ゴング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴング
各言語での名称
Gong
ゴング
インドネシアのガムランで用いられるゴングのセット
分類

体鳴楽器

ゴング(欣求、gong)は、体鳴楽器に分類される打楽器の一つ。音程のある銅鑼

タムタムとの違い[編集]

タムタムとの大きな違いは、音程があるという点であり、これは、中央にある丸みをおびた凸部による。ただし、金属製で鉢状の物もここに分類されるため、全てに当てはまるというわけではない。

作曲者によってはタムタムと混同している場合がある。区別する方法として、具体的な音程の指定がなく、1つの楽器しか使用していない場合には、ゴングではなくタムタムを使用すると考えてよい。

マーラー交響曲第2番において、高い音と低い音の指定があるタムタムが出てくるが、具体的な音程の指定がないので、この場合は、サイズの違うタムタムを使用する。

ゴングの発祥地は東南アジアといわれている。ここでも中国が由来のタムタムとは異なる。

種類[編集]

奏法[編集]

通常は中心の突起の部分を撥で叩く。これにより、明瞭な音程を持った音響を得ることが出来る。

中心より離れた平面を叩いても音は鳴るが、はっきりした音色は得られない。これは通常の奏法ではない。

撥は通常の打楽器用のマレットの他、大きめのゴングには専用の太い撥を用いる。

使用楽曲[編集]

格闘技[編集]

ボクシングプロレス等、格闘技系の試合の際に各ラウンドや試合の開始・終了などを知らせるために用いられる。また、引退試合、物故者に対する追悼式では「テンカウントゴング」としてクライマックスに10回鳴らす。

使用されるゴングは直径30cm前後の深皿を伏せた形状が使用され、木槌で叩いて使用する。

ヨーロッパではゴングではなく鐘を使用する場合もある。

また、資金が限られている零細インディー団体では日用品を改良してゴング代わりに使用する場合もある。

参考文献[編集]

  • 網代啓介、岡田知之著 『新版 打楽器事典』 音楽之友社、1994年