風姿花伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

風姿花伝 (ふうしかでん、風姿華傳) は、世阿弥が記したの理論書。世阿弥の残した21種の伝書のうち最初の作品。亡父観阿弥の教えを基に、能の修行法・心得・演技論・演出論・歴史・能の美学など世阿弥自身が会得した芸道の視点からの解釈を加えた著述になっている。

成立は15世紀の初め頃。全七編あり、最初の三つが応永7年(1400年)に、残りがその後20年くらいかけて執筆・改訂されたと考えられている。「幽玄」「物真似」「花」といった芸の神髄を語る表現はここにその典拠がある。最古の能楽論の書であり、日本最古の演劇論とも言える。

多くの人に読まれ始めたのは20世紀に入った明治42年(1909年)に吉田東伍が学会に発表してからで、それまでは一族の「秘伝書」として、その存在すらほとんど知られていなかった。『花伝書』の通称が用いられていた頃もあったが、後の研究の結果現在では誤称とされる。

能の芸道論としても読める一方、日本の美学の古典ともいう。KadenshoFlowering Spirit などの題名で何度か外国語訳もされ、日本国外でも評価されている。

主な校注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]