スパイナル・タップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スパイナル・タップ (Spinal Tap)は、映画作家クリストファー・ゲストによって映画『スパイナル・タップ』(This is Spinal Tap) の為に作り上げられた架空のロックバンド。または、米映画『This is Spinal Tap』の邦題であり、1984年に公開されたロブ・ライナー監督の「ロキュメンタリー」或いは「ロック・モキュメンタリー」作品。

概要[編集]

『スパイナル・タップ』は、1984年にロブ・ライナーによって製作された「モキュメンタリー」作品である。この映画の画期的であった点は、本来のドキュメンタリーの「既存の対象に密着しありのままを記録する」手法を根本から覆し、「脚本にそって対象を作り出し、俳優にキャラクターに沿ってアドリブで演技をさせ、それを記録する」という「モキュメンタリー (Mock Documentary) =うそドキュメンタリー」という手法である。因みに俳優にアドリブで演技をさせそれを記録するという方式のため、使われなかったシーンが膨大にあり、それらすべてを収めた「完全版」が海賊版として存在する。

この手法にのっとりクリストファー・ゲストは架空のヘヴィメタルバンド、「スパイナル・タップ」を作り出した。映画の内容は基本的にはヘヴィメタルバンドの冗談でやっているのか真面目にやっているのかいまいちわからない演出やその格好よさとダサさが紙一重な部分を強調・戯画化したもの。

バンドのメンバーは各パートのステレオタイプなイメージ(例えば金髪の長髪で派手好き、ファンタジー好きのボーカル、ギターソロとギターの音の大きさに異常な拘りをもつギタリストなど)にそって設定された。同時にストーリーにロックバンドにありがちな事件(ボーカルとギタリストの軋轢、何度も交代するドラマー)などが加えられており、よくよく注意すれば「フィクション」であることがわかるものの、完全に「フィクション」であるという告知はされない為、公開当時はジョーク映画だと言うことが理解されず「カメラワークが悪い」などのクレームが寄せられたという。因みにバンド「スパイナル・タップ」は全員実際に演奏が可能で、映画とはまったく関係のない2ndアルバムすら存在する。ここがスパイナル・タップが完全に架空のバンドではなく、半分架空のバンドたる所以である。その作りこみは絶妙で、米国などでは実在のバンド扱いでカルト的な人気がある。

バンドの設定[編集]

スパイナル・タップは1964年、デイヴィッド・セントハビンズとナイジェル・タフネルの親友二人の出会いによって始まった。もともとのバンド名は『The Originals』。その後メンバーを増やして『Thames Men』に改名。初期ビートルズ風の楽曲「Gimme Some Money」をリリースするも、ドラマーであるジョン・ペピイが「園芸中の奇妙な事故」によって死亡。その後もメンバーチェンジと改名(Ravenbreakers, Doppel Gang, Silver Service, Bisquits, Love Buisquits, Tufnel-St.Hubbins Groupなど)を繰り返す。

1965年、デレク・スモールズがバンドに参加。スパイナル・タップとバンド名を改め、サイケデリック風の「Listen To the Flower People」を発表。しかしながら、またもやドラマー、エリック・スタンピー・ジョーが「他人の吐瀉物を喉に詰まらせて」死亡。その後も新しいドラマーが「自然発火」、「ステージ上で爆発」するなど安定しない。代表曲は『Hell Hole』、『Big Bottom』など。

メンバー[編集]

  • デイヴィッド・セントハビンズ(リードギター)
  • ナイジェル・タフネル(リードギター)
  • デレク・スモール(リードベース)

ディスコグラフィー[編集]

  • Spinal Tap Sings / Listen to the Flower People
  • We are all Flower People
  • Brain Hammer
  • Never Damage
  • Blood to let
  • Intravenus de Milo
  • the Sun Never Sweat
  • Bent for the Rent
  • Tap Dancing
  • Rock'N Roll Creation
  • Shark Sandwitch
  • Smell the Glove
  • Break Like the Wind

設定の元ネタ[編集]

大まかなバンドのイメージはレッド・ツェッペリンジューダス・プリーストエアロスミス辺りから取られているものと思われる。

劇中登場する、『スメル・ザ・グローブ』の「ノーン・モア・ブラックアルバム(黒以外なにもないアルバム)」はレッド・ツェッペリンの『フォー・シンボルス』、AC/DCの『バック・イン・ブラック』のパロディ。因みにサントラも劇中使用された字の一切入っていない真っ黒なカバー。

初代ドラマーの死因『園芸中の奇妙な事故』はキース・ムーン、二代目の『他人の吐瀉物が咽に詰まって死亡』はジョン・ボーナムのパロディで、それ以降は完全なおふざけ。

因みにアルバム『Break Like the Wind』は英語圏のスラング「Break the wind(=屁をこく)」を捩ったもの。

キャスト[編集]

こぼれ話[編集]

  • 作中でナイジェルが考案した「ボリュームの目盛りが11まであるアンプ」は、数多くの有名ミュージシャンが特別にその様なアンプをオーダーメイドしたという逸話が残っている。又、このアンプの説明をするナイジェルの台詞"Up to eleven"は「最大音量」という意味を持つ慣用句として使われるまで英語文化の中で浸透しており、『The Shorter Oxford English Dictionary』にも掲載されているほどである。
  • マーシャル社が1990年にボリュームの目盛りが20まであるアンプを商品化した際、クリストファー・ゲスト扮するナイジェルが広告キャラクターを勤め、雑誌広告などに登場した。
  • デレク・スモールズ役のハリー・シーラーが、米アニメザ・シンプソンズで声優を勤めている関係で、スパイナル・タップのフロント3人は同アニメにゲスト出演したことがある。
  • 映画の中で、ステージセットのストーンヘンジレプリカが小さ過ぎるというシーンがあるが、スパイナル・タップが1992年に英国ロイヤル・アルバート・ホールにて再結成コンサートを行った時は、今度はレプリカを大きく作りすぎて、ステージに搬入できないトラブルが発生するという演出が施された。
  • スパイナル・タップのフロントの3人はクリストファー・ゲスト監督作品『みんなのうた』でも「ザ・フォークスメン」としてフォークバンドを組んでいる。「ザ・フォークスメン」は、1992年のスパイナル・タップ再結成コンサートの際、前座として出演していた。
  • 1992年4月にウェンブリー・スタジアムで開催されたフレディ・マーキュリー追悼コンサートにも出演した。同年には単独コンサートも行われ、ジェフ・ベックらがゲストとして参加している。
  • その後、2000年にはダウンロードのみの販売でシングルをリリース。2007年7月にはLive Earthに出演している。
  • そのほかにも、クリストファー・ゲスト監督・脚本作品ではその撮影手法の特殊さから、同じ俳優を何度も使用する率が非常に高く、多くのこの映画に出演している俳優がその後の『ドッグショウ』や『みんなのうた』にも出演している。

関連項目[編集]