真昼の死闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真昼の死闘
Two Mules for Sister Sara
監督 ドン・シーゲル
脚本 アルバート・マルツ
原案 バド・ベティカー
製作 マーティン・ラッキン
キャロル・ケイス
出演者 クリント・イーストウッド
シャーリー・マクレーン
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ガブリエル・フィゲロア
編集 ロバート・F・シュグリュー
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年6月16日
日本の旗 1971年2月6日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

真昼の死闘』(原題:Two Mules for Sister Sara)は、1970年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

クリント・イーストウッドが主演したハリウッド映画であるが、フランス占領下のメキシコを舞台としており、西部劇というよりはマカロニ・ウェスタンの色合いを感じさせる作品である。監督のドン・シーゲルとはこの後『アイガー・サンクション』(興行的には失敗)、『ダーティハリー』でもコンビを組み、師弟関係ともいえる間柄となる。

あらすじ[編集]

流れ者のホーガン(クリント・イーストウッド)は、3人の男たちに襲われていた尼僧のサラ(シャーリー・マクレーン)を、成り行きで助ける。ホーガンは、ゲリラとともにフランス軍の駐屯地から金品を奪う計画を立てており、サラとともに行動することとなる。

ホーガンは、サラが時折見せる尼僧らしからぬ言動と魅力にとまどいを感じつつ、二人の珍道中が続けられる。

キャスト・日本語吹き替え[編集]

その他吹き替え:湯浅実/村松康雄/池田勝/小幡研二/中島喜美栄/山岡葉子/原浩/叶年史/郷里大輔

脚注[編集]

外部リンク[編集]