G.I.ジョー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
G.I.ジョー
G.I. Joe: The Rise of Cobra
監督 スティーヴン・ソマーズ
脚本 スチュアート・ビーティー
デヴィッド・エリオット
ポール・ラヴェット
原案 マイケル・B・ゴードン
スチュアート・ビーティー
スティーヴン・ソマーズ
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
ブライアン・ゴールドナー
ボブ・ダクセイ
製作総指揮 スティーヴン・ソマーズ
デヴィッド・ウォマーク
ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
エリク・ハウサム
出演者 チャニング・テイタム
音楽 アラン・シルヴェストリ
主題歌 ブラック・アイド・ピーズ
Boom Boom Pow (G.I. Joe remix)」
撮影 ミッチェル・アムンドセン
編集 ボブ・ダクセイ
ジム・メイ
製作会社 スパイグラス・エンターテインメント
配給 パラマウント映画
公開 2009年8月7日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $175,000,000[1]
興行収入 $302,469,017[1]
次作 G.I.ジョー バック2リベンジ
テンプレートを表示

G.I.ジョー』(ジー・アイ・ジョー、原題: G.I. Joe: The Rise of Cobra)は、2009年アメリカ映画。人気玩具『G.I.ジョー』のアニメ版である『地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー』をベースとした実写作品。監督はハムナプトラシリーズを監督したスティーヴン・ソマーズ。製作費は1億7500万ドル。

原作本来の設定ではG.I.ジョーチームはアメリカ軍の特殊部隊であるが、本作においては世界各国の協力の下に構成された国際混成部隊とされている。鷲をモチーフにした専用エンブレムの存在も含め、86年度に日本でも放映されたアニメシリーズに付加された設定と共通している。

あらすじ[編集]

世界征服をたくらむ悪の組織“コブラ”に、“ナノマイト”が武器商人デストロの手により脅威の兵器として渡ってしまう。元々はガン細胞破壊のために作られた治療薬だった“ナノマイト”だったが、あらゆるものを破壊してしまう威力を持っていたため、コブラ達がこれを利用しようと企んでいるのだ。そんなコブラを食い止めようとアメリカ政府が送り込んだのは、世界各国から集められた地上最強のエキスパートチーム“G.I.ジョー”であった。

キャスト[編集]

G.I.ジョー
コブラ
その他の登場人物

スタッフ[編集]

評価[編集]

2009年8月7日 にアメリカ、日本、他主要国で同日公開された。アメリカでは公開3日間で興行収入5471万ドルを稼ぎ、初登場1位を記録した。このヒットを受けて早々に続編が製作される予定である[2]。日本では初登場5位にとどまっている。

だが、第30回ゴールデンラズベリー賞では最低作品賞、最低リメイク及び続編賞など6部門にノミネートされ、シエナ・ミラーは最低助演女優賞を受賞してしまった。

Blu-ray/DVD[編集]

2009年12月11日パラマウント ジャパンよりBlu-ray Disc/DVDの2フォーマットをリリース。

  • Blu-ray
    • G.I.ジョー スペシャル・コレクターズ・エディション
  • DVD
    • G.I.ジョー

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ともに『G.I.ジョー バック2リベンジ』発表時に実質閉鎖、現在はG.I.ジョー バック2リベンジの公式ページになっている。