鈴 (仏具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
(上から)
鈴棒
鈴(りん)
鈴ふとん
鈴台(丸型)
鈴棒台(手前横向き)
磬子

(りん、れい)とは、仏具の1つである。

りん[編集]

」(りん)とは、仏具の1つ。「お鈴」(おりん」ということもある[1]。「」とも書く。「鈴台」などとともに用いる。

りんの概要[編集]

用法
縁を棒で打ち鳴らして用いる。
「鈴台」と呼ばれる台の上に、「鈴布団」と呼ばれる中敷を置き、その上に「鈴」を乗せて用いる。
勤行の際に、経典などの読誦の開始・区切り・終了の合図として打つ。また、合掌を解く合図としても打つ。
鈴を打つ際に用いる棒を、「鈴棒」(りんぼう)、「撥」(ばち)、「棓」(ばい)と呼ぶ。
形状・大きさ
形状は、状、もしくは状。
大きさは、仏壇では直径が二三分(7cm)から五寸(15cm)程度の小型の物が用いられる。
直径が六寸(18cm)以上の大型の物は、寺院用仏具として扱われる。寺院用の物は、「鈴」(りん)とは呼ばずに、「磬子」(『きんす』もしくは『けいす』)・「」・「鏧」などと呼称する。縁が厚くなり、色も黒くを焼付けたものが多い。

その他[編集]

印金
小型の「鈴」に布団と柄を付けて携帯できるようにしたもの。
高台りん
金属製の足と一体になった物は、「高台りん」と呼ばれる。

鈴台[編集]

鈴台」(りんだい)とは、「鈴」を置くための仏具のこと。

形状
一般に丸型、六角型の物が多い。

真宗大谷派用の鈴台とその作法について[編集]

真宗大谷派で用いられる「鈴台」
真宗大谷派では、四方体の形状をした専用の「鈴台」を用いるのが正式である[2]
鈴台側面の透かしの形状により、「後平型」・「八猪目型」・「壺繰型」がある。
真宗大谷派においては、鈴台を畳の上に直に置いて用いるのが正式な作法である。小型の鈴台の場合は、畳の上におくと打ちにくいため、経卓(きょうじょく)などの上において用いることも許容されている。
大谷派専用の鈴台を用いる際は、「雲輪」(くもわ)を用いる。小型の鈴台の場合は、「雲輪」の略式として「金襴輪」(きんらんわ)を用いる場合もある。「鈴ふとん」は用いない。
真宗大谷派における「鈴」の作法
「撥」(鈴棒)は「鈴」の中に納める[3]。「リン棒台」は用いない。
勤行中に「撥」を置く位置は、「鈴台」の上の「雲輪」(「金襴輪」)の右側に置くのが作法である。

れい[編集]

三鈷鈴

(れい)とは、密教では、小型のに似た手持ちの仏具である。金剛鈴(こんごうれい)、宝珠鈴(ほうじゅれい)などが知られる。

金剛鈴の種類[編集]

独鈷鈴(どっこれい)
古くは武器の一種であった独鈷杵(どっこしょ)の片側に鈴がついたもの。
三鈷鈴(さんこれい)
三鈷杵(さんこしょ)の片側に鈴がついたもの。
五鈷鈴(ごこれい)
五鈷杵(ごこしょ)の片側に鈴がついたもの。
塔珠鈴(とうしゅれい)
塔珠杵(とうしゅしょ)の片側に鈴がついたもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「銅器の街」高岡市 では高岡駅などでは「お鈴」を使った独自の発車メロディが流れる。
  2. ^ http://www.kyobutugu.co.jp/siryokan/rindai.html
  3. ^ http://www.kyobutugu.co.jp/siryokan/rin.html

参考文献[編集]

  • 菊池祐恭 監修 『お内仏のお給仕と心得』 真宗大谷派宗務所出版部、1981年改訂。ISBN 4-8341-0067-7
  • 真宗大谷派教師養成のための教科書 編 『真宗の儀式-声明作法』 真宗大谷派宗務所出版部、1998年ISBN 4-8341-0259-9

関連項目[編集]

  • - 神具・楽器の「鈴」(すず)

外部リンク[編集]