アンソニー・パーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・パーキンス
Anthony Perkins
Anthony Perkins
1975年撮影
生年月日 1932年4月4日
没年月日 1992年9月12日(満60歳没)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Berry Berenson (1973-1992)
主な作品
サイコシリーズ

アンソニー・パーキンスAnthony Perkins, 1932年4月4日 - 1992年9月12日)はアメリカ合衆国ニューヨーク出身の俳優。左利き。

プロフィール[編集]

父親が舞台俳優だったが、彼が5歳の時に亡くなっている[1]。若いころから俳優を志し、舞台に出演。映画デビューは1953年の『女優』。しばらく芽が出なかったが、コロンビア大学卒業後の1956年ウィリアム・ワイラー監督のカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品『友情ある説得』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。その後、1957年の『ロンリー・マン』、続く1958年の『胸に輝く星』、『海の壁』、1959年渚にて』などに出演、1960年代を代表する青春スターとして人気を博した。1959年の『緑の館』ではオードリー・ヘップバーンと共演、自ら歌う場面もあり美声を披露、1960年の『のっぽ物語』ではジェーン・フォンダと共演している。歌手としては『月影の渚』というレコードを出している[2]

1960年アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』に主演のノーマン・ベイツ役で出演し強烈な印象を残した。翌1961年イングリッド・バーグマンイヴ・モンタン共演の映画『さよならをもう一度』で第14回カンヌ国際映画祭 男優賞を受賞した。その後1960年代後半から1970年代にかけてはハリウッドの体質を嫌い、フランス語が堪能なことからパリに在住しフランスなどのヨーロッパ映画に流れ、フイルムノワールを中心に主演。その間、日本ではフランツ・カフカ原作の1962年審判』、ソフィア・ローレン共演作で1964年の『真夜中へ5マイル』、ルネ・クレマン監督の1966年パリは燃えているか』、1968年『かわいい毒草』、1971年『扉の影に誰かいる』などが劇場公開され、その若々しさから30代後半でも学生役を演じることが多かった。1974年アガサ・クリスティー原作の『オリエント急行殺人事件』で久々の大作映画に復活。

1970年代にはCM、舞台出演や脚本の執筆、1980年代監督として新境地を開いた。だが、同性愛説や大麻不法所持などのスキャンダルでキャリアを妨げ、晩年も暗いニュースにつきまとわれる。主演作も80年代に復活したかつての出世作『サイコ』シリーズの続編や、これをなぞるようなホラーサスペンス映画が大半であり、個性を活かしきれなかった。それでも1987年のテレビドラマ『英雄物語/ナポレオンとジョセフィーヌ』ではタレーラン外相役で高い評価を得ていた。遺作に1992年西ドイツ合作の『わが目の悪魔』、テレビ映画『殺人愛好症(マニア)の男』がある。

1992年エイズによる合併症ため死去した[3]

多くの映画監督やメディアはパーキンスの死去を悼んだ。なかでも次回作で起用を決めていた監督の一人ダリオ・アルジェント1993年公開の『トラウマ/鮮血の叫び』におけるジャド医師役をパーキンスに想定していたといわれる。だが、実現しなかったため、フレデリック・フォレストが代わって演じた。 現在でも、ユニバーサル・スタジオ・フロリダのアトラクションの中でヒッチコック映画の世界を紹介、体感するコーナーがあり、メモリアル映像もかねて生前のパーキンスのオリジナルのアトラクション紹介映像を観賞することができる。

私生活[編集]

コロンビア大学在学中はヒッチハイクを交えながら、自転車でニューヨークから西海岸まで走破することに成功したチャレンジ精神の持ち主である。

1978年女優ベリー・ベレンソンと結婚し、二人の男児をもうけた。彼女は2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件世界貿易センタービルに最初に突入した飛行機(ボストン発ロサンゼルス行きアメリカン航空11便)に乗り合わせていて死亡した。

長男のオズは俳優、次男のエルヴィスはシンガーソングライターとして、それぞれ活動している。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1956 友情ある説得
Friendly Persuasion
ジョシュ・バードウェル
1957 栄光の旅路
Fear Strikes Out
ジム
ロンリー・マン
The Lonely Man
ライリー・ウェイド
胸に輝く星
The Tin Star
ベン・オーウェンス
1958 海の壁
This Angry Age
ジョセフ
楡の木蔭の欲望
Desire Under the Elms
イーベン
花嫁売り込み作戦
The Matchmaker
コーネリウス
1959 緑の館
Green Mansions
アベル
渚にて
On the Beach
ピーター・ホームズ
1960 サイコ
Psycho
ノーマン・ベイツ
1961 のっぽ物語
Tall Story
レイ・ブレント
さよならをもう一度
Goodbye Again
フィリップ カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞
1962 死んでもいい
Phaedra
アレクシス
真夜中へ5哩
Five Miles to Midnight
ロバート・マクリン
1963 審判
Le Procès
ジョセフ・K
俺は知らない
Le glaive et la balance
ジョニー・パーソンズ
1966 パリは燃えているか
Paris brûle-t-il?
ワレンGI
殺意
Le scandale
クリストファー
1968 かわいい毒草
Pretty Poison
デニス・ピット
1970 キャッチ22
Catch-22
A・T・タップマン
サイコXX
How Awful About Allan
アラン テレビ映画
1971 扉の影に誰かいる
Quelqu'un derriere la porte
ローレンス・ジェフリーズ
1972 ロイ・ビーン
The Life and Times of Judge Roy Bean
ラサール神父
1973 シーラ号の謎
The Last of Sheila
脚本のみ
1974 オリエント急行殺人事件
Murder on the Orient Express
ヘクター・マックイーン
1975 マホガニー物語
Mahogany
ショーン
1978 レ・ミゼラブル
Les miserables
ジャヴェール テレビ映画
1979 北海ハイジャック
North Sea Hijack Ffolkes
リュー・クレイマー
大統領の墜ちた日
Winter Kills
ジョン
トゥワイス・ア・ウーマン
Twee vrouwen
アルフレッド
ブラックホール
The Black Hole
アレックス・デュラン博士
1981 第3の標的
Double Negative
ローレンス・マイルズ
1982 幻想のドリアン・グレイ
The Sins of Dorian Gray
ヘンリー・ロード テレビ映画
1983 サイコ2
Psycho II
ノーマン・ベイツ
1984 グローリー・ボーイ
The Glory Boys
ジミー テレビシリーズ
1985 クライム・オブ・パッション
Crimes of Passion
ピーター
1986 サイコ3/怨霊の囁き
Psycho III
ノーマン・ベイツ 監督も
1987 英雄物語/ナポレオンとジョセフィーヌ
Napoleon and Josephine: A Love Story
タレーラン テレビ・ミニシリーズ
1988 殺人マシーン/デストロイヤー
Destroyer
ロバート・エドワーズ
彼女はマン・イーター/ブロンドにご用心
Lucky Stiff
監督のみ
1989 ジキルとハイド
Edge of Sanity
ジキル/ハイド
1990 サイキック・バンパイア
Daughter of Darkness
アントン テレビ映画
1990 ドレス
I'm Dangerous Tonight
ブキャナン教授 テレビ映画
ゴースト・ライター
Ghost Writer
アンソニー・スターク テレビ映画
サイコ4
Psycho IV: The Beginning
ノーマン・ベイツ テレビ映画
1992 わが目の悪魔
Der Mann nebenan
アーサー・ジョンソン
殺人愛好症(マニア)の男
In the Deep Woods
ポール・ミラー テレビ映画

参照[編集]

外部リンク[編集]