ハモンハモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハモンハモン
Jamón, jamón
監督 ビガス・ルナ
脚本 ビガス・ルナ
キュカ・カルナススペイン語版
製作 アンドレス・ビセンテ・ゴメス
出演者 ペネロペ・クルス
ハビエル・バルデム
音楽 ニコラ・ピオヴァーニイタリア語版
撮影 ホセ・ルイス・アルカイネスペイン語版
編集 テレサ・フォン
製作会社 ローラ・フィルムス
オヴィデオ・TV
配給 スペインの旗 (不明)
日本の旗 アルシネテランシネマテン
公開 スペインの旗 1992年9月2日
日本の旗 1993年7月31日
上映時間 93分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
テンプレートを表示

ハモンハモン』(Jamón, jamón)は、1992年スペインロマンティック・コメディ映画第49回英語版ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞している。また、女優ペネロペ・クルスの映画デビュー作でもある[1]。原題の「jamón(ハモン)」はスペイン語で「ハム」を意味する。

ストーリー[編集]

スペインの小さな田舎町を舞台に6人の男女の恋愛模様を描く。

男性用下着メーカーの工場で働くシルヴィアは幼い妹たちと母親と暮らしている。シルヴィアの恋人は社長の息子ホセ・ルイスだが、彼はシルヴィアの母で娼婦のカルメンとも関係を持っており、それをシルヴィアは知っている。ホセ・ルイスはシルヴィアが自分の子を妊娠したと知ると、シルヴィアと結婚することを決めるが、ホセ・ルイスの母コンチータは夫マヌエルがかつてシルヴィアの母カルメンと関係していたことを未だに根に持ち、シルヴィアを娼婦の娘と罵って交際を決して許そうとしない。シルヴィアが妊娠していることを知らないコンチータは、2人を別れさせるためにラウルという若く逞しい青年を雇ってシルヴィアを誘惑させることにする。ラウルの積極的なアプローチに冷たい態度を取り続けていたシルヴィアだったが、親の言いなりで煮え切らないホセ・ルイスに失望し、ラウルを愛するようになると、ラウルも美しいシルヴィアを本気で愛するようになる。一方、ラウルの若い肉体に溺れ切っていたコンチータは、シルヴィアの妊娠を知ると、シルヴィアにラウルが自分の依頼で誘惑したことを明かし、ホセ・ルイスと結婚するように頼むとともに、ラウルにはシルヴィアがホセ・ルイスの子を妊娠していることを告げる。シルヴィアとラウルの関係を知り、怒り狂ったホセ・ルイスはカルメンに関係を迫るが拒否される。そして、ラウルが母コンチータと関係している姿を目撃したホセ・ルイスは、ラウルに襲いかかり、激しい殴り合いの末にラウルに殴り殺されてしまう。その場にシルヴィアがマヌエルを連れて来る。ホセ・ルイスの遺体を抱いて嘆き悲しむコンチータをマヌエルは罵る。更にカルメンも駆けつける。男女6人の関係は入り乱れ、シルヴィアをマヌエルが抱きしめ、人を殺してしまったことを泣いて悔やむラウルをコンチータが抱きかかえ、冷たくなったホセ・ルイスの遺体をカルメンがかき抱く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ペネロペ・クルス”. allcinema. 2014年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]