ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
Joseph Gordon-Levitt
Joseph Gordon-Levitt
2012年
本名 Joseph Leonard Gordon-Levitt
生年月日 1981年2月17日(33歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1988年 -

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットJoseph Gordon-Levitt, 本名: ジョゼフ・レナード・ゴードン=レヴィット、Joseph Leonard Gordon-Levitt, 1981年2月17日 - )は、アメリカ合衆国俳優。ファーストネームのジョゼフはジョセフと表記されることもある。身長177cm。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、シャーマン・オークスで育つ。ユダヤ系の血を引く[1][2] 。父親のデニス・レヴィットはパシフィカ・ラジオのニュース・ディレクター、母親のジェーン・ゴードンは映画監督マイケル・ゴードンの娘。1974年生まれの兄ダンがいたが、2010年10月に36歳で亡くなった[3][4]。 2000年にコロンビア大学に進学し、歴史や文学を研究。特にフランス文学に傾倒し、フランス語を話すことができる[5]

キャリア[編集]

子役としてキャリアをスタートさせる。1992年公開の『リバー・ランズ・スルー・イット』で映画デビューし、ヤング・アーティスト・アワードの男優賞(10歳以下)を受賞。その後も映画やテレビシリーズにコンスタントに出演。

2009年公開の『G.I.ジョー』ではメインキャストのひとりを演じ、同年公開の『(500)日のサマー』ではゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。

2010年以降、映画『インセプション』『ダークナイト ライジング』といった話題作に立て続けに出演している。

2013年には初監督作品『ドン・ジョン』が公開された(日本公開は2014年)[6]

その他[編集]

ヒットリコード(HitRECord)という、オンライン共同制作会社を経営している[7][8]

尊敬する俳優はダニエル・デイ=ルイスゲイリー・オールドマン[9]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 リバー・ランズ・スルー・イット
A River Runs Through It
若き日のノーマン
1993 ロードランナー
Roadoflower
リッチ
1994 ホーリー・ウェディング
Holy Matrimony
エゼキエル
エンジェルス
Angels In The Outfield
ロジャー
1996 陪審員
The Juror
オリヴァー
1998 ハロウィンH20
Halloween H20: 20 Years Later
ジミー・ハウエル
1999 恋のからさわぎ
10 Things I Hate About You
キャメロン・ジョーンズ
2000 ヴァージン・ハンド
Picking Up the Pieces
2002 トレジャー・プラネット
Treasure Planet
ジム・ホーキンス 声の出演
2005 BRICK ブリック
Brick
ブレンダン
アン・ハサウェイ/裸の天使
Havoc
サム
サイレンサー
Shadowboxer
ドン医師
ミステリアス・スキン
Mysterious Skin
ニール
2007 ルックアウト/見張り
The Lookout
クリス・プラット
2008 ストップ・ロス/戦火の逃亡者
Stop-Loss
トミー
セントアンナの奇跡
Miracle at St. Anna
ティム・ボイル
2009 キルショット
Killshot
リッチー
(500)日のサマー
500 Days of Summer
トム・ハンセン
ハーフ・デイズ
Uncertainty
ボビー
EROTICS(エロティクス) 美しい女たち
Women in Trouble
バート
G.I.ジョー
G.I.Joe:The Rise of Cobra
コブラコマンダー
2010 インセプション
Inception
アーサー
メタルヘッド
Hesher
ヘッシャー
スーパーポルノスター エレクトラ あなたのお悩み解決します!
Elektra Luxx
2011 50/50 フィフティ・フィフティ
50/50
アダム・ラーナー
2012 プレミアム・ラッシュ
Premium Rush
ワイリー
ダークナイト ライジング
The Dark Knight Rises
ジョン・ブレイク
リンカーン
Lincoln
ロバート・トッド・リンカーン
LOOPER/ルーパー
Looper
25歳のジョセフ・シモンズ
2013 ドン・ジョン
Don Jon
ジョン・マテーロ 監督・主演
風立ちぬ
The Wind Rises
堀越二郎 声の出演(英語版)
2014 シン・シティ 復讐の女神
Sin City: A Dame to Kill For
ジョニー

日本語吹き替え[編集]

吹き替えは土田大が担当することが多い。

脚注[編集]

  1. ^ McCafferty, Dennis; Alan Carter, Lydia Strohl (1999年4月2日). “Favorites of a Young Rock Star”. USA Today, through Rome News-Tribune. http://news.google.ca/newspapers?id=mmowAAAAIBAJ&sjid=LTUDAAAAIBAJ&pg=2291,856956&dq=favorites-if-i-rock-star&hl=en 2010年7月9日閲覧。 
  2. ^ Elkin, Michael (2003年5月22日). “He has a Mania for Good Works”. The Jewish Exponent. http://www.highbeam.com/doc/1P1-79380481.html 2010年4月28日閲覧。 
  3. ^ Warner, Kara (2010年10月6日). “Joseph Gordon-Levitt's Brother Dead At 36”. MTV. Viacom. 2010年10月6日閲覧。
  4. ^ Joseph Gordon-Levitt's Brother, 'Burning Dan,' Dies”. The Wrap. The Wrap News Inc (2010年10月5日). 2010年10月6日閲覧。
  5. ^ Lidz, Frank (2007年3月25日). “From Alien Boy to Growing Star in the Indie Universe”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/03/25/movies/25lidz.html?_r=1&ref=movies&oref=slogin 2007年3月26日閲覧。 
  6. ^ ドン・ジョン”. シネマトゥデイ. 2014年6月6日閲覧。
  7. ^ hitRECord in a nutshell”. 2012年9月3日閲覧。
  8. ^ Stein, Joel (2011年9月18日). “Profiling Joseph Gordon-Levitt: The Crowd-Sourced Version”. Time Magazine. http://www.time.com/time/arts/article/0,8599,2093273,00.html 2011年10月2日閲覧。 
  9. ^ “Talking Shop: Joseph Gordon-Levitt”. BBC News. (2009年8月22日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/8214816.stm 2010年1月11日閲覧。 

外部リンク[編集]