときノラは、まだ23歳であった。

2004-2006年:セカンド・アルバム[編集]

2004年2月4日に日本先行、2月9日に米国以外で、2月10日に米国でセカンド・アルバム『Feels Like Home』をリリース。米国では、リリース5日目の売り上げが一週間で百万枚を突破。これはニールセン・サウンドスキャンの調査によるもので、2月15日週末の集計で1,022,149枚を記録[2], [3], [4]。その後四週間連続してアルバムチャートでトップの座を維持して二百万枚を売り上げ、最終的に1000万枚を超える売り上げを記録した。日本でも銀座山野楽器によれば、アルバムの週間ヒットチャート(2月23日)で7位につけた[5]。これにともないファーストアルバム『Come Away With Me』もヒットチャート18位に浮上した。そして、アルバムのプロモーションのためにバックバンドのハンサム・バンドとコーラスのダルー・オダ(Daru Oda)を引き連れてワールドツアーを行った。

2005年、第47回グラミー賞において、

曲目『Here We Go Again』 -ノラ・ジョーンズ & レイ・チャールズに対し、
最優秀レコード賞(Record of the Year
最優秀ポップ・コラボレーション賞(Best Pop Collaboration with Vocals
曲目『Sunrise』に対し、
最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞(Best Female Pop Vocal Performance

の3部門を受賞した。また、アルバム『Feels Like Home』は最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞に、彼女が幼いころから憧れてきたカントリー歌手のドリー・パートンとのデュエット曲で、共演するために彼女をイメージして作った『Creepin' In』は最優秀カントリー・コラボレーション賞にノミネートされた。

しかし、それまでほとんどバンドメンバーが作った曲を歌ってきたノラは、自分が思うように作曲できないのに、世間からこんなに注目されていいのかと思い悩み、色々なことに圧倒されて自分を見失った。そして2005年春、コンサートツアーとレコーディングの休止を決めた[1]

2007-2008年:サード・アルバム[編集]

2007年、ノラは3年ぶりにサード・アルバム『ノットトゥーレイト』を発表、このアルバムで初めて全曲にわたって作詞・作曲に携わり、シンガーソングライターとして新たなスタートを切った。また、このアルバムはレコード会社も製作していることを知らなかった。しかし、アルバム発表後、休養中に彼女を支えてくれ、自宅スタジオでのアルバム制作にも協力したバックバンドのベーシストで恋人でもあったリー・アレクサンダーが、夢だったレーサーを目指すと言ってノラのもとを去り、彼女は公私ともに8年間一緒だったパートナーを失うことになった[1]

その他の活動[編集]

リトル・ウィリーズ[編集]

2003年にバンドメンバーを中心にリトル・ウィリーズThe Little Willies)を結成。ノラはボーカルとピアノを務める。以降2年に渡ってセッションを続け、2005年にレコーディングを開始。2006年にはバンド名を冠した1stアルバムをリリース。

プスンブーツ[編集]

2008年にサーシャ・ダブソン、キャサリン・ポッパーと共にガールズ・バンド、プスンブーツPuss n Boots)を結成。2014年にカバー曲とオリジナルからなる『ノー・フールズ、ノー・ファン』をリリースした。同作はジョーンズが関わった100作目の作品であった[6]

映画出演[編集]

2002年サンドラ・ブロックヒュー・グラント主演の『トゥー・ウィークス・ノーティス』(Two Weeks Notice)にて本人役で女優デビューを果たす。

2007年にはウォン・カーウァイ監督による初の英語映画『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の主演を務めた。共演はジュード・ロウレイチェル・ワイズナタリー・ポートマンなど。この作品は第60回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾った。

2012年、「テッド」(原題”TED”,配給ユニバーサル・ピクチャーズ)に本人役として出演。

サウンドの特徴[編集]

ジャズに属するが、米国伝統の様々な音楽を取り入れてアレンジ。シンプルで覚えやすいメロディ[6]という評価や、心の奥にやさしくタッチする歌声[7]という評価もある。癒しの効果が絶大という声[8]や、公式サイトによれば、「キャロル・キングジョニ・ミッチェルの系譜を継ぐ、和み系シンガーソングライター」という触れ込みとなっているが、実際キャロルはジャズ・シンガーではない。ジョニはジャズに接近することもあるが、やはりジャズ・シンガーとはいえない。プロデューサーのアリフ・マーディンも、「ノラ・ジョーンズの音楽が属するジャンルを特定するのは難しい」と語っている。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル 初版発売日 売上 備考
1st Come Away With Me(邦題:ノラ・ジョーンズ) 2002年2月26日・米国
2nd Feels Like Home 2004年2月10日・米国
3rd Not Too Late 2007年1月24日・米国
4th The Fall 2009年11月17日・米国
5th Little Broken Hearts 2012年5月1日・米国

ミニ・アルバム[編集]

タイトル 初版発売日 売上 備考
1st First Sessions 2000年10月8日・米国 2000年10月に録音されたデビューアルバムのデモを基にしている。
2nd Deep Cuts 2009年4月7日・米国

コンピレーション[編集]

タイトル 初版発売日 売上 備考
1st ...Featuring(邦題:ノラ・ジョーンズの自由時間 2010年11月2日・米国

その他[編集]

タイトル 初版発売日 売上 備考
1st New York City(with The Peter Malick Group) 2003年7月8日・米国 ブルー・ノートとの契約前の2000年にピーター・マリックのバンドにゲスト・ヴォーカルとして参加し、録音された作品。

シングル[編集]

日本では一部のみ販売

楽曲 収録アルバム
2002 Don't Know Why Come Away with Me
Feelin' the Same Way
2003 Come Away with Me
Don't Know Why / "I'll Be Your Baby Tonight"
Turn Me On
Nightingale
2004 Sunrise(日本版有り) Feels Like Home
What Am I to You?(日本版有り)
Those Sweet Words
2006 Thinking About You Not Too Late
2007 Not Too Late
Sinkin'Soon
Until the End
Be My Somebody
2008 The Story My Blueberry Nightsサウンドトラック
2009 Chasing Pirates The Fall
2010 Young Blood
It's Gonna Be
Virginia Moon (featuring Foo Fighters) ...Featuring
2011 More Than This (featuring Charlie Hunter)
2012 Happy Pills Little Broken Hearts
Miriam

日本公演[編集]

9月7日 東京国際フォーラムホールC、9日 大阪厚生年金会館芸術ホール、10日 福岡クロッシングホール、11日 広島クラブクアトロ、12日 名古屋クラブクアトロ、14日 東京国際フォーラムホールC
4月8日 名古屋センチュリーホール、9日 石川厚生年金会館、11日,12日,13日 大阪厚生年金会館大ホール、15日 広島厚生年金会館、16日 パシフィコ横浜国立大ホール、18日,19日 東京国際フォーラムホールA、20日 日本武道館
11月4日 愛知県体育館、5日 グランキューブ大阪、6日 北陸電力会館 本多の森ホール、8日,9日 日本武道館、10日 梅田芸術劇場、12日 広島市文化交流会館、14日 ニトリ文化ホール[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

参考記事[編集]

その他[編集]