LOOPER/ルーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LOOPER/ルーパー
Looper
監督 ライアン・ジョンソン
脚本 ライアン・ジョンソン
製作 ラム・バーグマン
ジェームズ・D・スターン
製作総指揮 ジュリー・ゴールドスタイン
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ダグラス・ハンセン
ダン・ミンツ
ピーター・シュレッセル
出演者 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ブルース・ウィリス
エミリー・ブラント
音楽 ネイサン・ジョンソン
撮影 スティーヴ・イェドリン
編集 ボブ・ダクセイ
製作会社 フィルム・ディストリクト
エンドゲーム・エンターテインメント
DMGエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ / ポニーキャニオン
公開 カナダの旗 2012年9月6日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2012年9月28日
日本の旗 2013年1月12日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $166,521,158[1]
テンプレートを表示

LOOPER/ルーパー』(Looper)は、ライアン・ジョンソン監督による2012年アメリカ合衆国SF映画。出演はジョゼフ・ゴードン=レヴィットブルース・ウィリスエミリー・ブラント。2011年1月24日よりルイジアナ州で撮影が開始された。

ストーリー[編集]

舞台は2044年のカンザス州、ジョーは未来の犯罪組織の依頼で過去にタイム・トラベルしてくる標的を処理する殺し屋、通称「ルーパー」だ。しかしある依頼で処理することになったのは、30年後の未来からやってきた自分自身だった。未来の自分を殺せずに取り逃がしてしまったジョーは、彼が標的にしている相手が30年後に未来の犯罪王「レインメーカー」となる幼い子供であることを知る。

キャスト[編集]

製作[編集]

2012年のワンダーコンのプロモーションで話すライアン・ジョンソンとジョゼフ・ゴードン=レヴィット。

『LOOPER/ルーパー』はライアン・ジョンソンが脚本を執筆し、監督している。ジョンソンは2008年に『ブラザーズ・ブルーム』を公開した後、2009年に『LOOPER/ルーパー』の製作を開始することを目標とし、それまで共同していたプロデューサーのラム・バーグマンと再提携した[3]。2010年5月、『Premium Rush』が撮影完了した後に加わるという前提でジョゼフ・ゴードン=レヴィットがキャスティングされた[4]。同月末、ブルース・ウィリスもキャスティングされた[5]。さらに10月、エミリー・ブラントも加わった[6]

撮影は2011年1月よりルイジアナ州で始まり[7]、4月には上海で行われた。『プライマー』の監督であるシェーン・カルース英語版がタイムトラベルシーンの特殊効果を作成する際に関与している[8]

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットはその役どころのため、辻一弘による特殊メイクを施されている[9]

公開[編集]

アメリカ合衆国では2012年9月28日に公開[10]。映画の制作会社であるエンドゲーム・エンターテイメントは2011年5月のカンヌ国際映画祭フィルム・ディストリクトと交渉し、トライスター・ピクチャーズを通じて、アメリカ合衆国で公開される[11]

中国での公開時にはペーシングを理由により本来カットされたいくつかの上海の数シーンが追加される。この働きは、中国の観客にさらにアピールするために中国の製作会社であるDMGエンターテイメントによって要求された[12]

2012年9月6日に第37回トロント国際映画祭のガラ・プレゼンテーションに選ばれ、オープニング作品として上映された[13]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは239件の批評家レビューで支持率は94%、平均点は8.1/10となった[14]Metacriticでは44媒体のレビューで加重平均値を84/100とした[15]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補者 結果
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[16] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[17] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン 受賞
放送映画批評家協会賞[18] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン ノミネート
アクション映画女優賞 エミリー・ブラント ノミネート
アクション映画男優賞 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ノミネート
アクション映画賞 『LOOPER/ルーパー』 ノミネート
SF映画賞 『LOOPER/ルーパー』 受賞
ラスベガス映画批評家協会賞 脚本賞 ライアン・ジョンソン 受賞
シカゴ映画批評家協会賞[19] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン ノミネート
助演女優賞 エミリー・ブラント ノミネート
全米脚本家組合賞 オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン ノミネート
ヒューストン映画批評家協会賞[20] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン ノミネート
オースティン映画批評家協会賞[21] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン 受賞
フロリダ映画批評家協会賞[22] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン 受賞
オンライン映画批評家協会賞[23] オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン ノミネート
ユタ映画批評家協会賞 オリジナル脚本賞 ライアン・ジョンソン ノミネート

トップテン入り[編集]

本作は様々な批評家、媒体による2012年のトップテン作品に入った。

批評家・媒体 順位
James Berardinelli 1[24]
MTV 3[25]
The Skinny 4[26]
ニューヨーク・ポスト 8[27]
Total Film 9[28]
ハフィントン・ポスト 10[29]
The Atlantic Wire N/A[30]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Looper”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年1月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h McNary, Dave; Coonan, Clifford (January 21, 2011). “Actors in 'Looper' group”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118030647. 
  3. ^ Zeitchik, Steven (2008-09-17). “Rian Johnson's future target: 'Looper'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/johnsons-future-target-looper-119310. 
  4. ^ Kit, Borys (2010年5月4日). “Joseph Gordon-Levitt eyes two action thrillers”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2010/05/04/us-gordonlevitt-idUSTRE6430WX20100504 
  5. ^ Fleming, Mike (2010年5月14日). “CANNES: Bruce Willis Plays Mature Joseph Gordon-Levitt In Time Travel Pic 'Looper'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/05/cannes-bruce-willis-plays-mature-joseph-gordon-levitt-in-time-travel-pic-looper/ 
  6. ^ McNary, Dave (2010-10-01). “Emily Blunt set for 'Looper'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118025045. 
  7. ^ Official Looper production blog”. 2012年9月10日閲覧。
  8. ^ Bettinger, Brendan (2011-01-17). “Shane Carruth Working on LOOPER”. Collider. http://collider.com/shane-carruth-looper/70937. 
  9. ^ [1]
  10. ^ Staff (2011年6月9日). “Rian Johnson's Looper Gets a Release Date”. ComingSoon.net. http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=78517 2011年6月10日閲覧。 
  11. ^ McNary, Dave (2011-05-14). “TriStar, FilmDistrict set 'Looper' deal”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118037060. 
  12. ^ Zeitchik, Steven (2012-06-19). “A more Sino-centric version of 'Looper' will be released in China”. LA Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/moviesnow/la-et-mn-joseph-gordon-levitts-looper-will-be-released-differently-in-china-20120619,0,7761733.story. 
  13. ^ Looper to launch Toronto film festival”. BBC News. 2012年7月25日閲覧。
  14. ^ Looper”. Rotten Tomatoes. 2013年1月10日閲覧。
  15. ^ Looper Reviews, Ratings, Credits, and More”. Metacritic. 2013年1月10日閲覧。
  16. ^ National Board Of Review Best Film: 'Zero Dark Thirty'”. Deadline.com (2012年12月5日). 2012年12月5日閲覧。
  17. ^ The 2012 WAFCA Award Nominees”. 2012年12月9日閲覧。
  18. ^ The 18th Critics' Choice Movie Awards nominees”. Broadcast Film Critics Association. 2012年12月12日閲覧。
  19. ^ "The Master" rules 2012 CFCA Awards with 10 Nominations”. CFCA (2012年12月14日). 2012年12月14日閲覧。
  20. ^ Lincoln leads Houston Film Critic Society Awards with eight nominations Nominees”. 2012年12月17日閲覧。
  21. ^ Austin Film Critics Association”. 2012年12月28日閲覧。
  22. ^ Florida Film Critics Circle”. 2012年12月28日閲覧。
  23. ^ Online Film Critics Society”. 2012年12月28日閲覧。
  24. ^ James Berardinelli. “Rewinding 2012 - The Top 10”. James Berardinelli. 2013年1月1日閲覧。
  25. ^ Best Movies Of 2012”. MTV. 2012年12月14日閲覧。
  26. ^ Light and Shade: The Films Of 2012”. The Skinny. 2012年12月14日閲覧。
  27. ^ Lumenick, Lou. “Critics pick best films of 2012”. New York Post. 2012年12月8日閲覧。
  28. ^ Kinnear, Simon. “50 Best Movies of 2012”. Total Film. 2012年12月12日閲覧。
  29. ^ Best Movies of 2012”. Huffington Post. 2012年12月14日閲覧。
  30. ^ Richard Lawson. “The Best (and Worst) Movies of 2012”. The Atlantic Wire. 2012年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]