ジョン・バリモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・バリモア
John Barrymore
John Barrymore
本名 John Sidney Blyth
生年月日 1882年2月15日
没年月日 1942年5月29日(満60歳没)
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Katherine Corri Harris (1910-1917)
Blanche Oelrichs (1920-1928)
ドロレス・コステロ (1928-1934)
Elaine Barrie (1936-1940)

ジョン・バリモア(John Barrymore、本名:John Sidney Blyth、1882年2月15日 - 1942年5月29日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の俳優。サイレント期から活躍した映画スターの一人であり、兄のライオネル・バリモア、姉のエセル・バリモアと共に「バリモア三兄弟」として名を馳せた。ドリュー・バリモアの祖父にあたる。

来歴[編集]

両親や親戚がみな舞台俳優という演劇一家に生まれた。しかし当初、ジョンは画家を志し、ニューヨークの新聞社で漫画を描いたりしていた。本格的に俳優への道を歩み始めたのは23歳の時である。1909年、『The Fortune Hunter』のヒットでブロードウェイ の人気スターとなり、1914年に『An American Citizen』で映画界にも進出する。

「偉大な横顔」(The Great Profile)と呼ばれた端正な風貌と、舞台で培われた確かな演技力で、『ドン・ファン』(1926年)『マノン・レスコウ』(1927年)のようなロマンティックなメロドラマから、『狂へる悪魔』(1920年)『悪魔スヴェンガリ』(1931年)などでの狂気に満ちた男まで、様々な役柄をこなした。また、舞台活動も並行して行い、特に1922年に主演した『ハムレット』は大評判となり、同作における当時の最長上演記録を作っている。20年代後半以降は映画に専念するようになった。

30年代には兄ライオネルが所属していたMGM社へ移籍し、『グランド・ホテル』(1932年)等に出演するが、若い頃からの過度の飲酒がたたって出演作は減り、加えて50歳を過ぎた年齢で二枚目役が困難となったため、次第に脇役へと転ずるようになる。晩年にはB級映画で自らをカリカチュアしたような役を演じるまでに落ちぶれていた。4度の結婚にもすべて失敗し、失意と貧困のうちに60歳で亡くなった。

『海の野獣』(1926年)で共演し、3番目の妻となった女優ドロレス・コステロとの間に生まれた長男で俳優のジョン・ドリュー・バリモアが、女優ドリュー・バリモアの父親である。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1920 狂へる悪魔
Dr.Jekyll and Mr.Hyde
ジキル博士/ハイド氏
1922 シャーロック・ホームズ
Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズ
1924 ボー・ブラムメル
Beau Brummel
ボー・ブラムメル
1926 海の野獣
The Sea Beast
Captain Ahab Ceeley
ドン・ファン
Don Juan
ドン・ファン
1927 マノン・レスコウ
Manon Lescaut
Chevalier Fabien des Grieux
我れ若し王者なりせば
The Beloved Rogue
フランシス・ヴィロン
1928 テンペスト
Tempest
Sergeant Ivan Markov
1929 山の王者
Eternal Love
マーカス・パルトラン
1930 海の巨人
Moby Dick
エイブ
1931 悪魔スヴェンガリ
Svengali
スヴェンガリ
狂へる天才
The Mad Genius
Vladimar Ivan Tsarakov
1932 アルセーヌ・ルパン
Arsène Lupin
Duke of Charmerace
グランド・ホテル
Grand Hotel
ガイゲルン男爵
地方検事
State's Attorney
トム・カーディガン
愛の嗚咽
A Bill of Divorcement
ヒラリー
1933 Hamlet, Act I: Scenes IV and V ハムレット
トパーズ
Topaze
オーガスト・A・トパーズ
維納の再会
Reunion in Vienna
Archduke Rudolf von Habsburg
晩餐八時
Dinner at Eight
ラリー・レナート
夜間飛行
Night Flight
Riviere
巨人登場
Counsellor at Law
ジョージ・サイモン
1934 特急二十世紀
Twentieth Century
オスカー・ジャフェ
1936 ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
マーキューシオ
1937 君若き頃
Maytime
ニコライ
真実の告白
True Confession
チャーリー・ジャスパー
1938 マリー・アントアネットの生涯
Marie Antoinette
ルイ15世
北海の子
Spawn of the North
ウィンディ・ターロン
1939 ミッドナイト
Midnight
ジョージ・フラマリオン
1941 ハリウッド・スパイ騒動
World Premiere
ダンカン


外部リンク[編集]