ブリジット・ニールセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリジット・ニールセン
Brigitte Nielsen
Brigitte Nielsen
2010年撮影
本名 Gitte Nielsen
生年月日 1963年7月15日(51歳)
国籍 デンマークの旗 デンマーク
配偶者 Kasper Winding (1983–1984)
シルヴェスター・スタローン (1985–1987)
セバスティアン・コープランド (1990–1992)
ラゥール・メイヤー (1993–2005)
マッティア・デッシ (2006–present)

ブリジット・ニールセンBrigitte Nielsen1963年7月15日‐)は、デンマーク出身のモデル女優。本名Gitte Nielsen

長身で、均衡の取れた肉体、そして美貌を擁してハリウッド映画では戦うヒロインや強面な女傑などを演じた。

キャリア[編集]

10代の頃からカバーガールとして活躍。自慢の体型とルックスでトップモデルとして君臨した。1980年代にはグレッグ・ゴーマン[1]ヘルムート・ニュートンの被写体にもなった[2]。彼女に目を留めたのがディノ・デ・ラウレンティスであり、これまでの女優像にない個性を確信したラウレンスは女優への転向を彼女に勧める。20歳を過ぎて、オーディションを受けた彼女であったが、結果は満場一致の合格。こうしてヒロインに抜擢された作品こそ、アーノルド・シュワルツェネッガーが屈強の勇者コナンを演じたシリーズの姉妹篇『レッドソニア』であった。

当時、『ターミネーター』などでヒット作に恵まれつつあったシュワルツェネッガーに注目が集まり、ビデオタイトルも『シュワルツェネッガーのキング・オブ・アマゾネス』となっていたが、本来の主演はニールセンである。こうして、女優として新たな活路を見出す事になった彼女は、『レッドソニア』撮影終了後にニューヨークへ渡るが、その移動中に一緒になったのがシルヴェスター・スタローンであった。『レッドソニア』ではゴールデンラズベリー賞ワースト主演女優賞と新人賞を受賞。

スタローンとも親交を深めたニールセンは、彼の代表作とも言える『ロッキー』シリーズの4作目『ロッキー4/炎の友情』に出演。女優への転向は幸運な滑り出しとなり、更に翌年1985年、スタローンと結婚した[3]。1986年『コブラ』で夫婦共演。殺しの現場を目撃してしまったことで命を狙われることになり、凄腕刑事に守られるヒロイン役を演じていた。1987年には一転してスタイリッシュな雰囲気を生かして『ビバリーヒルズ・コップ2』ではエディ・マーフィー扮する主人公に最後まで立ちはだかる黒幕をパワフルに演じた。しかしスタローンとは1987年に離婚[4]。後に『ビバリーヒルズ・コップ2』の監督のトニー・スコットとの浮気を告白している[5][6][7]

1984年に最初の夫の間に長男が、1989年に当時のフィアンセとの間に次男が生まれている。

2004年にはリアリティ番組The MoleThe Surreal Lifeなどに出演。また2008年には『セレブリティ・リハブ』に出演するなど、リアリティ番組への出演が多くなっている。デンマークやドイツのリアリティ番組にも出演している。

2007年にはアルコール依存症のためにリハビリセンターに入所した[8][9]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1985 レッドソニア
Red Sonja
レッドソニア
ロッキー4/炎の友情
Rocky IV
ルドミラ・ドラゴ
1986 コブラ
Cobra
イングリッド
1987 ビバリーヒルズ・コップ2
Beverly Hills Cop II
カーラ・フライ
1988 バイ・バイ・ベイビー
Bye Bye Baby
リサ
1989 ブリジット・ニールセンのドミノという女
Domino
ドミノ
1989 サイキック・ハンター
Murder on the Moon
マギー テレビ映画
1992 デビルコール/魔界からの誘惑
976-Evil II
アグネス
アンダーカバー/炎の復讐
Mission of Justice
レイチェル・K・ラーキン
1993 ニールセンのチェーン・ヒート2
Chained Heat II
マグダ
1994 ザ・サイレンサー MAGNUM357
Codename: Silencer
シビル
1995 スタークリスタル
Galaxis
ラデラ
1996 スノーボード・アカデミー
Snowboard Academy
ミミ
2000 ネイビー・ストーム
Hostile Environment
ミンナ
ドゥームズデイヤー
Doomsdayer
エリザベス・ガスト

参照[編集]

  1. ^ Sunater//Dahir (2010年2月10日). “Brigitte Nielsen by Greg Gorman”. Danskmagazine.com. 2011年6月18日閲覧。
  2. ^ February 8th 2010, Posted By anders In Fashion Theory (2010年2月8日). “Brigitte Nielsen by Helmut Newton”. Danskmagazine.com. 2011年6月18日閲覧。
  3. ^ A Rocky Marriage”. Entertainment Weekly (1997年12月12日). 2011年12月24日閲覧。
  4. ^ Kaufman, Joanne (1988年4月4日). “Gitte Finds Her Mark”. People. 2013年8月23日閲覧。
  5. ^ Susan Zannos, Male Fitness Stars of TV and the Movies: Featuring Profiles of Sylvester Stallone, John Travolta, Bruce Willis, and Wesley Snipes, Mitchell Lane Publishers, 2000, page 27
  6. ^ “Stallone Seeks a Serious Turn for the Better - Page 3 - New York Times”. Nytimes.com. (1997年8月10日). http://www.nytimes.com/1997/08/10/movies/stallone-seeks-a-serious-turn-for-the-better.html?pagewanted=3 2011年10月26日閲覧。 
  7. ^ Stallone divorce stops Tabloid presses, Sarasota Herald Tribune – july 23, 1987
  8. ^ Sylvester Stallone | Nielsen In Rehab”. Contactmusic. 2011年10月26日閲覧。
  9. ^ “ブリジット・ニールセン、リハビリ施設に入院”. シネマトゥデイ. (2007年7月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0011052 2013年8月23日閲覧。 

外部リンク[編集]