エミリー・ブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミリー・ブラント
Emily Blunt
Emily Blunt
トロント国際映画祭にて(2012年)
本名 Emily Olivia Leah Blunt
生年月日 1983年2月23日(31歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 2003年 -
配偶者 ジョン・クラシンスキー(2010年 - )
主な作品
ナターシャの歌に
プラダを着た悪魔

エミリー・オリヴィア・レア・ブラントEmily Olivia Leah Blunt, 1983年2月23日 - )は、イギリス女優

生い立ち[編集]

イングランドロンドンにて、4人兄弟の2番目として生まれる。父親のオリヴァー・ブラントは法廷弁護士、母親のジョアンナ(旧姓マッキー)は元女優、現演劇講師[1][2][3][4][5]。伯父のクリンスピン・ブラント保守党議員。[6][7]

8歳からどもり(吃音症)が始まりなかなか治らず苦んでいたが、12歳の頃に「違った声で何か演じてみて」と学校の先生に言われて北部訛りで話すとどもりを克服した。この経験から「もっと誰か他の人を演じてみたい」と志望するようになり、女優の道に進んだ[8]

キャリア[編集]

2001年にジュディ・デンチと共演した舞台でデビュー。2003年に『ウォリアークイーン』で映画デビュー。2004年の『マイ・サマー・オブ・ラブ』ではイヴニング・スタンダード英国映画賞新人賞を含む、いくつかの賞を受賞、ノミネートを受けた。

2006年公開の『プラダを着た悪魔』でハリウッドに進出。メリル・ストリープのアシスタント役を演じ、ゴールデングローブ賞 助演女優賞英国アカデミー賞 助演女優賞にノミネートされ、注目を集める。また、同年(イギリスでは2005年)放送のテレビ映画『ナターシャの歌に』でゴールデングローブ賞 助演女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞。2007年の第79回アカデミー賞では『プラダを着た悪魔』の共演者でもあるアン・ハサウェイと共にプレゼンターを務めた。

2009年公開の『ヴィクトリア女王 世紀の愛』ではヴィクトリア女王を演じ、ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。

私生活[編集]

約3年間、カナダ人歌手のマイケル・ブーブレと交際していたが、2008年7月に破局[9]。同年秋頃からアメリカ人俳優のジョン・クラシンスキーと交際、2009年8月に婚約[10]、2010年7月10日に結婚[11]エイミー・アダムスアン・ハサウェイと親しい友人である。

姉妹のフェリシティは2011年にスタンリー・トゥッチと婚約している[12]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2003 ウォリアークイーン
Boudica
イゾルダ
キング・オブ・ファイヤー
Henry VIII
キャサリン・ハワード テレビ映画
2004 マイ・サマー・オブ・ラブ
My Summer of Love 
タムジン 
2005 The Strange Case of Sherlock Holmes & Arthur Conan Doyle ジーン・レッキー
ナターシャの歌に
Gideon's Daughter
ナターシャ テレビ映画
2006 Irresistible マーラ
プラダを着た悪魔
The Devil Wears Prada
エミリー・チャールトン
2007 デス・ロード 染血
Wind Chill
女学生
ジェイン・オースティンの読書会
The Jane Austen Book Club
プルーディー・ドラモンド
40オトコの恋愛事情
Dan in Real Life
ルーシー・ドレイパー
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
Charlie Wilson's War
ジェーン・リドル
2009 サンシャイン・クリーニング
Sunshine Cleaning
ノラ・ロルコウスキ
ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生
The Great Buck Howard
ヴァレリー・ブレンナン
ヴィクトリア女王 世紀の愛
The Young Victoria
ヴィクトリア女王
Curiosity エマ 短編映画
2010 ウルフマン
The Wolfman
グウェン・コンリフ
ターゲット
Wild Target
ローズ
ガリバー旅行記
Gulliver's Travels
グローリー姫
2011 アジャストメント
The Adjustment Bureau
エリーズ・セラーズ
Gnomeo and Juliet ジュリエット 声の出演
砂漠でサーモン・フィッシング
Salmon Fishing in the Yemen
ザ・マペッツ
The Muppets
2012 憧れのウェディング・ベル
The Five-Year Engagement
LOOPER/ルーパー
Looper
サラ
Arthur Newman ミカエラ・フィッツジェラルド/シャルロット・フィッツジェラルド
2014 オール・ユー・ニード・イズ・キル
Edge of Tomorrow
リタ・ブラタスキー

テレビシリーズ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
2003 Foyle's War ルーシー・マーカム 第2シーズン第3話「War Games」
2004 Poirot リネット・リッジウェィ=ドイル 第9シーズン第3話「Death on the Nile」
2005 EMPIRE -エンパイア-
Empires
カマネ ミニシリーズ
2009 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
ジュリエット 第20シーズン第9話「Lisa the Drama Queen」
声の出演

舞台[編集]

公演年 邦題
原題
役名 備考
2000 Bliss マディ
The Royal Family グウェン
2002 ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
ジュリエット
Vincent in Brixton ユージニー・ロイヤー

脚注[編集]

  1. ^ "Tory Justice minister's barrister brother earning ?1million-a-year from taxpayer" 11 Jul 2011, daily Mirror
  2. ^ Times Magazine, 21 February 2009
  3. ^ Day, Eli TELASO INIe zabeth (2009年6月21日). “Enter a new leading lady”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/film/2009/jun/21/emily-blunt-interview 2009年12月30日閲覧。 
  4. ^ Stein, Ruthe (2007年9月27日). “Blunt moves from the runway to the royal family”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2007/09/29/DDA8S8QH2.DTL 2009年12月30日閲覧。 
  5. ^ "Oliver Blunt, Esq, QC" at Debretts.com
  6. ^ "Tory prisons minister Crispin Blunt stuns MPs by revealing he's gay as he splits from wife of 20 years" Daily Mail
  7. ^ “£1.1m earnings in a year for top legal aid barrister”. Daily Mail (London). (2007年6月25日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-464275/1-1m-earnings-year-legal-aid-barrister.html 2007年6月26日閲覧。 
  8. ^ “エミリー・ブラント、少女時代に患った吃音症回復のきっかけは「北部なまり」”. CINEMATODAY. (2010年6月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0024901 2010年6月26日閲覧。 
  9. ^ E! Online: Blunt, Bublé Breakup
  10. ^ 「プラダを着た悪魔」エミリー・ブラントが婚約
  11. ^ Fleeman, Mike (2010年7月10日). “John Krasinski Marries Emily Blunt”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20401056,00.html 2010年7月10日閲覧。 
  12. ^ Stanley Tucci Engaged To Emily Blunt's Sister Felicity!”. US Weekly. 2012年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]