男の世界 (1934年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男の世界
Manhattan Melodrama
監督 W・S・ヴァン・ダイク
ジョージ・キューカー(クレジット無し[1]
脚本 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
オリヴァー・H・P・ギャレット
原案 アーサー・シーザー
製作 デヴィッド・O・セルズニック
音楽 ウィリアム・アクスト(クレジット無し[1]
撮影 ジェームズ・ウォン・ハウ
編集 ベン・ルイス
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1934年5月4日
日本の旗 1935年5月
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

男の世界』(Manhattan Melodrama)は、W・S・ヴァン・ダイク監督による1934年アメリカ映画である。

ストーリー[編集]

出演[編集]

評価[編集]

アーサー・シーザー第7回アカデミー賞原案賞を受賞した。

影響[編集]

この映画は1934年7月22日に射殺されたジョン・デリンジャーが死の直前に観賞した映画である[2]。このエピソードはデリンジャーを描いた伝記映画『パブリック・エネミーズ』(2009年)でも使われ、本作も劇中で引用される。

出典[編集]

外部リンク[編集]