ロッキー5/最後のドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッキー5/最後のドラマ
Rocky V
監督 ジョン・G・アヴィルドセン
脚本 シルヴェスター・スタローン
製作 アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
製作総指揮 マイケル・S・グリック
出演者 シルヴェスター・スタローン
タリア・シャイア
バート・ヤング
トミー・モリソン
セイジ・スタローン
バージェス・メレディス
音楽 ビル・コンティ
撮影 スティーヴン・ポスター
編集 ジョン・G・アヴィルドセン
マイケル・N・クヌー
ロバート・A・フェレッティ
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 UA/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年11月16日
日本の旗 1990年12月7日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $119,946,358[1]
前作 ロッキー4/炎の友情
次作 ロッキー・ザ・ファイナル
テンプレートを表示

ロッキー5/最後のドラマ』(ロッキーファイブ/さいごのドラマ、Rocky V)は、1990年アメリカ映画

概要[編集]

ロッキー』シリーズの5作目であり、『ロッキー4/炎の友情』(1985年)の続編。

シリーズ1作目で監督を務め各方面で絶賛されたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招聘し『ロッキー』シリーズに終止符を打つ作品として製作された。しかし結果としてはシリーズ最低の興行成績で作品の内容的にも酷評された。

本作でストーリーは一応完結する形をとっており、前述の理由も重なり『ロッキー』シリーズは完結したと認識されていたが、2006年にスタローン自らの脚本・監督で続編(パンチドランカーではない等、設定が本作とは一部変更されているため、実際には続編ではなく「リブート」)『ロッキー・ザ・ファイナル(原題:Rocky Balboa)』が制作され、同年12月20日より全米で公開された[2]

ストーリー[編集]

ソ連の強豪ボクサー・ドラゴを破ってアメリカに帰国したロッキー・バルボアは、その後会計士の不正により破産。その上、度重なる激闘によりに回復不能となるほどのダメージが蓄積しており、妻・エイドリアンの説得もあって遂に引退を決意する。フィラデルフィアに帰郷したロッキーは、今は亡きかつてのトレーナー・ミッキーのジムで白人新鋭ボクサーのトミー・ガンを育て、トレーナーとして第二の人生を歩み始めていた。一方、思春期にさしかかった息子のロッキーJr.は、トミーの育成に夢中になっていく父に対し、自分から離れていく違和感を抱き始め心に影を落とし、父に反抗し始める。そうした状況に突如現れた派手な黒人プロモーター、ジョージ・ワシントン・デュークは黒人ボクサーのユニオン・ケインとの対戦のためにロッキーに現役復帰を打診するが、ロッキーは反対する家族の想いを優先させる。するとデュークの食指はロッキーの愛弟子として快進撃を続けるトミーに向けられる。そして甘い誘惑によりトミーをロッキーのもとから引き抜く。喪失感の中、本当に大事なものに気づいたロッキーは、やがてJr.との仲を修復していく。

金と名誉を欲するトミーは、かつてロッキーと共に夢と希望を抱いてトレーニングを積み重ねた心を失っていた。そして、トミー対ケインのタイトルマッチが行われるが、トミーが恩人ロッキーを捨てたことを知っている観衆は不満を抱き、ブーイングやヤジを飛ばすばかりであった。ケインを呆気なく撃破したトミーは新チャンピオンになるが、観客からは受け入れられなかった。

試合後、トミーはデュークと共にマスコミの前で新チャンピオンを名乗り出るが、「ケインはニセのチャンピオンだ」、「あの試合は八百長だ」と批難される。そのため別人のように変わってしまったトミーは、デュークの提案でロッキーとの師弟対決を望む。酒場でロッキーの前に現れたトミーは侮辱の言葉を浴びせながら試合を要求する。それを耳にした義兄・ポーリーは、トミーに舌戦で応戦するも、殴り倒されてしまう。この暴挙でロッキーは遂にトミーに怒りをぶつける。その戦いは周囲の人々とテレビカメラが見守る中ストリートファイトへと発展した。ロッキーは闘いのさ中、大発作に見舞われ意識を失いかけるも、幻覚の中に垣間見た、檄を飛ばすミッキーの姿とその言葉に再び奮起し見事勝利。真の英雄の意地と力を見せつけたのだった。

息子に手を引かれ、現役時代にトレーニングを積んだフィラデルフィア美術館の正面階段を息も絶え絶えに駆け上がるロッキーに、もはやかつての足取りは無い。だが、そこにはボクサー人生を全うした男の爽やかな笑顔があった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ VHS版
ロッキー・バルボア シルヴェスター・スタローン 羽佐間道夫 ささきいさお
エイドリアン タリア・シャイア 松金よね子
ポーリー バート・ヤング 富田耕生
トミー・マシン・ガン[3] トミー・モリソン 古田信幸 菅生隆之
ロッキー・ジュニア セイジ・スタローン 亀井芳子 合野琢真
ミッキー・ゴールドミル バージェス・メレディス 千葉耕市 田村錦人
デューク[4] トニー・バートン 緒方賢一 田原アルノ
ジョージ・ワシントン・デューク リチャード・ガント 池田勝 坂口芳貞
マーリン マイク・ジラード・シーハン 稲葉実 吉水慶
ユニオン・ケイン マイケル・ウィリアムズ 中田和宏 沢木郁也
カレン デリア・シェパード 雨蘭咲木子 深見梨加
カーマイン神父 ポール・J・マイケル 緒方賢一 藤本譲

スタッフ[編集]

製作[編集]

配役[編集]

新鋭ボクサー役で出演したトミー・モリソンは、WBOIBCのプロボクシング世界ヘビー級チャンピオンであり、当時黒人が活躍の中心であるボクシング界において「ホワイト・ホープ:白人の希望」として注目された。

ロッキー・ジュニア役で出演したセイジ・スタローンは、シルヴェスター・スタローンの実子である。

キャラクター[編集]

悪徳黒人プロモーターとして登場するジョージ・ワシントン・デュークは、モハメド・アリマイク・タイソンなどの試合をプロモートし、世界規模で著名なプロモーターのドン・キングがモデルであると言われている。キングはシリーズ3作目まで登場していたミッキーのモデルとも言われる名伯楽カス・ダマトが激しく嫌っていたことでも有名である。

評価[編集]

前作『ロッキー4/炎の友情』に続き、第11回ゴールデンラズベリー賞10部門中の7部門(最低作品賞、最低監督賞、最低主演男優賞、最低主演女優賞、最低助演男優賞、最低脚本賞、最低主題歌賞)にノミネートされるという有難くない結果を残した。今回はノミネートのみで受賞は免れたが、演技が酷評されていたスタローン以外に1作目では絶賛されたアヴィルドセン監督、タリア・シャイア、バート・ヤングもノミネートされ有終の美を飾るというわけにはいかなかった。スタローン自身は前年に「この10年最低主演男優賞」を受賞し、ラジー賞からはすでに「歴史に残る最低男優」のレッテルを貼られている。

脚注[編集]

  1. ^ Rocky V”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月17日閲覧。
  2. ^ 完結編ではなくなったため、2014年現在、DVD、Blu-Rayなど映像ソフトでは公開時の邦題として付けられたサブタイトル『 - 最後のドラマ - 』は削除されている。
  3. ^ 普段はトミー・ガンと呼称されているが、リングではトミー・“ザ”マシン・ガン。
  4. ^ 但し、2作品(原語版のみ)と本作だけ劇中ではトニーと呼称されている。

外部リンク[編集]