西尾市岩瀬文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2003年完成の新館
登録有形文化財の旧書庫
旧児童館であるおもちゃ館

西尾市岩瀬文庫(にしおしいわせぶんこ)は、愛知県西尾市にある市立の博物館である。

概要[編集]

当文庫は西尾出身の実業家岩瀬弥助の手によって、1908年明治41年)5月6日に私立図書館として開館した。1930年昭和5年)1月3日に、弥助が死去。以後しばらくの間、財団法人化され運営されていたが、1955年(昭和30年)に西尾市が蔵書を全て購入。建物や土地は「寄贈」と言う形式で移管され、以後西尾市の施設となった。2003年平成15年)4月2日には本館や収蔵庫の建物を新しくし、国内で初の"古書ミュージアム"としてリニューアル。2007年(平成19年)12月7日には、博物館法に基づく博物館として登録を受けた[1]

現在蔵書は、弥助によって集められた古書を中心として約8万冊ある。また新しい建物は、2003年に「第11回 愛知まちなみ建築賞」を受賞している。[2]

歴史[編集]

主な収蔵品[編集]

  • 後奈良天皇宸翰般若心経』 - 国の重要文化財
  • 『本草図説』 - 江戸時代の高木春山の自筆による彩色の博物図鑑195冊。
  • 『本草図譜』 - 江戸時代の岩崎潅園による彩色の植物図鑑の一部。
  • 柳原文庫本 - 京都の柳原伯爵家の旧蔵本1900点で、『枕草子』の写本などがある。
  • 寺津八幡書庫本 - 寺津八幡社神官で国学者だった渡辺政香が書写、収集した寺津八幡書庫の旧蔵本。
  • 羽田文庫本 - 渡辺政香と交友のあった豊橋の羽田八幡宮の神官・羽田野敬雄が創設した羽田文庫旧蔵書の一部。

その他[編集]

  • 2005年(平成17年)の愛・地球博では、瀬戸愛知県館に岩瀬文庫収蔵品である『本草図説』から、動植物の絵がパノラマ展示された。

所在地[編集]

愛知県西尾市亀沢町480 鶴城公園

交通手段[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]