ロッキー4/炎の友情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッキー4/炎の友情
Rocky IV
監督 シルヴェスター・スタローン
脚本 シルヴェスター・スタローン
製作 アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
出演者 シルヴェスター・スタローン
タリア・シャイア
バート・ヤング
カール・ウェザース
ドルフ・ラングレン
ブリジット・ニールセン
ジェームス・ブラウン
音楽 ヴィンス・ディコーラ
撮影 ビル・バトラー
編集 ジョン・W・ホイーラー
ドン・ジマーマン
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー/UA=UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年11月27日
日本の旗 1986年6月7日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3400万$
興行収入 $300,473,716
29.8億円 日本の旗
前作 ロッキー3
次作 ロッキー5/最後のドラマ
テンプレートを表示

ロッキー4/炎の友情』(ロッキーフォー/ほのおのゆうじょう、Rocky IV)は、1985年アメリカ映画

概要[編集]

ロッキー3』(1982年)の続編として製作された、『ロッキー』シリーズ第4作。当時の東西冷戦と、ゴルバチョフ登場によるソ連との雪解けムードをストーリーに織り込んだ、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。

興行的にはシリーズ最高のヒットを記録したが、本作自体や監督・主演を務めたシルヴェスター・スタローン、助演のブリジット・ニールセンらは、『ランボー/怒りの脱出』と『レッドソニア』も併せて第6回ゴールデンラズベリー賞10部門中8部門にノミネートされ、5部門を受賞するという不名誉な記録を残している。

ストーリー[編集]

クラバー・ラングを倒し再びチャンピオンへと返り咲いたロッキーは、国民的ヒーローとして、家族や友人に囲まれながら幸せな生活を送っていた。そんなある日、ソビエト連邦のアマチュアボクシングヘビー級王者イワン・ドラゴが訪米。ソ連のプロボクシング協会加入を発表し、世界ヘビー級王者であるロッキーとの対戦希望を表明した。それを聞いたアポロはロッキーに「引退して時間が経っても、戦士としての自分は変えられない」と語り、ロッキーに代わってドラゴとの対戦を受けると申し出た。

ラスベガスで開催されたアポロ対ドラゴのエキシビションマッチ。ロッキーをセコンドにつけ、華やかな演出で陽気に試合を飾るアポロに対し、ドラゴは会場のブーイングにも臆することなく、無表情で傲然と佇んでいた。試合が始まると、当初はアポロが往年のテクニックでドラゴを翻弄し余裕を見せつけていたが、ドラゴが反撃に転じると、アポロはその強烈なパンチになす術もなく打ちのめされてゆく。ロッキーはそれでも諦めずに立ち向かっていくアポロを止めることができず、そしてドラゴの強打を浴び続けた末に、アポロはリングの上で帰らぬ人となった。

「この悲しみを堪えることはできない」「ファイターとして生まれた自分は変えられない」ファイトマネーはゼロ、未認可の非公式戦、敵地・ソ連での開催という悪条件をすべて飲み、ロッキーはドラゴとの対戦を受け入れた。試合に先立ち、ロッキーはアポロのトレーナーだったデューク、義理の兄ポーリーらとソ連へ渡る。一面の銀世界に囲まれた雄大な大自然の中で、環境を生かした過酷なトレーニングを行うロッキー。それに対してドラゴは、政府の科学者チームに囲まれ、最新鋭技術に基づくトレーニングで自らの肉体を更に屈強なものにしていった。

試合当日、ソ連国民が埋め尽くすモスクワの試合会場の貴賓席には、ソ連政府首脳陣の姿が並んでいた。ロッキーに対する猛烈なブーイングの中、試合開始のゴングが鳴る。圧倒的な体格差から繰り出されるパンチを防ぎきれず、何度となくマットに倒されるロッキー。しかしドラゴは「奴は人間じゃない、まるで鉄だ」とその強さと不屈の闘志を畏怖していた。やがて試合が乱戦になり打ち合いが始まると、ロッキーはさらにダウンの回数を重ねてゆく。それでも諦めずにドラゴに立ち向かっていくうち、会場に変化が現れた。最初はロッキーに対して敵意を抱いていた観衆が、その勇敢な戦いに熱狂し、やがてロッキーコールまで始めたのである。

14ラウンド終了後、ロッキーを応援する観客に業を煮やした政府首脳が、ドラゴに対して無神経に発破を掛け捲る。ドラゴは首脳を掴みあげ、「俺は勝つため、自分のために戦う」と、鉄仮面のように無表情だったかつてとは別人のような、激情をあらわにした傷だらけの顔で最終15ラウンドのリングに向かっていった。そして互いに疲労の極致に達し、技も作戦もなくなった壮絶な殴り合いの末、ドラゴはついに10カウントのゴングに沈んでいった。

試合後、ロッキーはリングの上でヒーローインタビューを受ける。「最初は観客の自分に対する敵意に戸惑い、自分も観客を憎んだ。しかし戦いの末に互いに気持ちが変わっていった。つまり俺たちは誰でも変われるはずなんだ」ロッキーはこの夜の奇跡を、当時冷戦状態で緊迫していた東西関係に照らし合わせたのだ。歓声は頂点に達し、会場を万雷の拍手が包んだ。政府首脳陣もロッキーの言葉をスタンディングオベーションで称えていた。そして最後に、ロッキーはアメリカの自宅で寝ている(実はテレビ観戦している)息子に向けてメッセージを送る。「メリークリスマス!愛してるぞ!」 興奮の渦に包まれた観客達の歓声に応えるロッキーであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS テレビ朝日
ロッキー・バルボア シルヴェスター・スタローン 羽佐間道夫 ささきいさお
エイドリアン タリア・シャイア 松金よね子 塩田朋子
ポーリー バート・ヤング 富田耕生
アポロ・クリード カール・ウェザース 内海賢二
イワン・ドラゴ ドルフ・ラングレン 若本規夫 大塚明夫
ルドミラ・ドラゴ ブリジット・ニールセン 高島雅羅 小山茉美
デューク トニー・バートン 緒方賢一 池田勝
ロッキー・ジュニア ロッキー・クラコフ 坂本千夏
ニコライ・コロフ マイケル・パタキ 大木民夫
ジェームス・ブラウン
その他の声の出演:村松康雄嶋俊介糸博飯塚昭三筈見純横尾まり大山高男作間功峰恵研片岡富枝小室正幸古田信幸亀井芳子
演出:伊達康将、翻訳:岩佐幸子、調整:荒井孝、効果:リレーション、制作:東北新社

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

作品解説[編集]

配役[編集]

ドラゴを演じたドルフ・ラングレンは、この作品で大きな注目を集め、その後アクション俳優として飛躍することとなったが、当初「背は高いが体の線が細すぎる」として選考から外れていた。しかし本人の熱心な売り込みと、フルコンタクト空手で鍛えた独特の軌道のパンチがスタローンの目に留まり、スタローンと共にウエイトトレーニングに励んだ結果、ほぼ筋肉のみで25ポンドの増量に成功。これによりドラゴ役への抜擢が決まった。スタローンとはその後、2010年の映画『エクスペンダブルズ』で再共演している。

音楽[編集]

サバイバージェームス・ブラウンら人気アーティストが参加したサウンドトラックはヒットを記録し、本作で用いられた挿入歌は2014年現在でも様々なスポーツ選手が入場テーマ曲などに使用している。

世評・トリビアなど[編集]

過去作と比べてストーリー性を減らし、上映時間を短くするなど単純なエンターテインメントに特化した作風となった。ストーリー展開の凡庸さや、ミュージック・ビデオを彷彿とさせる演出が延々と続く点などが酷評された。

劇場公開当時、スタローン自身の手によるノベライズが出版されている(日本では二見書房から映画と同タイトルで刊行)。 物語のアウトラインは映画とほぼ同じだが、映画ではほぼ描かれていないイワン・ドラゴのバックボーンや内面等が描かれており、 脚本執筆時のスタローンの構想が伺える内容となっている。

当時のロナルド・レーガン大統領は、スタローンをホワイトハウスに招いて本作を観賞しその内容を絶賛した一方、ソ連のメディアは「あからさまな反ソ、反共宣伝映画」としてスタローンを非難するなど、本作は政治的にも大きな話題となった。

モスクワの試合会場で流れたソ連国歌の歌詞は、ヨシフ・スターリン政権時代のもの。

本作で共演したスタローンとブリジット・ニールセンは、この後私生活で親しくなり翌1986年に結婚したが、1987年に離婚した。

日本では、1994年のプロ野球で、読売ジャイアンツ川相昌弘が、息子に向けてメッセージを送るロッキーの姿をビデオでみて感動し、10月1日の試合でヒーローインタビューを受けた際に、アナウンサーのマイクを奪って「パパがんばったよ」と絶叫するパフォーマンスを演じたということがある[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 川相昌弘 『明日への送りバント』 ロングセラーズ、2005年3月。ISBN 978-4-8454-2067-4 p.113 - 117。

外部リンク[編集]